第570回:“ふらつき”にサヨナラ!?
ダンロップのミニバン専用タイヤを試す

2019.04.25 エディターから一言
ダンロップ・エナセーブRV505
ダンロップ・エナセーブRV505拡大

背の高いミニバンでもふらつきにくく、安全・快適に寄与するというダンロップの新タイヤ「エナセーブRV505」が登場。最新のテクノロジーは、乗り味をどのように変えたのか。一般道とテストコースでの試走を通して確かめた。

日本市場専売のミニバン専用タイヤとしてデビューした「エナセーブRV505」。今回は、住友ゴム工業の岡山テストコースと周辺の一般道で試走会が行われた。
日本市場専売のミニバン専用タイヤとしてデビューした「エナセーブRV505」。今回は、住友ゴム工業の岡山テストコースと周辺の一般道で試走会が行われた。拡大

「エナセーブRV505」のサイズ展開は155/65R13から245/35R20までの全48種が用意される。


	「エナセーブRV505」のサイズ展開は155/65R13から245/35R20までの全48種が用意される。
	拡大
「エナセーブRV505」では、新開発の「ふんばりテクノロジー」を採用。ミニバンが苦手とする“ふらつき”の抑制をメインテーマに据えて開発された。
「エナセーブRV505」では、新開発の「ふんばりテクノロジー」を採用。ミニバンが苦手とする“ふらつき”の抑制をメインテーマに据えて開発された。拡大

日本固有のクルマのために

国内マーケットの縮小を物語るかのように、次々と姿を消しつつある“日本メーカーによる日本市場のため”のクルマ。そうした中で、まだ何とか目立った存在感をアピールし続けているのが、「ミニバン」や「軽自動車」といったモデルたちだ。

それは、いうなれば、「日本独自の需要や規格に基づいた“ガラパゴスカー”」とも紹介できる。加えれば、これらが多くの日本のユーザーの好みを反映させた内容の持ち主であることも、良くも悪くも認めざるを得ない。

今回紹介するダンロップの新タイヤは、ずばりそうした“ドメスティックな売れ筋モデル”をターゲットとした、日本市場専売の商品。「より安全・快適が続く ミニバン専用は“ふんばり力”で選ぶ」というキャッチコピーを掲げ、2019年6月1日に販売開始となるエナセーブRV505だ。

車種別・用途別にさまざまなタイヤを取りそろえるダンロップの商品群において、「エナセーブ」という名称が与えられるのは、主に転がり抵抗の小ささに照準を合わせた、いわゆる“エコタイヤ”。販売のボリュームゾーンを占めるそんなエナセーブのラインナップには、ミニバンをターゲットとしたタイヤもすでに存在している。2015年に発売された「RV504」がそれだ。

商品名からも推測できるように、今回のRV505は4年前にデビューしたRV504の後継となるモデル。「現在でもミニバンが苦手とする“ふらつき”感をさらに抑制するのが、新タイヤの大きな狙いだった」と開発陣はアピールしている。

あなたにおすすめの記事
新着記事