クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BEST BUY 2019 カーナビ | カロッツェリア 楽ナビ AVIC-RL910/AVIC-RW910/AVIC-RZ910

チャンスを逃すな 2019.07.01 Gear Up! 2019 Summer

約5年ぶりの大々的モデルチェンジ

半年前に9V型大画面楽ナビの発売をお伝えしたと思ったら、今年の夏は楽ナビの中核シリーズがモデルチェンジ。型番で言うと従来モデルの902から一気に910に飛ぶほどの大変革。902のベースモデルが2014年の09だから、世代を改めるほどの大きな変更ということである。

新しい楽ナビにはメイン機種である910シリーズのほかにベーシックモデルの710シリーズもあり、それぞれに8V型(RL)、200mmワイド筐体(きょうたい)の7V型(RW)、通常の2DINサイズの7V型(RZ)がそろう。これら6モデルは画面サイズや操作ボタンのほかは地図更新サービスがどれだけ手厚いかといった違いしかなく、ハードウエアや機能面の差異はない。なお、2018年秋登場の9V型モデルは引き続きカタログに残る。

地図はこれまでの楽ナビとはまったく異なる新しいもの。明るい色合いになっただけでなく、細部もリファインされている。例えば新宿新都心の碁盤の目の道路。ここは一部立体構造になっていて、これまでの2D地図ではどこが立体交差なのかわかりにくかったが、新型楽ナビでは立体の箇所もそれらしく描画。これも高画質だからこそ表現できたと言っていいだろう。
地図はこれまでの楽ナビとはまったく異なる新しいもの。明るい色合いになっただけでなく、細部もリファインされている。例えば新宿新都心の碁盤の目の道路。ここは一部立体構造になっていて、これまでの2D地図ではどこが立体交差なのかわかりにくかったが、新型楽ナビでは立体の箇所もそれらしく描画。これも高画質だからこそ表現できたと言っていいだろう。拡大

自信にあふれた高画質

そのハード面で、新型楽ナビが最も大きく変わったのがディスプレイ部分。液晶パネルがこれまでのVGAに代わって全6モデルそろってHDパネルを採用することになった。HDパネルとはVGAに対して2.4倍の高解像度(276万4800画素)を持つ高精細パネルで、ピクセル数で言えばWXGAをも凌駕(りょうが)する。もちろん目的は高画質表示なのだが、パネル素材だけでなく、その能力を引き出す周辺技術こそが高画質を実現するのに欠かせない。HD用に新たに描き直された地図やメニュー画面もそのひとつ。新型楽ナビではさまざまな高画質技術を投入、それらの相乗効果で極めて高精細な画質が実現できたというわけである。

発表資料には、高コントラスト、映像伝送経路のフルデジタル化、1677万色の色階調表現(従来比約70倍)対応などという難しい技術用語が所狭しと並び、さらに「カロッツェリア史上最高画質」という言葉まで登場すると、つまりはサイバーナビ以上の高画質を暗に思わせるが、それだけ自信にあふれた高精細画質なのだろう。この高画質HDパネル、他社ではまだ採用が少ないうえに上級機でしか扱われておらず、それが楽ナビでは最廉価のAVIC-RZ710(予想される実勢価格:7万5000円前後)にも搭載されるというのはちょっとした驚きである。

ルート探索時に出る交差点案内拡大図。現実の風景に限りなく近い3Dの立体画像に目を奪われがちだが、注目してほしいのは画面上部やや下の車線案内。右折2車線のうち左側の車線(白抜き矢印)を推奨で案内しているのは、次の交差点が左折なのでこの車線を走ったほうが安全ということを表している。このように細かい部分まで親切に案内するのがカロッツェリア・ナビの美点だ。
ルート探索時に出る交差点案内拡大図。現実の風景に限りなく近い3Dの立体画像に目を奪われがちだが、注目してほしいのは画面上部やや下の車線案内。右折2車線のうち左側の車線(白抜き矢印)を推奨で案内しているのは、次の交差点が左折なのでこの車線を走ったほうが安全ということを表している。このように細かい部分まで親切に案内するのがカロッツェリア・ナビの美点だ。拡大
いまやナビでも一般的となった、いわゆる“スマホ操作”は正直、カロッツェリアはあまり得意でなかった。しかし新しい楽ナビでは格段に改善された。
いまやナビでも一般的となった、いわゆる“スマホ操作”は正直、カロッツェリアはあまり得意でなかった。しかし新しい楽ナビでは格段に改善された。拡大
楽ナビのもうひとつの特徴は新しいインターフェイス。これはおすすめモードと呼ばれるもので、1画面にAV、ナビ機能を表示。AV機能は上下にフリックしてソースが選べ、ナビはよく使う3つの機能を配置して利用できる。
楽ナビのもうひとつの特徴は新しいインターフェイス。これはおすすめモードと呼ばれるもので、1画面にAV、ナビ機能を表示。AV機能は上下にフリックしてソースが選べ、ナビはよく使う3つの機能を配置して利用できる。拡大

磨きのかかった使いやすさ

楽ナビといえば1998年の初代登場時から、女性ユーザーやファミリーユースを強く意識して使いやすさを前面に押し出してきた。いっぽうハード面では当初はコスト優先だったものがHDD搭載の2DIN機投入の頃から高度な技術を惜しみなく投入し、上級機に迫るほどのスペックを有するまでになった。しかし楽ナビ伝統の開発ポリシーは今回の新型でも変わることはなかった。伝統の使いやすさは堅持、いやさらに掘り下げられたのである。

