あなたはロボットに仕事を教えられる?
自動化された工場で求められる人の役割とは

2018.12.24 デイリーコラム

取材メモの上で踊る、機械と人のせめぎ合い

記者は生産技術の専門家ではないし、工場経営のプロでもない。人よりちょっと、たくさんの工場を見学する機会があっただけである。したがって、これから記すことはひょっとしたら全然お門違いかもしれないし、逆に当事者の間では「何言ってんの?」というくらい当たり前のことなのかもしれない。そのスジの関係者におかれましては、寛大な心でもって読み進めてください。

さて、分社化される前の日産九州工場に、栃木工場、今はなきブリヂストンの東京工場、マツダの広島本社工場、ホンダの寄居工場と、ホンダから車両生産を請け負っていた八千代工業ネクセンの昌寧工場、そして直近だとホンダの鈴鹿製作所。なんのことかというと、ここ7年ほどで記者が取材・見学した工場の例である。なんで7年なんて中途半端な数字かというと、手元にそれ以前の取材メモが残っていないからだ。ちょっと特殊なのも含めると、湘南のオーテックジャパンや航空機の部品を作るスバルの半田工場にも行っていたのか、私。

で、そんな記者の取材メモを見ると、いつも機械と人がせめぎ合っている。恐らくはどの工場でも、「○○の導入でタクトタイムが大幅削減!」と説明する係員に、「じゃあなんでここの作業は人がやっているの?」と尋ねていたのだろう。

今も昔も、工場見学では「自動化」による生産効率の改善が“花形”で、最近は「情報化」による品質管理もそこに加わった感がある。部品をRFタグやらバーコードやらで徹底的に管理し、ロボット君にシゴトを任せて生産効率と品質を高める。三菱の走行用バッテリーのリコール問題や、昨今の完成検査問題で露骨に感じてしまったのだが、大量生産の現場で足を引っ張るのは、悲しいけれど人間だ。管理された生産機械が不具合を起こすケースより、人がミスをしたり、不正を働いたりというケースの方が多い。

取材メモに残る、いちばん古い取材先は日産の九州工場。写真は2018年8月現在のものだが、記者が取材したのは2012年夏のことで、当時はまだ日産自動車九州として分社化されていなかった。
取材メモに残る、いちばん古い取材先は日産の九州工場。写真は2018年8月現在のものだが、記者が取材したのは2012年夏のことで、当時はまだ日産自動車九州として分社化されていなかった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事