デュアルクラッチはもうイヤだ!
編集部員のマイカー探しに見る“いいクルマ”の普遍の条件

2019.04.22 デイリーコラム

webCGを襲ったクルマ購入熱

クルマの購入というのは、なんだかんだ言って人生の一大イベントだと思う。

まず単純に費用が高い。新車なら3ケタ万円が当たり前のお買い物だ。駐車場の確保に保険の契約、楽しい楽しい納税地獄と、購入後についてまわる面倒も相当なもので、買い物というよりむしろ、新しい家族を迎え入れる行為にも思えてくる。

ただ、そう大仰に考えているのは記者だけのようで、webCGかいわいではここ1、2年、クルマの購入熱が猛威をふるっていた。マーケティングの大和女史が「MTの練習がしたい!」と言って「アバルト500C」を買ったかと思えば、企画の折戸青年がセカンドカーに「ルノー・トゥインゴ」を購入。編集長のこんどーも、街乗りの足にと「スズキ・バンバン」を手に入れた。極めつけが社用車で、長年お世話になってきた「フィアット・パンダ4×4」から「BMW M140i」にバトンタッチ。そんでパンダは、ワタナベ女史の人生初マイカーに収まる次第だ。

いやはや。記者のようなのんびりカーライフイストからしたら、「みんな、ちょっと落ち着こうぜ」と言いたくなるような猛ラッシュである。

さすがに最近は沈静化したと思われていたのだが、過日、折戸青年が再びマイカーを購入した。お相手は2014年12月登録の「ボルボV70 T5 SE」。先代「V60」からの乗り換えである。動機は“前マイカーの故障を機に”というお約束のパターンだったが、「後期型のT5 SEを自分で探したんっすよ~」という話が、元中古車雑誌編集者(=記者)の心をツツいた。

というのも、高年式のV70で多数派なのは、エントリーモデルの「T4」系だからだ。大手の中古車物件サイトを何件かさらったところ、後期型のT5 SEなんて、片手で数えられる程度しかタマが出てこなかった。

パワー信者、排気量信者でもない折戸青年が、なぜわざわざそんな希少物件に手を出したのか? 「どうせ向かいの席に座っているんだし」と思ってコトの真相を聞いたところ、ギョーカイ関係者としては、ちょっと意外な回答が返って来た。

「とにかく、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)がイヤだったんですよ」

編集部の折戸青年が購入した「ボルボV70」。
編集部の折戸青年が購入した「ボルボV70」。拡大
大和女史が購入した「アバルト500C」。MTの練習用にと欧州製ホットハッチ(しかもオープンカー)をお買い上げしてしまうあたり、さすがブルジョアジーである。
大和女史が購入した「アバルト500C」。MTの練習用にと欧州製ホットハッチ(しかもオープンカー)をお買い上げしてしまうあたり、さすがブルジョアジーである。拡大
webCGが新たな社用車として迎え入れた「BMW M140i」。CセグメントのボディーにFRの駆動系と3リッター直6ターボエンジンを押し込んだ、マニアックな一台である。
webCGが新たな社用車として迎え入れた「BMW M140i」。CセグメントのボディーにFRの駆動系と3リッター直6ターボエンジンを押し込んだ、マニアックな一台である。拡大
長らく編集部の足として活躍してきた「フィアット・パンダ4×4」は、ワタナベ女史のマイカーとなる予定だ。写真は、季節外れの雪が降った4月10日に箱根で撮影したもの。満開の桜に雪が降り積もる様が芸術的である。
長らく編集部の足として活躍してきた「フィアット・パンダ4×4」は、ワタナベ女史のマイカーとなる予定だ。写真は、季節外れの雪が降った4月10日に箱根で撮影したもの。満開の桜に雪が降り積もる様が芸術的である。拡大
折戸青年の購入した「V70 T5 SE」は、最高出力245psの2リッターターボエンジンを積んだ中間グレード。後期型V70の中では、明らかに少数派だ。
折戸青年の購入した「V70 T5 SE」は、最高出力245psの2リッターターボエンジンを積んだ中間グレード。後期型V70の中では、明らかに少数派だ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ビューティフル&ダイナミック!
    ボルボのデザインディレクターが新型「V60」を語る
    2018.9.28 デイリーコラム ハンサムなボルボのエステート、新型「V60」はどんな背景で開発されたのか? そのデザインを手がけたT.ジョン・メイヤー氏に、スタイリングの見どころやデザインにかける思いを聞いた。
  • 新型「ボルボV60」の発表会場から 2018.9.25 画像・写真 フルモデルチェンジで2代目となったボルボのステーションワゴン「V60」が日本上陸。2018年9月25日、東京都内で披露された。発表会の様子や会場に展示された「V60 T5インスクリプション」の姿を写真で紹介する。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る