第571回:スイッチの押し心地も“新世代”に!?
「マツダ3」に込められたマニアックすぎるこだわり

2019.05.25 エディターから一言
マツダ・マツダ3
マツダ・マツダ3拡大

いよいよ国内販売が始まった「マツダ3」。マツダの将来を占う新世代商品群のファーストモデルに込められた数々のこだわりポイントを、開発陣直々のレクチャーで学んだ。

従来、国内では「アクセラ」として販売されていたが、新型ではグローバルと同じ「マツダ3」という車名に改められた。
従来、国内では「アクセラ」として販売されていたが、新型ではグローバルと同じ「マツダ3」という車名に改められた。拡大
新型ではステアリングの前後調整幅がそれぞれ10mm拡大されており、より自然なドライビングポジションを取れるようになっている。
新型ではステアリングの前後調整幅がそれぞれ10mm拡大されており、より自然なドライビングポジションを取れるようになっている。拡大
ボディーとシャシーには新世代の車両構造技術「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」を採用。人間の感覚にフィットした乗り心地と操縦安定性を追求したという。
ボディーとシャシーには新世代の車両構造技術「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」を採用。人間の感覚にフィットした乗り心地と操縦安定性を追求したという。拡大

スカイアクティブテクノロジーが第2世代に

ちょうど1年前、「アテンザ」マイナーチェンジの取材会があった。試乗はできず、クルマは写真を撮るだけ。その代わりに商品概要説明とプレゼンテーションが用意されていて、詳細な説明を受けた。「デザイン」「クラフツマンシップ」「人馬一体」という3つのテーマでみっちりと講義を受けたのだ。学生気分に戻ったのはいいが、勉強疲れでヘトヘトになったのを覚えている。

今回はマツダ3の取材とだけ聞かされて富士の裾野まで出掛けていくと、受付で手渡された紙には合計80分に及ぶ講義のスケジュールが示されている。さらに、レジュメのような冊子が5種類。やはり、取材会というより勉強会なのだ。寝不足気味だったが、気合を入れ直して先生方の話を聞かねばなるまい。

マツダ3には、第2世代の「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」が全面的に採用されている。これまで少しずつ取り入れられていた技術的進化が、フルモデルチェンジを機にトータルで投入されることになったわけだ。現在のマツダは、「魂動デザイン」とスカイアクティブが二枚看板だ。デザインは見ればわかるが、技術に関してはしっかり説明しないと伝わらない。「G-ベクタリングコントロール」とか「SPCCI」とかいった用語を聞いてすぐに理解できる人は少数派だ。ユーザーに届けるために、まずはメディアの人間を教育しようという戦略なのだろう。

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • 「YOKOHAMA ADVAN dB V552」の“極”静粛性を体感する 2021.3.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> ヨコハマタイヤのフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」において、最高のコンフォート性能を誇るプレミアムタイヤ「dB V552」。その静粛性と走りの安定性には、誰もが大いに感銘を受けることだろう。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • ホンダN-ONEオリジナル(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.6 試乗記 往年の名車「N360」に込められたスピリットを受け継ぐ、ホンダの軽「N-ONE」。その新型に試乗した筆者は、これまで軽乗用車に抱いてきたイメージを覆すほどの、モノとしての完成度の高さに驚かされたのだった。
ホームへ戻る