第103回:アメリカ車の黄金期
繁栄が増進させた大衆の欲望

2021.06.23 自動車ヒストリー 巨大なボディーにきらびやかなメッキパーツ、そそり立つテールフィンが見るものの心を奪った1950年代のアメリカ車。デトロイトの黄金期はいかにして訪れ、そして去っていったのか。自動車が、大国アメリカの豊かさを象徴した時代を振り返る。

「T型フォード」がもたらしたデトロイトの発展

2013年7月18日、アメリカのミシガン州デトロイト市が財政破綻し、破産法適用を申請した。以前から財政危機がささやかれていたとはいえ、衝撃的なニュースだったのは確かである。かつてアメリカの、いや世界の自動車産業の中心として栄華を誇った都市の没落は、驚嘆と悲哀の念をもって受け止められた。2009年に破綻したゼネラルモーターズ(GM)とクライスラーがようやく復活し、一筋の光が見え始めていた時だっただけに失望感は大きかった。

デトロイトは、間違いなく自動車の聖地だった。ガソリン自動車を誕生させたのはヨーロッパだったが、20世紀に入って自動車産業の中心地はアメリカに移る。上流階級の遊びという意味合いが大きかったヨーロッパとは違い、国土が広く実用的な移動の手段としての側面が強く求められたアメリカでは、当初から自動車の大衆化が進む条件がそろっていた。工業化が進んでいたことで中間層が増加しており、自動車を購入する財力を持った人々によるマーケットが存在したのだ。

自動車大衆化の先兵となったのが、「T型フォード」である。フォードはデトロイトに大規模な工場を建設してT型を量産し、湖にほど近い工業都市は自動車産業の隆盛とともに発展していく。それを追って多くの自動車メーカーが誕生したが、スケールを拡大できなかった企業は、不況の波の中で脱落していった。

1929年の大恐慌を乗り切ったのは、フォードに加えてGMとクライスラーの3社、いわゆるビッグスリーである。ナッシュやハドソンといった中堅以下のメーカーも存在したが、この後は、ビッグスリーを核とした自動車産業がアメリカの経済を先導していくことになるのだ。

GMが本社を構えるルネサンスセンター。デトロイトは2013年の財政破綻後、積極的な景気振興策などによって急速に復興。今では自動車産業に加え、工作機械やスタートアップの企業も集う産業都市となっている。
GMが本社を構えるルネサンスセンター。デトロイトは2013年の財政破綻後、積極的な景気振興策などによって急速に復興。今では自動車産業に加え、工作機械やスタートアップの企業も集う産業都市となっている。拡大
1901年に登場したオールズモビルの「カーブドダッシュ」。アメリカ初の量販モデルで、安価で丈夫、かつ走破性に優れたクルマだった。
1901年に登場したオールズモビルの「カーブドダッシュ」。アメリカ初の量販モデルで、安価で丈夫、かつ走破性に優れたクルマだった。拡大
1913年のフォード・ハイランドパーク工場の様子。同工場は1910年に操業を開始。1913年にはコンベヤーラインが稼働し、大規模な大量生産を実現した。
1913年のフォード・ハイランドパーク工場の様子。同工場は1910年に操業を開始。1913年にはコンベヤーラインが稼働し、大規模な大量生産を実現した。拡大
ミシガン州ディアボーンのフォード本社。ディアボーンはヘンリー・フォードの生家があった町で、デトロイトの西隣に位置する。
ミシガン州ディアボーンのフォード本社。ディアボーンはヘンリー・フォードの生家があった町で、デトロイトの西隣に位置する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事