第48回:進化し続けるワイパー
間断のない革新と改善の歴史

2019.05.02 自動車ヒストリー 悪天候の下でのドライブにおいて、必須の装備といえるワイパー。ウィンドウから雨や雪を除去するこの装備は、どのようにして誕生し、今日に至っているのか? 間断のない進化の歴史を、数々のエピソードとともに振り返る。

間欠ワイパーをめぐる特許訴訟

2008年に公開された映画『幸せのきずな』は、市井の発明家が巨大な自動車メーカーと裁判で戦う話だった。主人公は間欠ワイパーを発明したロバート・カーンズ。実話に基づいた作品である。

雨の日に「フォード・ギャラクシー」を運転していた彼は、ワイパーの動きに不満を覚えた。霧雨の中でも動かさなければ雨粒で前が見えなくなってしまうが、常時動いていると滑りが悪くなってブレードがきしむのだ。大学で工学教授をしていたカーンズは、ワイパーの動きを一時的に止める装置の研究を始める。抵抗やコンデンサーを組み合わせてスイッチのオン/オフを制御するシステムを考案し、1964年に特許を出願した。

当時は、自動車メーカーもワイパーの改良が必要なことを認識して間欠ワイパーを開発していたが、成功に至ってはいなかった。カーンズの発明に興味を示したのはフォードである。彼は事業化に向けて準備を進めたが、安全性の確認に必要だと言われて試作品を渡すと、しばらくしてフォードから交渉の打ち切りを告げられた。

1969年になると、フォードは「マスタング」に間欠ワイパーを装着し、新たな快適装備としてアピールした。カーンズは抗議したが受け入れられず、精神に変調をきたして妻と離婚することにもなる。1978年にフォードに対して訴訟を起こしたが、相手の繰り出す巧みな法廷戦術により、審議はなかなか始まらなかった。1990年になってようやく裁判が行われると、陪審員はフォードがカーンズの特許を侵害していると判断。フォードは1億ドル以上の和解金を支払うことになった。

ワイパーという技術は、誕生した時から特許をめぐる物語に彩られていた。その歴史は、20世紀になってすぐ、アメリカのアラバマ州バーミンガムで牧場と不動産業を営んでいた女性が、ニューヨークを訪れたことで幕を開ける。

幸せのきずな [DVD]
幸せのきずな [DVD]拡大
間欠ワイパーとは、文字通り一定の間隔を開けて間欠的に作動するワイパー(あるいはその機能が付いたワイパー)のこと。それまでのワイパーは、一定の作動速度で連続的に動かすことしかできず、小雨などの状態ではせわしない上にかえって視界を悪化させるという問題があった。現在の間欠ワイパーでは、間欠時間の長さを調整することも可能となっている。
間欠ワイパーとは、文字通り一定の間隔を開けて間欠的に作動するワイパー(あるいはその機能が付いたワイパー)のこと。それまでのワイパーは、一定の作動速度で連続的に動かすことしかできず、小雨などの状態ではせわしない上にかえって視界を悪化させるという問題があった。現在の間欠ワイパーでは、間欠時間の長さを調整することも可能となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事