第36回:コーリン・チャップマン
裏庭の工場から生まれた革新者

2018.11.08 自動車ヒストリー バックヤードビルダーから身を立て、F1の有力コンストラクターにまで上り詰めたロータスと、その創業者コーリン・チャップマン。英国が生んだピュアなスポーツカーメーカーの歴史を、往年の名車やサーキットでのエピソードとともに振り返る。

売れ残ったクルマを改造してレースに

ケータハムカーズ・ジャパンから販売されている「セブン160」は、排気量658ccのエンジンを搭載している。数字からわかるように、これはスズキの軽自動車用ターボエンジンだ。出力は64馬力から80馬力にパワーアップされており、車重はわずか490kg。0-100km/h加速は6.9秒を実現している。この160がエントリーモデルを担う「セブン」シリーズの原型は、1957年にロンドンモーターショーで発表された「ロータス・セブン」だ。実に50年以上にわたって製造されていることになる。

ロータスは、天才エンジニアのコーリン・チャップマンが創業したスポーツカーメーカーである。彼は大学在学中にモータースポーツに目覚め、クルマにかかる費用を稼ぐために中古車販売を始めた。戦後の混乱期で、ガソリン配給権の得られる中古車は大人気だったのだ。

しかし、1947年になるとガソリン統制は廃止され、中古車業は立ち行かなくなる。急いで在庫を整理したが、20年ほど前の「オースチン・セブン」が売れ残ってしまった。あまりに旧式なので買い手がつかなかったのだ。チャップマンは、この古いクルマを改造してレーシング仕様に仕立て直すことを思いつく。ガールフレンドのヘイゼル(後のチャップマン夫人)の家の裏庭にクルマを持ち込み、改造を始めた。バックヤードビルダーと呼ばれる小さな自動車工場である。

シャシーを強化して剛性を高め、エンジンの圧縮比アップやキャブレターの交換などで出力も向上させた。1948年になるとローカルなレースに出場するようになり、好成績を残す。チャップマンはこのマシンをロータスと名づけた。植物のハスを意味する言葉である。この記念すべき第1号車は、「ロータス・マーク1」と呼ばれることになった。チャップマンが第2号車となる「ロータス・マーク2」の設計にとりかかったからである。

ロータスの創業者であるコーリン・チャップマン(1928-1982)。先進的技術を積極的に取り入れることでスポーツカーとレーシングカーの歴史に革命を起こした。
ロータスの創業者であるコーリン・チャップマン(1928-1982)。先進的技術を積極的に取り入れることでスポーツカーとレーシングカーの歴史に革命を起こした。拡大
1922年に登場した英国の小型大衆車「オースチン・セブン」。1939年の生産終了までに29万台余りが生産される大ヒットとなり、ジャガーやBMWなど、さまざまなメーカーの誕生に影響を与えた。
1922年に登場した英国の小型大衆車「オースチン・セブン」。1939年の生産終了までに29万台余りが生産される大ヒットとなり、ジャガーやBMWなど、さまざまなメーカーの誕生に影響を与えた。拡大
チャップマンにとって初の作となった「ロータス・マーク1」。売れ残りの「オースチン・セブン」をレーシングカーに仕立てたもので、ローカルレースで好成績を収めた。
チャップマンにとって初の作となった「ロータス・マーク1」。売れ残りの「オースチン・セブン」をレーシングカーに仕立てたもので、ローカルレースで好成績を収めた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事