その象徴がHOMEメニューに代表される新しいインターフェイスの採用だ。ナビ中央のHOMEボタンを押すと最初に現れるのがHOMEメニューで、これは設定で2種類から選ぶことができる。ひとつがおすすめモード。左側をAVメニュー、右側をナビメニューのエリアとし、AV機能は上下にフリックしてソースが選べ、ナビ機能はよく使う3つが配置できる。画面中央には音楽再生中であればアルバム画像が表示されるグラフィカルなデザインで見栄えもよく、楽しく操作することができる。あらかじめ選んだ3つの各項目は簡単にいつでも変えることができる。

もうひとつがカンタンモード。こちらは4つのマス目に、オーディオのソース選択、ナビの目的地設定、電話をかける、といった現代ナビの3大機能が大きな文字で配置される。それだけなら普通だが、残るひとつのコマこそが興味深い。それは「わからない事を調べる」というもの。ナビを使用中に、あの機能はどう呼び出したらよいのか、あるいはどのように使うのか、といったように使い方がわからなくなるのはよくあること。この悩みを解消するお助けボタンをここに配置した。わざわざ取説を引っ張り出すのは面倒、そんなあなたにきっと重宝するだろう。利用法も独特だ。キーにタッチするとなんと2次元バーコードが現れ、スマホで読み取ると即座に使い方ガイドが表示されるという仕組み。運転中なら同乗者に読んでもらえばいいし、まさに初心者ユーザーの目線に立った親切設計といえまいか。

社会問題と言ってもいい逆走が引き起こす重大な事故。これを未然に防止すべく楽ナビでは高速道路、有料道路の入り口に進入する際、およびSA、PAを出発する際に画面表示と音声で逆走しないよう注意喚起をしてくれる。
社会問題と言ってもいい逆走が引き起こす重大な事故。これを未然に防止すべく楽ナビでは高速道路、有料道路の入り口に進入する際、およびSA、PAを出発する際に画面表示と音声で逆走しないよう注意喚起をしてくれる。拡大
高精細画面の恩恵は地図以外にもあり、テレビなどの映像をHD解像度の高画質で見ることができる。楽ナビはHDMI入力端子も装備しているからポータブル・ブルーレイ・プレーヤーをお持ちならブルーレイの映像ソフトなどをクルマに持ち込み、車内で高画質映像を楽しむことができる。
高精細画面の恩恵は地図以外にもあり、テレビなどの映像をHD解像度の高画質で見ることができる。楽ナビはHDMI入力端子も装備しているからポータブル・ブルーレイ・プレーヤーをお持ちならブルーレイの映像ソフトなどをクルマに持ち込み、車内で高画質映像を楽しむことができる。拡大
こちらはカンタンモードのHOMEメニュー。フリックやドラッグなどの操作が嫌いという人にはこちらがおすすめ。昔ながらのボタンタッチ式だが階層が深くないので簡単に目的の機能にたどり着ける。右下のメニュー項目はナビに慣れていない人にうれしい配慮。
こちらはカンタンモードのHOMEメニュー。フリックやドラッグなどの操作が嫌いという人にはこちらがおすすめ。昔ながらのボタンタッチ式だが階層が深くないので簡単に目的の機能にたどり着ける。右下のメニュー項目はナビに慣れていない人にうれしい配慮。拡大

明るく読みやすくなった新しい地図

初心者とともに高齢者にとっても重要度が高いのが見やすい地図表示である。前述した高画質パネルによる高輝度コントラストの描写や、やさしい色使いも見やすさの重要ポイントだが、新型楽ナビでは交差点や施設名称の文字がカンタンモード設定時か文字拡大表示設定時に大きく表示されるのでありがたい。運転中に目安となる地名が即座にわかるということは安全運転にもつながるからだ。地図自体も久々に進化した。これまで少々暗めだった地図描写が明るく鮮やかな色使いに変更されるとともに、各種ロゴマーク、信号機マークなどもデザインを一新、より親しみやすい地図になったのである。

地図といえば更新のことにも触れておかないといけない。新型楽ナビには地図の最新データバージョンアップ(年2回配信)が付属するが、910系が最大3年分、710系が最大1年分となる。常に地図を新しくしておくことは正しい道案内を受ける際にも、渋滞情報を得る際にも必要な条件で、できるだけ長い期間無料更新を受けておきたいもの。910系の購入者にはさらに特典がある。2019年9月30日までに購入すればさらに1年分の地図更新が追加されるという延長キャンペーンだ。最大4年分の無料地図更新はなかなかないサービス。購入するなら早いほうがお得だ。

7V型よりひと回り大画面を持つのが8V型のAVICRL910。大画面だからHDパネルの高精細度がひときわ実感できる。画面サイズが大きいから、メニューを経ずともダイレクトに機能を呼び出せる便利な切り替えキーへのタッチも容易だ。10オープン価格(メーカー想定税別価格:RL910=11万5000円前後、RW910=9万5000円前後、RZ910=9万5000円前後)
7V型よりひと回り大画面を持つのが8V型のAVICRL910。大画面だからHDパネルの高精細度がひときわ実感できる。画面サイズが大きいから、メニューを経ずともダイレクトに機能を呼び出せる便利な切り替えキーへのタッチも容易だ。10オープン価格(メーカー想定税別価格:RL910=11万5000円前後、RW910=9万5000円前後、RZ910=9万5000円前後)拡大
BEST BUY 2019 カーナビ | パナソニック ゴリラ CN-G1300VD/CN-G730D/CN-G530D BEST BUY 2019 カーナビ | パナソニック ゴリラ CN-G1300VD/CN-G730D/CN-G530D
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。