第92回:“クルマらしくない”のが奥深い

2018.05.29 カーマニア人間国宝への道

デザインは自動車会社を映す鏡

前回まで続いた中村史郎氏インタビューは、私に猛烈に多くのことを教えてくれた。我々カーマニアは、クルマをカスタマーサイドからしか見ていないが、作り手はどうやってクルマを世に送り出しているのかを、最も不確定要素の大きいデザイン分野から、見せてくれた。

たとえば、史郎さんのこういう言葉があった。

「技術は積み重ねだから、前より悪くなることはまずないですけど、デザインは前より悪くなることがいっぱいあります。デザインは必ずしも積み重ねではないですから」

言われてみればその通りだと理解できるが、カスタマーは王様だから、「なんで前よりカッコ悪くするんだよ!」としか思わない。しかし、自分が作り手側にいると仮定すれば、デザインは最大の不確定要素であることにすぐに気づかされる。

確かにデザインは悪くなることが間々ある。ブランド全体がデザイン的に低迷したり、逆に快進撃を続けたりする。

「デザインは、自動車会社を映す鏡なんですよ。会社の健康状態がすべて出てしまう。会社がダメな時はデザインもダメです」(中村史郎氏)

これまた、言われてみればなるほどだ。技術は積み重ねだから、会社組織が健全ではなくても、退歩することはない。しかしデザインは水もの。元気であるかそうでないかは、そこに端的に表れるのだ!

今回は、3時間半にわたって行われたインタビューのまとめとして、中村史郎氏の言葉を振り返りながら、日本的自動車デザインについて考える。
今回は、3時間半にわたって行われたインタビューのまとめとして、中村史郎氏の言葉を振り返りながら、日本的自動車デザインについて考える。拡大
インタビューでは中村氏の本音発言が数多く飛び出した。
インタビューでは中村氏の本音発言が数多く飛び出した。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産キューブキュービック 15M(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2005.7.20 試乗記 ……204万8650円
    総合評価……★★★★

    大ヒットコンパクト「日産キューブ」シリーズ。3列シート版「キュービック」や1.5リッターモデルとバリエーションも増えた。街でよくみる“売れ筋モデル”キュービックの1.5リッターモデルに乗った。


  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
ホームへ戻る