第109回:駆けぬけるプチ故障

2018.10.30 カーマニア人間国宝への道

ETC車載器に異常アリ!

激安中古車店で修復歴アリBMWを超激安でゲットし、問題なく走ればカーマニアの大勝利! という貴重なリポートをお送りした当連載ですが、“エリート特急”こと私の激安「BMW 320d」では、初めての故障が発生しました。

場所は、ETC車載器です。

ガク~~~~~~! となった方もいらっしゃるでしょう。あるいは「えっ、ETC車載器って故障するの?」と思われた方もおられることかと想像します。私もまったく想定しておりませんでした。

つーか、「そもそもETC車載器なんて、BMWじゃないじゃん」というのが、正常な反応でしょう。

が、BMWの場合、ソレは明らかにBMWの一部です。なぜならBMWのETC車載器は、カード挿入部がルームミラーにある、純正内蔵型だからです。

ある日、フツーにETC入り口ゲートに進入したところ、バーが開かずに急停車。係員のお世話になってしまいました。

「おかしーな、カードは入れっぱなしなのに」

思い返せば、エンジンスタートした時にいつも聞こえる、車載器の「ピッ」という音が聞こえなかったかも。 

ルームミラーのETC表示部を見ると、「あっ、小さいランプが消えている!」
そこで初めて気づきました。ETCの電源が来てないと。つまり故障というより、断線とかそういうこと?

考えてみれば今年の頭、跳ね石を食らってフロントガラスを交換したんだった。つまり、ルームミラーなどフロントガラスにひっついていた部品は、すべて一度外して再装着したわけで、その際接点にテンションがかかり、10カ月後に断線。そういうこともあり得るだろう。わかんないけど。

“エリート特急”に初の故障が発生!(写真=池之平昌信)
“エリート特急”に初の故障が発生!(写真=池之平昌信)拡大
BMW車のETC車載器はルームミラー内蔵型。
BMW車のETC車載器はルームミラー内蔵型。拡大
カードを挿入していたにもかかわらず、ETC入り口ゲートでゲートが開かない事態に!
カードを挿入していたにもかかわらず、ETC入り口ゲートでゲートが開かない事態に!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る