第554回:スタッドレスタイヤはまだまだ進化する
横浜ゴム冬季用タイヤ研究開発の最前線をリポート

2019.02.21 エディターから一言

タイヤは、言わずと知れたクルマの重要なパーツのひとつ。横浜ゴムは旭川の「北海道タイヤテストセンター(TTCH)」で、冬季用タイヤの開発を行っている。今回は普段秘密のベールに閉ざされているTTCHを訪れ、最新ラインナップのほか、将来を担うはずの技術や素材を実際に試すことができた。

頼れるのは“ゴムの力”だけ

タイヤの表面に打ち込まれた金属、もしくはそれに類する突起物が氷に食い込むことで、高いグリップ力を発揮する――かつての凍結路面用タイヤ=スパイクタイヤ付きのクルマが、冬のツルツル路面上でも走行可能な理由は、こうした理屈からもまぁ何となく理解できる。

一方、そんなタイヤを履いた多くの車両が、乾いた舗装路面上を走り回ってしまったことで問題となったのが“粉じん公害”。かくして、日本でのスパイクタイヤの製造や販売が中止されてから、30年近くがたった。以降、凍結路面上の主役となったのが、今ではおなじみのスタッドレスタイヤだ。

とはいえ、たびたび紹介されているように、そもそもクルマを支えるタイヤの接地面積は、1輪当たりハガキ1枚分程度。すなわち、1台分でもせいぜいハガキ4枚分ほどにすぎないそうした接地面積で、人間でも歩くのがままならない凍結路面上を走り・曲がり・止めなければならないというのは、いかにも大変な仕事量だ。

しかも、“滑り止め付き冬用シューズ”のごとく底面にスパイクを打つことは、もはやご法度という時代。今回、横浜ゴムがTTCHで開催したイベントでは、そんな“ゴムの力だけ”で氷上でのクルマの動きを制するのがいかに大変かを、あらためて教えられるものでもあった。

横浜ゴムの主力スタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」。進化した非対称パターンのほか、新開発の「クワトロピラミッドディンプルサイプ」や「ダブルマイクログルーブ」といった独自の技術を採用している。
横浜ゴムの主力スタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」。進化した非対称パターンのほか、新開発の「クワトロピラミッドディンプルサイプ」や「ダブルマイクログルーブ」といった独自の技術を採用している。拡大
「アイスガード6 iG60」では、プレミアム吸水ゴムと呼ばれる素材を用いている。従来モデル比で、吸水率が6%アップしており、約4年後も性能がキープできるという。
「アイスガード6 iG60」では、プレミアム吸水ゴムと呼ばれる素材を用いている。従来モデル比で、吸水率が6%アップしており、約4年後も性能がキープできるという。拡大
旭川にある「北海道タイヤテストセンター(TTCH)」では、2018年に屋内氷盤試験場が完成。同年より運用が開始されている。写真は屋内氷盤試験場に置かれたスタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」。
旭川にある「北海道タイヤテストセンター(TTCH)」では、2018年に屋内氷盤試験場が完成。同年より運用が開始されている。写真は屋内氷盤試験場に置かれたスタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」。拡大
スタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」は、2018年9月に追加されたランフラットモデルを含め、全114サイズをラインナップしている。(2019年1月現在)
スタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」は、2018年9月に追加されたランフラットモデルを含め、全114サイズをラインナップしている。(2019年1月現在)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事