第520回:商用車もブランドで選ばれる時代に
“VWグループ”としての次世代デザイン戦略

2018.08.18 エディターから一言

ポルシェのチーフが全13ブランドのデザインを統括

2016年のジュネーブショーで、フォルクスワーゲン(VW)グループはドイツ、中国、米国の3カ所に「VWグループフューチャーセンター」を開設すると発表した。ここには、未来のクルマを開発するため、ブランドの垣根を越えてデザイナーおよびデジタル化のエキスパートたちが集結し、“VWグループ”としてチームを編成する。

現在、VWグループは「フォルクスワーゲン」を筆頭に、「アウディ」「セアト」「シュコダ」「ポルシェ」「ランボルギーニ」「ベントレー」「ブガッティ」、二輪の「ドゥカティ」、商用車の「VWコマーシャル ビークル」「スカニア」「MAN」、さらに新しく加わったソーシャルモビリティーの「MOIA」の全13ブランドからなる。

そして2018年6月、VWグループによって「Shaping the future(シェイピング・ザ・フューチャー)」と名付けられたイベントが実施され、ドイツ・ポツダムにあるフューチャーセンターが公開された。グループのデザインを統括するのは、ポルシェのチーフデザイナーも兼務するミハエル・マウアー氏。フューチャーセンター、そしてこれからのデザインの役割について話を聞いた。

――13ものブランドを持つVWグループのデザインを統括する、というのはあまりにも壮大な役割に思えますが、具体的にどのような仕事なのでしょうか?

ミハエル・マウアー氏(以下マウアー):確かに大きな役割ですね(笑)。個別のブランドがどうすべきかを見るのではなく、デザインの方向性がおのおののブランドのポジションに合致しているのか、コンツェルン(VWグループ)としてコンサルティングを行うような役目になります。もう1つが、ブランド間におけるコンポーネントや技術の共通化を増やしつつも、いかにブランドごとの独自性を保っていくか、それを戦略的に見ていくということです。

ドイツ・ポツダムにある「フォルクスワーゲン グループフューチャーセンター」。
ドイツ・ポツダムにある「フォルクスワーゲン グループフューチャーセンター」。拡大
「Shaping the future(シェイピング・ザ・フューチャー)」と名付けられたイベントには、全13ブランドのチーフデザイナーが集結。そのトップが2004年からポルシェのチーフを務めるミハエル・マウアー氏だ。
「Shaping the future(シェイピング・ザ・フューチャー)」と名付けられたイベントには、全13ブランドのチーフデザイナーが集結。そのトップが2004年からポルシェのチーフを務めるミハエル・マウアー氏だ。拡大
<ミハエル・マウアーさんプロフィール>
1986年、メルセデス・ベンツでデザイナーとしてのキャリアをスタート。2000年までに、「Aクラス」「SLK」「SL」などのデザインを担当。サーブやGMを経て、2004年にポルシェのデザインヘッドに就任。2015年より、フォルクスワーゲングループのデザイン統括責任者も兼務する。
<ミハエル・マウアーさんプロフィール>
	1986年、メルセデス・ベンツでデザイナーとしてのキャリアをスタート。2000年までに、「Aクラス」「SLK」「SL」などのデザインを担当。サーブやGMを経て、2004年にポルシェのデザインヘッドに就任。2015年より、フォルクスワーゲングループのデザイン統括責任者も兼務する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事