第47回:軽自動車の原点「スズライト」
“小さな巨人”スズキの挑戦史

2019.04.18 自動車ヒストリー 小型大衆車メーカーとして、世界的に一目置かれる存在となっているスズキ。その技術はどのようにして磨かれ、今日に受け継がれているのか。織機メーカーとして誕生し、日本初の実用的な軽自動車を世に送り出した同社の歴史を振り返る。

織機製造から自動車産業に進出

2015年8月、国際仲裁裁判所がスズキとフォルクスワーゲンの間で争われていた提携解消の問題について判決を下した。ほぼスズキの全面勝利と言っていい内容である。2009年に両社は包括的提携を発表していたが、思惑の違いからすぐに不協和音が生じ、スズキが提携解消を申し入れていたのだ。イコールパートナーだと考えていたスズキに対し、フォルクスワーゲンはあくまでグループの戦略内の関係と位置づけていた。

フォルクスワーゲンが欲しかったのは、スズキの持つ新興国での販売網と小型車づくりのノウハウである。世界最大級の自動車会社グループにとっても、スズキは魅力的な存在だった。日本の激しい軽自動車競争の中で小型軽量化と低コスト化の技術が養われ、他の追随を許さないレベルになっていたからだ。スズキには、半世紀にわたって小さなクルマをつくり続けてきた歴史がある。原点は、1955年に発売した「スズライト」だ。

創業者の鈴木道雄は、1909年に浜松で鈴木式織機製作所を設立した。足踏み式の小型織機から始め、1920年には鈴木式織機株式会社に改組して動力織機に進出。効率の高さが評判を呼び、東南アジアへの輸出も行うようになった。順調に業績を伸ばしたが、織機は耐久性が高くて新規の需要が生まれにくい。いずれ先細りになることは明らかで、鈴木は新たな分野への進出に迫られた。そこで目をつけたのが自動車事業である。鈴木は技術力を生かすには自動車が最適だと考えたのだ。

1937年に「オースチン・セブン」を購入してエンジンの研究を始める。解体して構造を見極め、本物と同等の性能を持つコピーエンジンをつくり上げた。この年には豊田自動織機製作所を母体にトヨタ自動車工業が設立されており、日本では自動車製造に向かう機運が高まっていた。鈴木式織機でもフェートン型のプロトタイプを試作したが、以後は自動車開発どころではなくなった。日本は戦時体制に突入しつつあり、軍部から砲弾などの製造を要請されたのだ。

2009年12月に行われた基本契約書の署名式にて、握手を交わすスズキの鈴木 修会長とフォルクスワーゲンのマルティン・ヴィンターコルン会長(当時)。両者の提携は長くは続かず、2012年5月に解消された。
2009年12月に行われた基本契約書の署名式にて、握手を交わすスズキの鈴木 修会長とフォルクスワーゲンのマルティン・ヴィンターコルン会長(当時)。両者の提携は長くは続かず、2012年5月に解消された。拡大
鈴木道雄(1887-1982) 
一代にしてスズキを興した実業家。創意の人として知られ、同社の原点となった杼箱上下器搭載織機をはじめ、生涯で100もの発明を残した。
鈴木道雄(1887-1982) 
	一代にしてスズキを興した実業家。創意の人として知られ、同社の原点となった杼箱上下器搭載織機をはじめ、生涯で100もの発明を残した。拡大
スズキの文化施設「スズキ歴史館」に展示される自動織機。
スズキの文化施設「スズキ歴史館」に展示される自動織機。拡大
1922年に登場したイギリスの傑作大衆車「オースチン・セブン」。スズキのみならず、多くの新興メーカーが同車を範とした。
1922年に登場したイギリスの傑作大衆車「オースチン・セブン」。スズキのみならず、多くの新興メーカーが同車を範とした。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事