祝! デビュー50周年
「いすゞ117クーペ」誕生の経緯を振り返る

2018.10.05 デイリーコラム
大磯ロングビーチ駐車場に集まった「いすゞ117クーペ」。北海道や九州からの参加者もいた。
大磯ロングビーチ駐車場に集まった「いすゞ117クーペ」。北海道や九州からの参加者もいた。拡大

2018年9月24日、神奈川県大磯町の大磯ロングビーチで、いすゞ117クーペオーナーズクラブ主催の「いすゞ117クーペ生誕50周年記念ミーティング」が開かれた。当日はクラブ員とビジターを合わせて、全国から95台の「117クーペ」が集結、会場では開発に携わったいすゞOBによる講演会も行われた。これを機に、「走る芸術品」とも呼ばれた117クーペ誕生の経緯を振り返る。

俗に“ハンドメイド”と呼ばれる初期モデル。1968年12月の発売から1973年3月のマイナーチェンジまでのモデルを指すが、その中にも4世代が存在するという。
俗に“ハンドメイド”と呼ばれる初期モデル。1968年12月の発売から1973年3月のマイナーチェンジまでのモデルを指すが、その中にも4世代が存在するという。拡大
“ハンドメイド”の後ろ姿。
“ハンドメイド”の後ろ姿。拡大
イベントに参加されたいすゞOB諸氏。左からOB会会長の風早直志氏、開発に関する講演を行った佐藤昌弘氏、古屋武夫氏、鈴木公一氏、北原 孝氏、三輪正眼氏、長谷川隆一氏。
イベントに参加されたいすゞOB諸氏。左からOB会会長の風早直志氏、開発に関する講演を行った佐藤昌弘氏、古屋武夫氏、鈴木公一氏、北原 孝氏、三輪正眼氏、長谷川隆一氏。拡大

“秒速分歩”の進化の中で

巨匠ジョルジェット・ジウジアーロがカロッツェリア・ギア在籍時代に手がけたスタイリングの美しさのみならず、日伊合作による自動車開発の成功例として、日本自動車殿堂の歴史遺産車にも認定されている117クーペ。高度経済成長とシンクロして日本の自動車工業が急速な発展を遂げた、日本車の青春時代ともいえる1960年代生まれの名車の1台である。

歴史を振り返るたびに思うことだが、1960年代における日本車の進化の速度はすさまじかった。戦後ほぼゼロからのスタートながら、自動車先進国である欧米に追いつき追い越せとばかりに技術開発競争に没頭した結果、日進月歩どころか秒速分歩の勢いで進化していったのである。

そのきっかけのひとつとなったのが、日本初の全面舗装された専用レーシングコースである鈴鹿サーキットで、1963年に開かれた戦後初の本格的な四輪レースである第1回日本グランプリ。その時点では鈴鹿サーキットのオーナーであるホンダはまだ走らせる四輪車を持っておらず、トヨタや日産、プリンスなども直4 OHVエンジンを積んだ市販車しかエントリー車両がなかった。

ところがホンダは翌1964年から四輪モータースポーツの最高峰であるF1グランプリに参戦開始。二輪ロードレースGPでの蓄積があったとはいえ、参戦2年目となる1965年の最終戦メキシコGPで初優勝を遂げてしまう。プリンス/日産とトヨタも、60年代末の日本グランプリでは、大排気量マルチシリンダーの純レーシングユニットをミドシップした、世界的にもまれなモンスターマシンを作り上げ、激突するまでになっていたのだ。

ほかに類のない驚異的な進化は、こうした性能面だけではなかった。カーデザインにおいても、またしかりだったのである。

あなたにおすすめの記事
新着記事