第32回:三菱デリカD:5(後編)

2019.05.08 カーデザイナー明照寺彰の直言
三菱デリカD:5
三菱デリカD:5拡大

「どうしても“ちぐはぐさ”が気になる」という明照寺彰と、「これぞ新しい“オラオラ系”だ!」と語る永福ランプの意見が衝突! 衝撃的なマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」のデザインが、連載史上最大の論争を巻き起こす。

マイナーチェンジ後の「デリカD:5」のフロントマスク。灯火類もグリルもバンパーも、直線基調のカクカクとしたデザインをしている。(写真=荒川正幸)
マイナーチェンジ後の「デリカD:5」のフロントマスク。灯火類もグリルもバンパーも、直線基調のカクカクとしたデザインをしている。(写真=荒川正幸)拡大
前後フェンダーパネルやドアパネルの面質、Aピラーとルーフラインをつなぐ一筆書きの曲線、ガラスエリア後端の角の処理、わずかに傾斜したリアエンドなどに注目。「デリカD:5」のサイドビューは、要所要所で丸みを帯びた柔らかいデザインとなっているのだ。(写真=荒川正幸)
前後フェンダーパネルやドアパネルの面質、Aピラーとルーフラインをつなぐ一筆書きの曲線、ガラスエリア後端の角の処理、わずかに傾斜したリアエンドなどに注目。「デリカD:5」のサイドビューは、要所要所で丸みを帯びた柔らかいデザインとなっているのだ。(写真=荒川正幸)拡大
2007年に登場した「デリカD:5」は、初代「アウトランダー」(2005年)や「ギャランフォルティス」(2007年)、2代目「eK」シリーズ(2006年)、「トッポ」(2008年)などと“同世代”にあたる。
2007年に登場した「デリカD:5」は、初代「アウトランダー」(2005年)や「ギャランフォルティス」(2007年)、2代目「eK」シリーズ(2006年)、「トッポ」(2008年)などと“同世代”にあたる。拡大

フロントマスクとボディーにみる違和感

明照寺彰(以下、明照寺):デリカD:5の新しい顔は、面質も線質もちょっと硬いんですよ。他のところと比べて。要は、定規で描いたような線質じゃないですか。

永福ランプ(以下、永福):顔はまさに定規で描いたような直線がほとんどですね。

明照寺:それに対して他の部分……つまり、ほぼ従来モデルのままのボディーなどは、断面なども含めて、もう少し柔らかくて丸みがあります。“カーライク”なんです。

ほった:“カーライク”というのは、乗用車的という意味ですね。

明照寺:こういうバランスの問題は、マイナーチェンジで顔まわりを変えるとき、常に頭痛の種になるんです。デリカの場合、デザイナーとして言わせてもらえば、顔と他の部分とで「ちぐはぐだな」と感じるわけです。

永福:うーん。

ほった:確かにそうですね。まぁ、冷静に考えたらデリカD:5が登場したのって2007年ですもんね。2007年デビューっていったら、初代「アウトランダー」や「ギャランフォルティス」「トッポ」、独自開発時代の「eK」シリーズなんかと同世代なわけですから。デザイン的にも今とは世代が違うわけで、そこに最新の「ダイナミックシールド」をはめ込むんだから、そりゃあムリが出ますよねぇ……。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 三菱デリカD:5プロトタイプ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.17 試乗記 目にした人が衝撃を受けるほどの大規模なフェイスリフトで、一躍“時のクルマ”となっている「三菱デリカD:5」。まさにつかみはOKという状況だが、肝心の中身の進化はどうなのか!? オンロードとラフロードで、その出来栄えを確かめた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT) 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • BMW X7 xDrive35dデザインピュアエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.1.29 試乗記 大仰な“キドニーグリル”に象徴される華美な装飾に目が行きがちだが、「BMW X7」の本質は単なるおしゃれ系SUVではない。広々としたキャビンとBMWならではの軽快な走りを両立したこの超大型SUVは、人も荷物も詰め込んで使い倒したくなる魅力にあふれていた。
  • 三菱が「デリカD:5」を一部改良 主要グレードで電動サイドステップが標準に 2019.11.21 自動車ニュース 三菱自動車は2019年11月21日、ミニバン「デリカD:5」を一部改良し、販売を開始した。今回は機能装備の強化に加えて、グレード体系の見直しを図っている。
ホームへ戻る