第198回:父の不在が母を暴走させる――崩壊する家族の物語
『ワイルドライフ』

2019.07.05 読んでますカー、観てますカー

ポール・ダノの初監督作品

なんと心引かれる顔合わせか。主演はジェイク・ギレンホールとキャリー・マリガン。そして、ポール・ダノの初監督作品である。期待するのは当然だが、『ワイルドライフ』は予想を上回る出来栄えだった。まずは、才能あふれる映画の作り手が現れたことを喜び、感謝したい。

この3人は、いずれも過去にこの連載で取り上げている。ギレンホールは、2015年の『ナイトクローラー』で心を持たない不気味なパパラッチを演じた。2005年の『ブロークバック・マウンテン』ではイケメンカウボーイだったのに、今の立ち位置は演技派性格俳優である。今作でも狂気を秘めたエキセントリックな男を怪演している。

キャリー・マリガンは、2012年の『ドライヴ』でライアン・ゴズリングの相手役を務めた。『17歳の肖像』『わたしを離さないで』に続いての薄幸な役である。『SHAME -シェイム-』では作品選びを間違ったが、『華麗なるギャツビー』では再び過酷な運命に泣く女性だった。彼女の悲しそうな笑顔にはこういう役が似合ってしまう。今回も、不幸な人妻だ。しかし、同時に強い女性でもある。

2012年の『ルビー・スパークス』でスランプの小説家を演じていたのがポール・ダノ。エリア・カザンの孫娘ゾーイ・カザンが恋人役だった。彼らは実生活でも交際していて、結婚はしていないようだが2018年に女児が誕生している。『ワイルドライフ』は2人の共同脚本。カザンはプロデュースも担当している。

(C)2018 WILDLIFE 2016,LLC.
(C)2018 WILDLIFE 2016,LLC.拡大
 
第198回:父の不在が母を暴走させる――崩壊する家族の物語『ワイルドライフ』の画像拡大
 
第198回:父の不在が母を暴走させる――崩壊する家族の物語『ワイルドライフ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事