クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第31回:タイヤ探し地獄篇

2019.08.18 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
静岡県・山中湖パノラマ台にて。普段は富士山目当てに人が詰め掛けている場所だが、平日&あいにくの天気ということもあり、この日はゆったりとできた。
静岡県・山中湖パノラマ台にて。普段は富士山目当てに人が詰め掛けている場所だが、平日&あいにくの天気ということもあり、この日はゆったりとできた。拡大

テンションプーリーの破損による立ち往生を乗り越え、再びフツーに走るようになったwebCGほったの「ダッジ・バイパー」。エアコンも直り、いよいよ本調子かと思われた矢先に浮上した次なる出費のタネとは? 東京・武蔵野在住の貧乏編集部員を、自業自得の苦悩が襲う。

7月は肺炎にかかり、本当に「薬漬け」の日々を送るはめに。その後体調は戻ったものの、ノドには咳(せき)ぐせが残ってしまった。うーん。やっかいなことに……。
7月は肺炎にかかり、本当に「薬漬け」の日々を送るはめに。その後体調は戻ったものの、ノドには咳(せき)ぐせが残ってしまった。うーん。やっかいなことに……。拡大
記者を熱中症にしかけた、“二輪界の「911 GT3 RS」”こと「BMW S1000RR」。ちなみに、ゼブラゾーンにバイクを止めているのは、警備員さんにここに誘導されたから(駐車場が封鎖されていたのだ)。マナー無視の行為ではないので、あしからず。
記者を熱中症にしかけた、“二輪界の「911 GT3 RS」”こと「BMW S1000RR」。ちなみに、ゼブラゾーンにバイクを止めているのは、警備員さんにここに誘導されたから(駐車場が封鎖されていたのだ)。マナー無視の行為ではないので、あしからず。拡大
記者の相方をピカピカにしてくれた“さるバイパー乗りの御仁”。……モーニングクルーズでヘッドランプを磨いてくれたS氏といい、記者のバイパーは、記者以上に同志たちに大事にされている気がする。反省である。
記者の相方をピカピカにしてくれた“さるバイパー乗りの御仁”。……モーニングクルーズでヘッドランプを磨いてくれたS氏といい、記者のバイパーは、記者以上に同志たちに大事にされている気がする。反省である。拡大
どうしてもラージリークが直らなかったエアコンについては、最後の手段であるシール剤を注入。ひとまずガス漏れは解消した。このまま、何事もなければいいんだけど……。
どうしてもラージリークが直らなかったエアコンについては、最後の手段であるシール剤を注入。ひとまずガス漏れは解消した。このまま、何事もなければいいんだけど……。拡大

健康になっても惰眠をむさぼるわがバイパー

いつの間にやら元号が変わり、令和最初の(この言い回し、便利すぎる)お盆も過ぎた今日この頃、読者諸兄姉の皆さまはいかがお過ごしだろうか。当方は梅雨→夏にかけての天気のひょう変、気温の乱高下にすっかりグロッキー。熱帯化が進む日本列島は、ワタクシの勤労意欲をそぐのに余念がない。

それだけなら毎年のことだが、今年はそれだけじゃ済まなかった。7月には肺炎にかかって地獄を見、8月には炎天下のもとバイクロケを敢行し、灼熱(しゃくねつ)の東名高速で天に召されかけた。いやぁ、やるねぇBMWのスーパーバイクも。記者を熱中症にさせるのは、ウチのバイパーだけだと思っていたよ。

さてさて、今春ついに公衆の面前で立ち往生するという失態をさらしたわがバイパーだが、その後どうなったかというと、ナニゴトもなかったかのように平常運航に戻った。謎のインジケーターが光るようなこともなく(センサー類が壊れている可能性については目をつむる)、オルタネーターの発電量は安定し、エンジンオイルが乳化している様子もない。それどころか、夏場における頭痛の……というか熱中症の種だった、冷房の不調もついに解消。今、きやつは過去最高に絶好調と評していい状態にある。

さるバイパー乗りの御仁が厚意で磨いてくれたこともあり、ボディーのくすみもすっかりピカピカ。クルマから降りて眺めてるだけでもキモチイイ。ならばさぞ頻繁にドライブに出掛け、オドの数字が伸びてしょうがないことだろうと思われるやもしれぬが、実際にはそんなことはなかった。せっかく完調に近い状態にまで復帰したバイパーだが、ここしばらくは、駐車場でブレーキローターをサビるに任せる日々を送っていた。

