第502回:「マツダCX-3」のカラーデザイナーを直撃
“CMFデザイン”で、より感性に響くインテリアに

2018.05.19 エディターから一言
「マツダCX-3」のカラー&トリムデザインを担当した、寺島佑紀さん(左)と李 欣瞳さん(右)。
「マツダCX-3」のカラー&トリムデザインを担当した、寺島佑紀さん(左)と李 欣瞳さん(右)。拡大

2018年5月に4度目の商品改良を受けたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」は、走行性能のみならず、“気品ある美しさと先鋭さ”をテーマにデザイン面でも多く手が加えられている。改良モデルのカラー&トリムデザインを担当した2人の女性デザイナーに話を聞いた。

2018年5月に大幅改良がなされたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。写真はディーゼルモデル「XD」の中でも、寺島さんがインテリアデザインに携わった上級グレードの「Lパッケージ」。
2018年5月に大幅改良がなされたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。写真はディーゼルモデル「XD」の中でも、寺島さんがインテリアデザインに携わった上級グレードの「Lパッケージ」。拡大
従来モデルからデザインが変更されたインストゥルメントパネル。「Lパッケージ」ではここにスエード調の表皮が用いられている。
従来モデルからデザインが変更されたインストゥルメントパネル。「Lパッケージ」ではここにスエード調の表皮が用いられている。拡大
新たに採用されたフルレザーのシート。単に全体をレザーで覆ったというだけでなく、パイピングや縫製(ほうせい)にも工夫が凝らされている。
新たに採用されたフルレザーのシート。単に全体をレザーで覆ったというだけでなく、パイピングや縫製(ほうせい)にも工夫が凝らされている。拡大
デザイン本部
プロダクションデザインスタジオ
カラー&トリムデザイングループ
デザイナー
寺島佑紀(てらしま ゆき)さん
デザイン本部
	プロダクションデザインスタジオ
	カラー&トリムデザイングループ
	デザイナー
	寺島佑紀(てらしま ゆき)さん拡大

意識したのは“引き算の美学”

現在、マツダのデザイン部門は先行デザインを開発するアドバンスデザインスタジオと、量産デザインを開発するプロダクションデザインスタジオの大きく2つに分かれているという。そして、プロダクションデザインスタジオの中に、エクステリアデザイン、インテリアデザイン、カラー&トリムデザインの3つのグループがある。

今回の商品改良では、カラー&トリムデザイングループによって、インストゥルメントパネルやシート、ドアトリムの素材、カラーコーディネーションが見直されたことで、より質感が高められている。カタログモデルのレザー仕様「Lパッケージ」を担当したのが寺島佑紀さん、ナッパレザーシートを採用した特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブ モッズ)」を担当したのが李 欣瞳さんだ。

――ではまず、寺島さんが担当したLパッケージはどういった改良がされたのですか?

寺島さん(以下敬称略) 従来モデルの内装デザインは、白黒赤の3色のレザーを配置することで、若さをアピールしていました。新型では日本の“引き算の美学”を取り入れて、素材と色をかためて同じ場所に配置することで、整理された空間をつくっていこうと考えました。

――たしかに、色数が整理されて落ち着いた雰囲気になりましたね。

寺島 キーになったのは、グレーのスエード調素材です。人を包み込むように、インパネのミドル部分にインサートとして配しています。シートは、従来型ではシートバックと座面の一部に黒を用いていましたが、新型は白のフルレザーにしました。それからCX-3らしいアクセントを入れるために、シートにはインパネと同調するグレーのパイピングを入れているのですが、通常は飛び出しているパイピングを奥に入れて、アクセントラインのようにしています。またシートバックのセンターでは、ぷりっとしたかわいらしい表情がでるように、縫製(ほうせい)でプリーツを入れました。

――サイドブレーキレバーがなくなって、アームレストが付いたのも効果的ですね。

マツダ CX-3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る