第583回:レースと市販モデルの関係性とは?
アストンマーティンのワークスドライバーに聞いた

2019.08.10 エディターから一言

2019年8月3日~4日に富士スピードウェイで行われた、SUPER GT第5戦出場のためにアストンマーティンのワークスドライバー、ダレン・ターナー選手が英国より来日。アストンマーティンの市販モデルにはどんな魅力があるのか、レーシングマシンをよく知るプロの意見を聞いた。

スーパー耐久に続いての参戦

ダレン・ターナー選手のインタビュー会場となったのは、東京・北青山にあるアストンマーティンのブランドセンター「The House of Aston Martin Aoyama」。ここは、2017年11月にオープンしたアストンマーティンの情報発信基地で、本国イギリス以外では世界初の施設となる。最新モデルや同社の歴史、ブランドフィロソフィーなどアストンマーティンの世界観を紹介する場としても重要な拠点になっている。

今回の来日は、前述の通りSUPER GT 第5戦に出場するためだ。「2019 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 500mile RACE」が正式名称となる同レースは、シリーズ最長距離となる500マイル(約800km)を走る長丁場であるため、3人目のドライバー登録が認められている。GT300クラスを「アストンマーティン・ヴァンテージGT3」で戦うレーシングチーム「D'station Racing AMR」は、藤井誠暢選手、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手のレギュラー2人に加え、3人目のドライバーとしてアストンマーティンレーシングのワークスドライバー、ダレン・ターナー選手に白羽の矢を立てたというわけだ。

──レースへの抱負をお聞かせください。

ダレン・ターナー選手(以下ターナー):SUPER GTへの参戦は初めてということもあり、とても楽しみにしています。ただ、同レースへの出場は初ですが、すでにD'station Racing AMRとはピレリ・スーパー耐久シリーズで鈴鹿(サーキット)と(スポーツランド)SUGOの2戦にドライバーとして参加していますので、まったく不安はありません。スーパー耐久の初戦となった鈴鹿戦では優勝、続くSUGO戦では3位という結果を残しています。

GTカテゴリーのレースは欧州でも非常に注目されています。特にSUPER GT では、GT500とGT300両カテゴリーの混走がエキサイティングだと思っています。しかもとてもレベルが高いので、参戦が楽しみです。

ダレン・ターナー:1974年4月13日に英国サリー州キャンベリーで生まれる。国籍はイギリス。イングランドのウォリックシャー州に在住。1990年代にメルセデスAMGでDTMを戦い、その後「フェラーリ550マラネロ」で耐久レースに出場するなど活躍した。マクラーレンF1チームのテストドライバーを長年務めた後、2004年からアストンマーティンのワークスドライバーとなる。現在はアストンマーティンのワークスチームやカスタマーチームでのレース活動を中心に、レーシングマシン開発などの業務も担当している。


	ダレン・ターナー:1974年4月13日に英国サリー州キャンベリーで生まれる。国籍はイギリス。イングランドのウォリックシャー州に在住。1990年代にメルセデスAMGでDTMを戦い、その後「フェラーリ550マラネロ」で耐久レースに出場するなど活躍した。マクラーレンF1チームのテストドライバーを長年務めた後、2004年からアストンマーティンのワークスドライバーとなる。現在はアストンマーティンのワークスチームやカスタマーチームでのレース活動を中心に、レーシングマシン開発などの業務も担当している。
	拡大
SUPER GT 第5戦を目前に控えた2019年8月1日、アストンマーティンのブランドセンターにてメディア向けグループインタビューに応じてくれた。
SUPER GT 第5戦を目前に控えた2019年8月1日、アストンマーティンのブランドセンターにてメディア向けグループインタビューに応じてくれた。拡大
「D'station Racing AMR」チームの「ヴァンテージGT3」。ダレン・ターナー選手は、ピレリ・スーパー耐久シリーズで、このマシンのステアリングを握り、鈴鹿戦では優勝、続くSUGO戦で3位という成績に貢献している。
「D'station Racing AMR」チームの「ヴァンテージGT3」。ダレン・ターナー選手は、ピレリ・スーパー耐久シリーズで、このマシンのステアリングを握り、鈴鹿戦では優勝、続くSUGO戦で3位という成績に貢献している。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • 第583回:レースと市販モデルの関係性とは?
    アストンマーティンのワークスドライバーに聞いた
    2019.8.10 エディターから一言 2019年8月3日~4日に富士スピードウェイで行われた、SUPER GT第5戦出場のためにアストンマーティンのワークスドライバー、ダレン・ターナー選手が英国より来日。アストンマーティンの市販モデルにはどんな魅力があるのか、レーシングマシンをよく知るプロの意見を聞いた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • 新型「日産GT-R」、内容が次第に明らかに 2007.9.27 自動車ニュース 日産自動車は、新型「GT-R」について、オフィシャルサイトを立ち上げるなど、情報の開示を始めた。
ホームへ戻る