ダッジ の中古車

リアタイヤがツルツルのすってんてんに

なぜ外出を避けていたかというと、理由は簡単で、日本列島が雨の季節に入ったからだ。以前も触れた通り、わが相方は雨にさらすとすぐ車内に水を溜(た)めたがるのだ。そしてもうひとつ、実はきやつ、リアタイヤがすってんてんだったのである。

いやホント、雨の日に溝なしタイヤのバイパーに乗るとスゴいゾ。交差点でとっちらかる? 想定の範囲内である。正解は、前に進まねんだよ。普段通りにアクセル踏むと。

そんなわけで、装着から2年にしてツルツルになり果てた「トーヨー・プロクセスR888R」。こう書くと、読者諸兄姉の中には「ほいじゃR888Rの寿命はアバウト2年なのか」とソロバンをはじく方もおられるやもしれぬが、さすがにそんなことはない。その証拠にフロントタイヤはまだまだ健勝、ミゾもご健在だ。

だったら何故にリアタイヤばかり摩耗したのか。まぁ「バイパーがそういうクルマだから」ということもあるのだろうが、ほかにも理由がある。というか心当たりがある。過日のAUTO-Xで、調子に乗ってドリフトの練習とかしてしまったのだ。ちなみに、散々クルマをぶん回したあげくに一度としてテールスライドを御すことはできず、三半規管がナイーブな記者はキモチが悪くなり、あげくの果てにパワステポンプがぴゅーぴゅーオイルを噴き、記者はドリフトに挫折した。もう知らん。二度とやらん。その後もジムカーナで散々リアタイヤを酷使し、幅345のR888Rは哀れ自家製スリック(に近い姿)となり果てたのだ。

■webCGほったの貧相な走りとタイヤの恨み節

動画提供:よっし~さま

 

今春のAUTO-Xは、富士スピードウェイのジムカーナコースで行われた。……私事で恐縮だが、富士ってなぜか、行くとき毎回道に迷うんだよね。簡単な道筋のはずなのに。モノノケに化かされてる?
今春のAUTO-Xは、富士スピードウェイのジムカーナコースで行われた。……私事で恐縮だが、富士ってなぜか、行くとき毎回道に迷うんだよね。簡単な道筋のはずなのに。モノノケに化かされてる?拡大
豪快なテールスライドを見せるのは、前項でワタクシのバイパーを磨いてくれた、“さるバイパー乗りの御仁”である。
豪快なテールスライドを見せるのは、前項でワタクシのバイパーを磨いてくれた、“さるバイパー乗りの御仁”である。拡大
動画を提供してくれた、よっし~さんの2代目「バイパー」。エンジン、ドライブトレイン、足まわりと一通り手が加えられており、とにかく速いし、見た目もすばらしい。
動画を提供してくれた、よっし~さんの2代目「バイパー」。エンジン、ドライブトレイン、足まわりと一通り手が加えられており、とにかく速いし、見た目もすばらしい。拡大
こちらの赤と黒の鮮やかな2代目は「ACR」という特殊なグレード。詳しい人ならご存じだろうが、ニュルブルクリンク北コースでタイムを出すために用意された、特殊で貴重なモデルだ。
こちらの赤と黒の鮮やかな2代目は「ACR」という特殊なグレード。詳しい人ならご存じだろうが、ニュルブルクリンク北コースでタイムを出すために用意された、特殊で貴重なモデルだ。拡大
出走を待つ2台の初代「バイパー」。こうした走行会の主役はやっぱり初代&2代目だが、実は日本にも“最後のバイパー”こと3代目もぼちぼち生息しているとのこと。ぜひ走る姿を見せてほしい。
出走を待つ2台の初代「バイパー」。こうした走行会の主役はやっぱり初代&2代目だが、実は日本にも“最後のバイパー”こと3代目もぼちぼち生息しているとのこと。ぜひ走る姿を見せてほしい。拡大

タイヤ探しの苦悩再び

しかし困った。これは困った。選択肢は2つある。ひとつはフツーに4本全部交換する方法。もうひとつは変化球で、リアの2本だけを交換する方法だ。で、まぁそれぞれに問題というか悩ましい部分がある。前者はまだミゾのあるフロントの2本がもったいないし、それに何より金がかかる。冗談じゃなく、295/30R19&345/30R19サイズのタイヤって高いのだ。

一方後者の場合、前のタイヤがR888Rというのが問題だ。そもそもからして“あくまで自己責任”な前後異銘柄のタイヤ装着。前後のグリップに極端に差があったら、クルマがどう動くか分かったもんじゃない。「何を大げさな」という方は、前:トーヨー・プロクセスR888R/後ろ:ニットー・インヴォでキメたバイパーの、コーナーでの挙動を想像していただきたい。記者の腕前&反射神経だと、なんかあったら多分死ぬ。

