第51回:時代を駆けぬけるBMW
苦闘から歓びへ

2019.06.13 自動車ヒストリー 「駆けぬける歓び」をスローガンとして掲げ、Cセグメントのコンパクトカーであろうと大型のSUVであろうと、常に“走り”の楽しいクルマを提供し続けるBMW。彼らのこの理念はいかにして生まれたのか? 苦闘に満ちたその歴史を振り返る。

航空機製造からオートバイへ

「駆けぬける歓び」は、自動車メーカーのスローガンとして最も有名なものだろう。BMWが常にドライビングプレジャーを追求していることを簡潔なフレーズで主張する。しかし、1952年に発売された「501」は、今日の理念とは趣を異にするモデルだった。大型で立派なボディーを持つが、戦前型を苦心して作り変えた1971ccの直列6気筒エンジンの出力はわずか65馬力。走りは鈍重で、ユーザーからの評価は芳しくなかった。スポーティーなイメージは、その後の長い苦闘の時代を経て確立したものなのだ。

BMWの誕生は1916年とされている。母体となったのは、航空機産業に従事する2つの会社だ。そのひとつ、1913年創業のラップ・モトーレン・ヴェルケは、バイエルン州のミュンヘン郊外に工場を築き、エンジン製造を始める。その近くには1911年に設立されたグスタフ・オットー・フルークマシーネン・ファブリークという会社があった。社名にあるグスタフ・オットーとは、4ストロークエンジンの発明者ニコラウス・アウグスト・オットーの息子。彼が航空機の機体を製造する会社を立ち上げたのだ。ラップ社は早速オットー社にエンジンを供給し始める。

やがて、1916年3月7日にオットー社はバイエリッシェ・フルークツォイク・ヴェルケ(バイエルン航空機製造)に社名を変更。翌年の7月25日には、ラップ社もバイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ(バイエルン発動機製造)に社名を変更した。

協力関係を深めていった両社は、やがて統合への道を歩むこととなる。ドイツの南部に位置するバイエルンは、謹厳な気質の北部とは異なる開放的で陽気な精神を持つといわれる。この地で誕生したことが、BMWのクルマづくりを基礎づけた。

1914年に第1次世界大戦が始まり、航空機の需要が急増する。BMWの技術力は高く評価され、業績は拡大していった。経営は順調だったが、1918年にドイツは敗戦。ヴェルサイユ条約によって軍用航空機エンジンの製造は禁止され、会社存続のために鉄道用のブレーキ製造を引き受けて急場をしのぐしかなかった。苦境の中でもエンジンの開発は続けられ、オートバイ用の500cc水平対向2気筒エンジンがヒット商品となる。イギリスのビクトリアなどに採用され、BMWの財政状況は好転していく。1923年には独自モデルの「R32」を発売し、高評価でベストセラーとなった。

航空機産業に携わる2社を母体とするBMW。その生い立ちは複雑だが、メーカー自身はオットー社がバイエリッシェ・フルークツォイク・ヴェルケ(BFW)に改称した1916年3月7日を創立の日としている。なお、公の文書で今日のメーカー名に通じるバイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ(BMW)という名称が初めて記録されたのは、ラップ社がその名に社名変更した1917年7月23日のことだ。
航空機産業に携わる2社を母体とするBMW。その生い立ちは複雑だが、メーカー自身はオットー社がバイエリッシェ・フルークツォイク・ヴェルケ(BFW)に改称した1916年3月7日を創立の日としている。なお、公の文書で今日のメーカー名に通じるバイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ(BMW)という名称が初めて記録されたのは、ラップ社がその名に社名変更した1917年7月23日のことだ。拡大
当初、BMWは主に航空機用エンジンを手がけていた。写真は500基目の「IIIa」エンジンの製造を記念した様子。(1919年)
当初、BMWは主に航空機用エンジンを手がけていた。写真は500基目の「IIIa」エンジンの製造を記念した様子。(1919年)拡大
1913年当時のオットー社の工場の様子。この後、1914年に第1時世界大戦がぼっ発。オットー社とラップ社は急成長を遂げるが、1918年の敗戦で窮地に陥った。
1913年当時のオットー社の工場の様子。この後、1914年に第1時世界大戦がぼっ発。オットー社とラップ社は急成長を遂げるが、1918年の敗戦で窮地に陥った。拡大
1923年に登場したBMWの二輪モデル「R32」。水平対向2気筒エンジンを搭載し、動力をドライブシャフトで後輪に伝えるという、今日のモデルにも受け継がれる特徴をすでに備えていた。
1923年に登場したBMWの二輪モデル「R32」。水平対向2気筒エンジンを搭載し、動力をドライブシャフトで後輪に伝えるという、今日のモデルにも受け継がれる特徴をすでに備えていた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事