第101回:スーパーカーの熱狂
子供たちが夢中になった“未来のクルマ”

2021.05.26 自動車ヒストリー エキゾチックなスタイリングと浮世離れしたスペックにより、クルマ好きを熱狂させたスーパーカー。日本を席巻した一大ブームは、いかにして襲来し、去っていったのか。「カウンタック」をはじめとした、ブームの中核を担ったモデルとともに当時を振り返る。

最高速で争ったフェラーリとランボルギーニ

1975年1月、集英社の少年漫画雑誌『少年ジャンプ』で新連載が始まった。走り屋の風吹裕矢が公道でライバルたちとバトルを繰り広げる『サーキットの狼』である。当初はあまり注目を集めることもなく打ち切られそうになったが、突然人気が爆発してジャンプの看板マンガとなった。子供たちを引きつけたのは、作品の中に登場するエキゾチックなクルマである。道を走る乗用車とはまったく違うスタイルを持ち、とてつもないスピードを誇るマシンはスーパーカーと呼ばれ、マンガの枠を超えて大ブームとなった。

スーパーカーには明確な定義があるわけではない。大ざっぱに言えば、非現実的なデザインで未来の乗り物のようであり、レーシングカー顔負けの速さを持つクルマのことである。フェラーリやランボルギーニなどのイタリア車が多く、なかでも誰もが認める代表的な存在といえば、「ランボルギーニ・カウンタック」と「フェラーリ365GT4BB」だろう。

1974年に登場したカウンタックは、シザースドアというわかりやすい奇抜な見た目で子供たちの心をとらえた。『サーキットの狼』では悪役である“ハマの黒ヒョウ”の愛車だったが、ガンディーニのデザインしたウエッジシェイプのボディーは水際立っていた。V12エンジンをミドに搭載し、300km/hという最高速度を持つことも重要なポイントである。子供たちは、排気量やエンジン出力、最高速度などのスペックを、すべて丸暗記していた。

新興勢力のランボルギーニに対し、老舗のフェラーリが黙っているわけにはいかない。カウンタックのプロトタイプが発表されたのは1971年3月で、その半年後にフェラーリはBBを発表した。こちらも12気筒エンジンをミドに積み、示された最高速度は302km/h。意地にかけても、最速のロードカーという称号を守らねばならなかったのである。

ショーカー然としたウエッジシェイプのスタイリングが衝撃的だった「ランボルギーニ・カウンタック」。1974年から1990年まで、16年にわたり生産された。写真は最初期モデルの「LP400」。
ショーカー然としたウエッジシェイプのスタイリングが衝撃的だった「ランボルギーニ・カウンタック」。1974年から1990年まで、16年にわたり生産された。写真は最初期モデルの「LP400」。拡大
「シザースドアを装備し、V12エンジンをミドシップ搭載する」という伝統は、今日のランボルギーニの旗艦モデルにも受け継がれている。
「シザースドアを装備し、V12エンジンをミドシップ搭載する」という伝統は、今日のランボルギーニの旗艦モデルにも受け継がれている。拡大
「カウンタックLP400/LP400S」に搭載された3.9リッターV12エンジン。高出力の多気筒エンジンは、スーパーカーの大きな魅力だった。
「カウンタックLP400/LP400S」に搭載された3.9リッターV12エンジン。高出力の多気筒エンジンは、スーパーカーの大きな魅力だった。拡大
12気筒エンジンをミドシップ搭載した「フェラーリ365GT4BB」。日本のスーパーカーブームと時代が重なるのは、むしろ改良モデルの「512BB」のほうで、1981年にはエンジンをインジェクション化した「512BBi」に進化する。
12気筒エンジンをミドシップ搭載した「フェラーリ365GT4BB」。日本のスーパーカーブームと時代が重なるのは、むしろ改良モデルの「512BB」のほうで、1981年にはエンジンをインジェクション化した「512BBi」に進化する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事