そんなわけで、理想はリアもSタイヤとすることなんだけど、お察しの通り345/30R19サイズのSタイヤなんて、結局海外仕様のR888R(か前型の「R888」)しかないんだよねぇ。で、海外でしか売られていない345/30R19サイズのR888Rを装着しようとすると、やっぱりショップに頼んでお取り寄せしてもらうことになるのだ。タイミングが悪いと待たされることになるし、そもそも、また同じ銘柄のタイヤって芸がないじゃん。面白くないじゃん。連載的に。

というわけで、今回は前者、すなわち「ちょっともったいないけど、4本まとめて交換する」を、しぶしぶ検討することとした。そしてあらためて痛感することとなった。2年前より、確実に状況は悪化している。

哀れすっかりハゲ上がった「バイパー」のリアタイヤ。久々の走行会でハイになった記者の犠牲者である。
哀れすっかりハゲ上がった「バイパー」のリアタイヤ。久々の走行会でハイになった記者の犠牲者である。拡大
一方、フロントタイヤはこんな感じ。まだまだ溝がご健在である。これを交換するなんて言ったら、ワンガリ・マータイさんに「モッタイナイ」って怒られてしまうかもしれない。
一方、フロントタイヤはこんな感じ。まだまだ溝がご健在である。これを交換するなんて言ったら、ワンガリ・マータイさんに「モッタイナイ」って怒られてしまうかもしれない。拡大
新品時の「トーヨー・プロクセスR888R」。他のSタイヤと比べて、グリップ力や熱の入り具合は“そこそこ”だったけど(それでも記者にとっては、ブタに真珠、ネコに小判だったが)、普通に街乗りもできて、雨の日も使えるいいタイヤだった。普通に手に入るものだったら&当該連載のことを度外視できたなら、またこのタイヤに履き替えていたと思う。
新品時の「トーヨー・プロクセスR888R」。他のSタイヤと比べて、グリップ力や熱の入り具合は“そこそこ”だったけど(それでも記者にとっては、ブタに真珠、ネコに小判だったが)、普通に街乗りもできて、雨の日も使えるいいタイヤだった。普通に手に入るものだったら&当該連載のことを度外視できたなら、またこのタイヤに履き替えていたと思う。拡大

Miniなら10回タイヤが替えられる

このサイズだと国内主要3メーカーは枕を並べて撃沈。唯一の救いの神がトーヨーで……というのは過去にお話しした通りだ。自分でもその記事を見返すと、なるほど。当時はニットーとピレリとミシュランならタイヤがあったようである。しかし、この2年で当該サイズの「ニットー・インヴォ」は生産終了。ミシュランも、クラシックタイヤの取材時にいただいた最新カタログを見たところ、「パイロットスーパースポーツ」はすでにNG。サイズがあるのは「パイロットスポーツ カップ2」だけの様子だった。

しかし、パイロットスポーツ カップ2か。パイロットスポーツ カップ2かぁ~(嘆息)。これってポルシェや「メルセデスAMG GT」のエラいやつとか、フェラーリとかロータスとかが履いてるタイヤだよね。ミもフタもない言い方だけど、高そうだよな。ただでさえミシュランって“貴族のお召し物”ってイメージが強いのに……。などと悩んでいたところで価格が判明するわけでなし。しょうがないので、家の近所の某用品店に、電話で探りを入れてみる。

「こんにちは。ミシュランのパイロットスポーツ カップ2ってあります? サイズは前が295/30R19、後ろが345/30R19なんですけど」
「コミコミで40万円ですね」
「OK、この話はなかったことにしてくれ」

これは困った。マジで困った。40万円って、それもうタイヤの値段じゃねえよ。Miniが履いてたピレリの「ドラコ」は、ホ○ダスで1本8000円だったぞ? 意気消沈する記者を尻目に、編集部はジョン・トラボルタもかくやの大フィーバー。「すわバイパー売却か」と勝手に盛り上がり、人ごとなのに勝手にGoo-netでブツを物色する始末である。

おりしも世間ではミドシップ化された新型「シボレー・コルベット」が業界を騒然とさせていた時分。これが出た日にゃ中古車市場のC6もC7も値下がりするだろうとポンポコたぬきの皮算用。「ね、ね、これどう? C6の『グランスポーツ』なんだけど、バイパー下取りに出したら、今でも出費0円でいけんじゃね?」などと勝手にソロバンをはじいては、大いに沸いたのだった。それにしても、中古車の物件チェックってなんであんなに楽しいんでしょ? ネトゲなどよりよっぽどハイになるし、時間が消えると思うんだけど。

