第41回:世界を驚嘆させた「トヨタ2000GT」
サーキットと銀幕で輝いた日本の自動車技術

2019.01.24 自動車ヒストリー 1960年代の日本を代表する名車「トヨタ2000GT」。トヨタとヤマハが、持てる技術の粋を尽くして完成させた高性能グランツーリスモは、どのような経緯で誕生したのか? 銀幕やモータースポーツに残してきた足跡とともに、その歴史を振り返る。

敗北から始まった極秘プロジェクト

1964年に行われた第2回日本グランプリで、トヨタは一敗地にまみれた。前年に行われた第1回では、「クラウン」「コロナ」「パブリカ」が優勝して圧倒的な力を見せつけたが、この時はパブリカのみの優勝に終わったのである。各メーカーがワークス体制を整えて全力で取り組むようになっており、簡単には勝てなくなっていた。

レース監督の河野二郎は、副社長の齋藤尚一から「どうせレースをやるなら、ルマン24時間レースまでは行けよ」と言われていた。しかし、世界最高峰の耐久レースに挑戦するには、技術も経験も足りない。河野は世界に通用するトップレベルのスポーツカーを作ることを最初の目標に掲げる。第2回グランプリを終え、彼はワークスドライバーの細谷四方洋を呼んで計画を打ち明けた。開発ドライバーをまかせたのである。

1964年11月1日、試作ナンバー「280A」のプロジェクトがスタートする。エクステリアデザインは、アメリカのアートセンターで研修を積んだ野崎 喩に依頼した。エンジン設計は高木英匡、サスペンションは山崎進一が担当することになり、少数精鋭のスタッフで極秘のプロジェクトが動き出す。

世界トップレベルの本格的スーパースポーツであること、GTレースに参戦しても通用するポテンシャルを持つことなど、高い目標が定められた。そして、同時に日常的なハイパフォーマンスカーであることも求めている。レースが目的なのではなく、あくまでも普段使いのできるスポーツカーを目指したのだ。

研究のために、ヨーロッパ製のスポーツカーが持ち込まれた。「MGB」「トライアンフTR2」「フィアット・アバルト ビアルベーロ」「ポルシェ911」「ロータス・エラン」「ジャガーEタイプ」などである。日本の「ホンダS600」も購入した。

1967年3月に発売された「トヨタ2000GT」。動力性能、デザインともに当時の世界レベルに比肩する高性能スポーツカーだった。
1967年3月に発売された「トヨタ2000GT」。動力性能、デザインともに当時の世界レベルに比肩する高性能スポーツカーだった。拡大
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4175×1600×1160mm、ホイールベース=2330mm。車両重量は1120kgとされている。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4175×1600×1160mm、ホイールベース=2330mm。車両重量は1120kgとされている。拡大
「2000GT」のインテリア。トランスミッションは5段MTに加え、後に3段AT「トヨグライド」も設定された。
「2000GT」のインテリア。トランスミッションは5段MTに加え、後に3段AT「トヨグライド」も設定された。拡大
「2000GT」開発の契機となった、1964年の第2回日本グランプリの様子。1963年の第1回では強さを見せつけたトヨタだったが、第2回では力をつけてきたライバルに、太刀打ちできなかった。
「2000GT」開発の契機となった、1964年の第2回日本グランプリの様子。1963年の第1回では強さを見せつけたトヨタだったが、第2回では力をつけてきたライバルに、太刀打ちできなかった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第45回:日産フェアレディZ
    巨大市場を席巻した新世代のスポーツカー
    2019.3.21 自動車ヒストリー 日米を中心に、今もファンに愛されている「日産フェアレディZ」。自動車先進国アメリカのユーザーに新しいスポーツカー像を見せつけた一台は、どのようにして生まれたのか? 誕生に至る経緯を、“Father of Zcar”と呼ばれる人物の逸話とともに振り返る。
  • トヨタ2000GT(FR/5MT)(後編)【動画試乗記】 2009.3.16 試乗記 トヨタ2000GT(FR/5MT)

    1960年代後半に誕生した、幻の名車「トヨタ2000GT」。わずか337台しか生産されなかった、そのスポーツカーのステアリングを握ることができた。
  • 「スープラ」と「Z4」はどっちがおトク?
    兄弟スポーツカーのコスパについて考える
    2019.5.31 デイリーコラム 「トヨタ・スープラ」と「BMW Z4」の新型は、基本的なメカニズムを共有する兄弟車。プライスリストを見比べてみると、ずいぶん価格差があるようだが……? 両車の装備を比較しつつ、コストパフォーマンスについて検証した。
  • 第455回:よみがえったもう1台のボンドカー
    幻のトヨタ2000GTがフルレストアを経て復活
    2017.11.1 エディターから一言 「トヨタ2000GT」の“ボンドカー”が、実は2台存在したことをご存じだろうか。長くベールに包まれていた幻の2000GTボンドカーが、このたびフルレストアを経て復活。ついにその姿を、われわれの前に現した。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る