第52回:沸騰する中国市場
世界経済を左右するインパクト

2019.06.28 自動車ヒストリー いまや、他の追随を許さない世界最大の自動車市場となった中国。施策によって環境が大きく変わることもあり、その動静は常に業界の注目を集めている。短期間のうちに急成長を遂げ、世界中に影響を与える存在となった超巨大マーケットの歴史を振り返る。

20年間で販売台数が約15倍に

中国における2018年の新車販売台数は、前年比2.8%減の2808万0600台だった。前年実績を下回ったのは28年ぶりのことで、販売の急減速は深刻なニュースとして業界に受け止められた。中国の自動車市場が耳目を集めるのは、それが世界最大の規模を誇るからだ。減ったとはいえ2800万台を超えているのだから、その数はアメリカの約1730万台、日本の約530万台を合わせたより大きい。中国の自動車販売の増減は、世界中の自動車メーカー、そして世界経済全体に大きな影響を与えるのだ。

歴史的転換点となったのは、2009年だ。2003年に中国は自動車販売台数でドイツを抜いて3位に、2006年には日本を抜いて2位になっていた。2009年には前年比で46%アップという飛躍的な成長を遂げ、1364万台でついに世界一に。台数にして426万台の増加であり、同年の日本市場に匹敵する数字が積み増された形である。

一方、アメリカは過去27年で最低となる1042万台にとどまり、はっきりと明暗が分かれた。この年、中国は生産台数でもナンバーワンとなっており、生産・販売の両面でトップに躍り出たわけだ。1999年には中国の自動車販売台数は、わずか187万台だった。20年の間に、市場は15倍に膨れ上がったことになる。

富裕層の増加により、ロールス・ロイスやベントレーなどの超高級車も好調に販売を伸ばしている。どの自動車メーカーも中国市場の動向を無視することは不可能なのだ。特に21世紀に入ってからの成長ぶりはすさまじく、瞬く間に世界最大の自動車市場に上り詰めたのである。

北京市内のビュイックのショールーム。2800万台という規模を誇る中国市場では、独、日、米、そして吉利汽車や長安汽車といった地元の自動車メーカーが、シェア争いを繰り広げている。
北京市内のビュイックのショールーム。2800万台という規模を誇る中国市場では、独、日、米、そして吉利汽車や長安汽車といった地元の自動車メーカーが、シェア争いを繰り広げている。拡大
上海・安亭鎮に位置する上海フォルクスワーゲンの工場の様子。2009年、中国はアメリカを抜いて世界最大の自動車市場になるとともに、世界一の自動車生産国となった。
上海・安亭鎮に位置する上海フォルクスワーゲンの工場の様子。2009年、中国はアメリカを抜いて世界最大の自動車市場になるとともに、世界一の自動車生産国となった。拡大
2019年の上海モーターショーにおける、ロールス・ロイスのプレスカンファレンスの様子。世界的な超高級車ブランドにとって、富裕層の多い中国市場は大きな存在となっている。
2019年の上海モーターショーにおける、ロールス・ロイスのプレスカンファレンスの様子。世界的な超高級車ブランドにとって、富裕層の多い中国市場は大きな存在となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事