祝・デビュー60周年!
ホンダの名機「スーパーカブ」に思うこと

2018.08.24 デイリーコラム

はじめから型破り

エンジンオイルの代わりに食用油を入れられたかと思えば、ピザだのスイカだの総重量200kgにもおよぶ荷物を背負わされ、その挙げ句にビルの4階から放り投げられる。そんな悪逆非道の限りを尽くされても動き続けたバイクがホンダの「スーパーカブ」だ。

これはアメリカのテレビ番組で実際に行われた内容で、世界最強のバイクを決定する企画の一環だった。結果、スーパーカブは世界の名だたるモデルを抑えてブッチギリで1位を獲得。元GPチャンピオン、ケニー・ロバーツ・シニアは「防弾バイクと呼ぼう」と賛辞を送り、バイク研究家のポール・ガーソンは「まるでダーティハリーのようなタフさだ」と感嘆した。

番組が放送されたのは1970年代ではなくて2005年のことなので、ハリー・キャラハンよりもジョン・マクレーンかイーサン・ハントに例えた方が伝わりやすかったような気がするものの、それはさておき。ともかく、この時スーパーカブの名声があらためて高まったのである。

1958年8月に登場した“初代”こと「スーパーカブC100」は、低床のバックボーンフレームと50ccの空冷4ストロークのOHV単気筒が組み合わせられ、それ自体が他メーカーのバイクとはまるで違っていた。

というのも、当時のエンジンは構造が簡単な2ストロークが主流で、特にコスト重視の小排気量モデルはそれが当たり前だった。ところがホンダの創業者たる本田宗一郎はそれをよしとせず、「広く親しまれるべき庶民のバイクだからこそクリーンで静かで低燃費でメンテナンス性に優れる4ストロークであるべき」とこだわり、それを見事に実用化したのである。

そしてもうひとつ。「出前のお兄ちゃんが片手で乗れるように」と、クラッチ操作の必要がない自動遠心クラッチを完成させたことも手伝って爆発的な売り上げを記録したのだ。

「ホンダ・スーパーカブ50」。現行モデルは2017年10月にデビューしたもので、より排気量の大きな「スーパーカブ110」もラインナップされている。
「ホンダ・スーパーカブ50」。現行モデルは2017年10月にデビューしたもので、より排気量の大きな「スーパーカブ110」もラインナップされている。拡大
「スーパーカブ」の始祖にあたる「C100」。1958年8月に誕生した。
「スーパーカブ」の始祖にあたる「C100」。1958年8月に誕生した。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • 進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか? 2021.4.9 デイリーコラム 主力車種「モデル3」を大幅値下げを断行し、3年以内には価格2万5000ドルほどのEVも新規投入するというテスラ。そうした攻めの戦略は、ユーザーのEV意識や自動車業界の勢力図を大きく変えるのか? 識者はこう考える。
  • 「ホンダX-ADV」がフルモデルチェンジ オフロードテイストあふれる大型二輪が新型に 2021.3.8 自動車ニュース ホンダの大型二輪モデル「X-ADV」がフルモデルチェンジ。オフロード感あふれるスタイリングや積載性の高さなどを特徴とするクロスオーバーモデルで、新型ではスロットルバイワイヤ、Bluetooth通信機能などの採用を通し、動力性能と利便性を向上させている。
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る