“テスラキラー”の本命は!?
プレミアムブランドの最新EVを比較

2018.10.10 デイリーコラム

プレミアムブランドのEVが相次いでデビュー

いよいよ市販プレミアム電気自動車(EV)が出そろってきた。この9月には、メルセデス・ベンツが電動モビリティーを中心に据えたサブブランドとして展開するEQの市販モデル第1弾となる「EQC」が、そしてやはりアウディ初のEVとなる「e-tron」が相次いで発表された。また国内で、これらに先行したジャガーのEV、「Iペース」の発表もあった。プレミアムブランドの電動化の波、いよいよ到来である。

このムーブメントに火をつけたのがテスラであることは言うまでもない。「モデルS」「モデルX」は大成功を収め、世界各地でプレミアムカー市場に大きく食い込んでいる。そこにヨーロッパを襲ったディーゼルゲートもあり、一気にEVへの機運が高まったのだ。

では、これらの最新モデルたちはテスラに対抗できる、あるいは凌駕(りょうが)できるだけの実力を備えているのだろうか。現時点で試乗できているモデルはIペースだけだが、ここではまずスペックから考察してみたい。

「ジャガーIペース」は最高出力200ps、最大トルク348Nmのモーターを前後軸に1基ずつ搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、一充電あたりの航続可能距離は470km(WLTPモード値)。
「ジャガーIペース」は最高出力200ps、最大トルク348Nmのモーターを前後軸に1基ずつ搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、一充電あたりの航続可能距離は470km(WLTPモード値)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第593回:楽しめるのは今のうち!?
    怪物級のジャガー&ランドローバーを試す
    2019.10.10 エディターから一言 英国伝統のブランドであるジャガーとランドローバーには、500PSオーバーのハイパフォーマンスモデルが存在する。本気で“踏んで”“切った”なら、どんな走りが味わえるのか? 代表的な4モデルの走りをサーキットで試した。
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、webCGほったが激論を交わす。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2019.10.2 試乗記 普段、サーキットなどでしのぎを削る国内メーカーの4つの“ワークス”が、一堂に会して開催する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。今回はNISMOが手がけた「日産GT-R」と、無限のパーツを装着した「ホンダ・シビック タイプR」を試す。
ホームへ戻る