第131回:失敗続きのタイヤ選び

2019.04.16 カーマニア人間国宝への道

“エリート特急”のタイヤ交換

我が愛車・エリート特急(BMW 320dスポーツ)のオドメーターが4万8000kmを超えた。車齢も5歳に近づき、タイヤも熟年。乗り心地やウエット性能の劣化を感じるようになったので、交換することにしました。

タイヤ交換は、カーマニアの大きな楽しみのひとつだ。「次はどんなタイヤにしようかな~」と考えるのは、クルマの買い替えの次くらいにわくわくする。

ただBMWの場合、ランフラットというシバリがある。

以前はランフラットから普通のラジアルにチェンジすると、乗り心地が良くなって値段もお安く、絶対そっちがイイ! と言われたが、近年は違ってきている。たぶん。

以前乗っていた「335iカブリオレ」(E90系)の時は、購入時(走行6万km強)にタイヤが2分山で、乗り心地もかなりドシンバタンだった。そこで買ってすぐに最高級ラグジュアリー系普通タイヤ「レグノ」に交換したが、今度はタイヤが柔らかすぎて、ポヨンポヨンのフワンフワンになってしまった。ランフラットから普通レグノへの交換は、あまりにも極端すぎたと反省しきりであった。

現在のF30系は、ランフラットでも極めて乗り心地がイイ。タイヤの進化もあるだろうが、これを普通のラジアルにしたら、おそらくバランスは崩れる。現在のBMWは、どのモデルもおおむね同様だろうと推察する。

かといって同じ銘柄を選ぶのは、カーマニアとしてあまりにも芸がない。せっかく高いカネ払ってタイヤを買うんだから、別のヤツを味わってみたい! 

選択肢にはどんなもんがあるのか。

調べたところ、案外種類が少ないんですね。

筆者の愛車、“エリート特急”こと「BMW 320dスポーツ」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車、“エリート特急”こと「BMW 320dスポーツ」。(写真=池之平昌信)拡大
“エリート特急”購入時には「ブリヂストン・ポテンザS001」が装着されていた。(写真=池之平昌信)
“エリート特急”購入時には「ブリヂストン・ポテンザS001」が装着されていた。(写真=池之平昌信)拡大
筆者のかつての愛車、「BMW 335iカブリオレ」のタイヤ交換時には「ブリヂストン・レグノ」を選んでいた。(写真=池之平昌信)
筆者のかつての愛車、「BMW 335iカブリオレ」のタイヤ交換時には「ブリヂストン・レグノ」を選んでいた。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMWが新型「3シリーズ」のラインナップを強化 2019.5.27 自動車ニュース BMWジャパンは2019年5月24日、スポーツセダン「BMW 3シリーズ」に搭載するパワートレインの追加バリエーションを発表した。最高出力190psの直4ディーゼルや同292psのPHEV、同387psの直6ガソリンターボを新たにラインナップしている。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
ホームへ戻る