第541回:琉球開闢神話ゆかりの地に幻のレストランが登場!
「DINING OUT RYUKYU-NANJO with LEXUS」でアメージング体験

2018.12.12 エディターから一言
今回で15回目を迎えるダイニングアウトは「Origin いのちへの感謝と祈り」をテーマに沖縄県の南城市で開催された。
今回で15回目を迎えるダイニングアウトは「Origin いのちへの感謝と祈り」をテーマに沖縄県の南城市で開催された。拡大

食を通じて地方の持つ魅力を再発見する野外イベント「DINING OUT(ダイニングアウト)」の第15弾が2018年11月23~24日、沖縄県南城市で開催された。2日間だけ現れた幻のレストラン、その2日目の様子をリポートする。

レセプション会場は神の島といわれる久高島。「レクサスNX」で安座真港のフェリー乗り場へ向かった。
レセプション会場は神の島といわれる久高島。「レクサスNX」で安座真港のフェリー乗り場へ向かった。拡大
琉球王国最高の聖地といわれる斎場御嶽。2000年に世界遺産に登録され海外からも多くの人が訪れている。
琉球王国最高の聖地といわれる斎場御嶽。2000年に世界遺産に登録され海外からも多くの人が訪れている。拡大
ディナー会場は12~13世紀に築城されたと伝えられる知念城跡。
ディナー会場は12~13世紀に築城されたと伝えられる知念城跡。拡大
琉球王国時代に確立された伝統の踊りである琉球舞踊も披露された。
琉球王国時代に確立された伝統の踊りである琉球舞踊も披露された。拡大
ディナー開始と同時に降ってきた雨により、急きょテントを立てての開催となった。天候の変化を楽しみながらのディナーもダイニングアウトの醍醐味(だいごみ)。
ディナー開始と同時に降ってきた雨により、急きょテントを立てての開催となった。天候の変化を楽しみながらのディナーもダイニングアウトの醍醐味(だいごみ)。拡大

琉球開びゃく神話ゆかりの地・南城

沖縄には古(いにしえ)より語り継がれてきた、ある神話がある。
女神アマミキヨが海の向こうの理想郷であるニライカナイから久高島に降臨し、この地から沖縄の歴史が始まったというものだ。

この琉球開闢(りゅうきゅうかいびゃく)神話と関係が深いのが、本島南部に位置する南城市。沖縄には、祭祀(さいし)などを行う祈りの場、御嶽(うたき)が7つあるが、その4つがこの市にあり、中でも琉球王国最高の聖地といわれるのが斎場御嶽(せいふぁうたき)である。

そんな神々宿る聖地でのダイニングアウトだが、行き先がゲストに明かされることはない。

レクサスに導かれるままにたどり着いたのは、知念城跡だった。

夕刻とはいえ、辺りはもうだいぶ暗い。なだらかな曲線を描くように延びる石積みの城壁はライトアップされ、とてもロマンチックな雰囲気だ。中国大陸の影響を受けていた琉球王国とはいえ、なぜかヨーロッパの古城のような風情もあって面白い。

今回のテーマは「Origin いのちへの感謝と祈り」。

琉球創造の女神アマミキヨにちなみ、初の女性シェフによる料理とだけ耳にしているが、そのシェフとは? 沖縄独自の素材がどう提供されるのかにも期待が高まる。

ニライカナイの方角へ感謝の祈りをささげていると、静寂に染み入るような、笛と三線(さんしん)の調べが聴こえてきた。どうやらダイニングアウトの準備が整ったようだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • 第20回:レクサスUX(後編) 2019.1.23 カーデザイナー明照寺彰の直言 レクサスのグローバル戦略を担うコンパクトSUV「UX」。そのデザインとパッケージングを観察してみると、どうしても看過できない問題に直面した。プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」との比較も通し、現役のカーデザイナーがレクサスUXを語る。
ホームへ戻る