第138回:検証! 失敗続きのタイヤ選び

2019.07.23 カーマニア人間国宝への道

プライマシー3をメルセデスで試す

3カ月ほど前、当連載の第131回で「失敗続きのタイヤ選び」という記事を書きました。愛車の「BMW 320d」(5年落ち)のタイヤを交換するにあたって、せっかくだから純正(ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット)とは別の銘柄にしてみようと、4本11万4000円にて「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」を購入したところ、信じられないほど腰砕けになり、真っすぐすら走ってくれなくなった……という話でした。

プライマシー3のランフラットは、BMWではなくメルセデス承認。私が買った225/50R17は、「Cクラス」に装着されているらしい。

BMWに履かせたらこんなにメロメロになっちゃったタイヤで、メルセデスは大丈夫なのか? 個人的には、私が買ったタイヤの個体だけが欠陥品なのではないかとすら感じたが、とにかくメルセデスだったらどうなのかを確かめなければ! と思い立ちました。

そこで、メルセデス・ベンツ日本広報様に調べていただいたところ、ミシュラン・プライマシー3ランフラットを装着している広報車が1台だけ存在しました! それはCクラスではなく、「E200カブリオレ」。当然サイズは違ったけれど、とにもかくにも同じ銘柄ということで、試乗させていただくことになりました。

んでもって、メルセデス・ベンツ様で広報車を受け取る際、まずは広報担当様にお話をうかがいました。というのも、近年メルセデスは、脱ランフラットタイヤ化を進めているからです。

タイヤ交換前の「BMW 320d」には「ブリヂストン・ポテンザS001」のランフラットタイヤが装着されていた。(写真=池之平昌信)
タイヤ交換前の「BMW 320d」には「ブリヂストン・ポテンザS001」のランフラットタイヤが装着されていた。(写真=池之平昌信)拡大
「ミシュラン・プライマシー3」のランフラットタイヤ。
「ミシュラン・プライマシー3」のランフラットタイヤ。拡大
「MOE」のロゴはメルセデス・ベンツ承認の証し。
「MOE」のロゴはメルセデス・ベンツ承認の証し。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事