第105回:資本主義のうねりを生んだ「T型フォード」
20世紀の社会を変えた大量生産と大量消費

2021.07.21 自動車ヒストリー 世界初の大量生産車となり、累計で1500万台以上が販売された「T型フォード」。このクルマとヘンリー・フォードが世にもたらしたのは、モータリゼーションだけではなかった。自動車を軸にした社会の変革と、資本主義の萌芽(ほうが)を振り返る。

ヘンリー・フォードの夢

ヘンリー・フォードには夢があった。それは、農民のために誰もが乗れる安価な自動車をつくることである。彼の生まれたディアボーンは、デトロイトの南西15kmにある牧歌的な農村だった。鉄道は通っておらず、移動手段といえば荷馬車だけ。人々は生涯ずっとこの場所にとどまり、自給自足に近い暮らしを送る。自動車が手に入るようになれば、彼らの人生は一変するに違いない。

ヘンリーは1896年に初めてガソリン自動車を製作した。その後自動車会社を創業するがうまくいかず、新たにフォード・モーター・カンパニーを設立したのは1903年のことである。それでも、すぐに農民のためのクルマをつくり始めたわけではない。当時は自動車といえば高級品で、量産大衆車は1901年に425台が生産された「オールズモビル・カーブドダッシュ」があったくらいだ。フォードにとって転機となったのは、1906年にリリースした「N型」である。500ドルで販売された簡易なモデルは好評で、これをベースにしてT型はつくられた。

1908年に発売されたT型は850ドルという価格で、翌年には一年間で1万台以上を売り上げた。当時のアメリカ全体の自動車生産台数が7万台程度だったことを考えると、単一車種の売り上げとしては驚異的な数字である。1910年にはハイランドパークに工場を新設し、量産体制を整えていった。

多くの自動車に2000ドル以上の値札が付けられていた時代に、T型の価格は魅力的だった。アメリカ人の平均年収は600ドルほどで、富裕層でなくともなんとか手の届く値段だったのである。安いからといって、つくりが悪いわけではない。ボディーには高張力のバナジウム鋼を使用し、強度の確保と軽量化を実現していた。トランスミッションは遊星歯車を使った半自動方式で、初心者でも簡単に操作することができる。エンジンは優秀な鋳物技術を生かして4気筒一体型となっており、頑丈であると同時に生産性も高かった。点火方式は、最新のマグネトー式である。

ヘンリー・フォード(1863-1947)
自動車メーカー、フォード・モーター・カンパニーの創業者。アイルランドからの移民農家の出身で、若いころには機械工として働くなど、実地で技術者としての力を鍛えていった。
ヘンリー・フォード(1863-1947)
	自動車メーカー、フォード・モーター・カンパニーの創業者。アイルランドからの移民農家の出身で、若いころには機械工として働くなど、実地で技術者としての力を鍛えていった。拡大
フォードは、エジソン電灯会社在職中の1896年にガソリン自動車を製作。1899年に最初の自動車会社を立ち上げるが、うまくはいかなかった。
フォードは、エジソン電灯会社在職中の1896年にガソリン自動車を製作。1899年に最初の自動車会社を立ち上げるが、うまくはいかなかった。拡大
1908年10月1日に発表された「T型フォード」。安価で丈夫な実用車として、たちまち人気を博した。
1908年10月1日に発表された「T型フォード」。安価で丈夫な実用車として、たちまち人気を博した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事