ミシュランの高性能スポーツタイヤ「パイロットスポーツ カップ2」。パイロットスポーツシリーズの中でも“サーキットに片足突っ込んじゃった系”の銘柄で、カタログにはしっかりと「雨の日はゆっくり走ってね」との注意書きが。うーん……。
ミシュランの高性能スポーツタイヤ「パイロットスポーツ カップ2」。パイロットスポーツシリーズの中でも“サーキットに片足突っ込んじゃった系”の銘柄で、カタログにはしっかりと「雨の日はゆっくり走ってね」との注意書きが。うーん……。拡大
ちなみに、この「パイロットスポーツ カップ2」、どういうクルマにOE装着されているかというと、こういうクルマにOE装着されているのである。……なんというか、ウチの「バイパー」に履かせるのは、ちょっと違う気がしません?
ちなみに、この「パイロットスポーツ カップ2」、どういうクルマにOE装着されているかというと、こういうクルマにOE装着されているのである。……なんというか、ウチの「バイパー」に履かせるのは、ちょっと違う気がしません?拡大
毎年、ビンボーな記者の肩にどっとのしかかる11万1000円の自動車税。結構な大金だが、今回のタイヤ交換代はこの3.6倍である。マジかよ。
毎年、ビンボーな記者の肩にどっとのしかかる11万1000円の自動車税。結構な大金だが、今回のタイヤ交換代はこの3.6倍である。マジかよ。拡大
富士スピードウェイの東ゲートにて記念撮影。編集部の同僚には申し訳ないが、今のところ、記者はこのクルマを売る気ゼロである。これ以上に荒唐無稽なクルマが出てきたら、考えてもいいですけどね。
富士スピードウェイの東ゲートにて記念撮影。編集部の同僚には申し訳ないが、今のところ、記者はこのクルマを売る気ゼロである。これ以上に荒唐無稽なクルマが出てきたら、考えてもいいですけどね。拡大

どうでもいいけど“C8”について語りたい

……余談ですが、記者は守旧派のコルベット好きだが、MRのC8については実は肯定的である。どうせ(?)成功するでしょうしね。

歴史や伝統を軽んじるつもりはないけど、実際に身銭を切る段になると、やっぱり人はシビアで本能的になるものよ。ハタで勝手に議論をぶってるうちはともかく。

C8がいかに過去を捨てていようと、実物がカッコよくってエモーショナルなら人は買う。そもそも、古いファンを裏切ってでも、スポーツカーには前に進まにゃならないときがあるのさ。FRのV10 OHVを守り続けたバイパーが、3世代25年にして“幕引き”となったことを思い出してほしい。

それにね、どうせ乗っちまったらC6、C7と同じで、アンチを一撃で黙らすくらいにイイ出来なのは分かってるのよ。ええ、乗らなくても分かるのよ。ワタクシくらいになると(←馬鹿)。だってさ、いったいドコのダレがC8を開発したと思ってんの? 御大タッジ・ジェクターだぜ? 四半世紀もコルベットを世話してきたあのオッサンが、その辺のツボを外すわけがないじゃないの。……ちょっと“走り好き”過ぎるケがあるのが心配だけど。

ええと、なんの話をしていたんだっけ? そうそう、コルベットの走りは世界一ィイイ!(荒木飛呂彦リスペクト) じゃなかった。バイパーのタイヤは高くてサイズが無いい(泣)という話だった。ウチの相方はアルミを替えているのだが、ノーマルサイズ(前:275/35R18、後ろ:335/30R18)でも十分に高いし無い。

とはいえ、今のままではアブないし、下手すりゃ整備不良の咎(とが)でお縄だ。思考と考察が一周し、「どっちにしろ替えなきゃならぬ」という原点に立ち返る。

40万円。40万円。確かに高いが、単発なら無理な出費ではないよね。

……近所のくるまやラーメンからの帰り道、記者の目に世にも恐ろしい光景(写真A)が飛び込んできたのは、そう自分に暗示をかけている最中のことだった。(つづく

(webCGほった)

2019年7月18日(現地時間)に発表された、“C8”こと8代目「シボレー・コルベット スティングレイ」。
2019年7月18日(現地時間)に発表された、“C8”こと8代目「シボレー・コルベット スティングレイ」。拡大
こちらは1990年に登場したシボレーのコンセプトカー「CERV III」。何を意図したコンセプトカーかは、皆さんお察しの通り。実はコルベットのMR化は過去に何度も計画されてきた、ある意味GMの“悲願”だったのですよ。……まさかそれが実現するとは、記者も思ってなかったけどね。
こちらは1990年に登場したシボレーのコンセプトカー「CERV III」。何を意図したコンセプトカーかは、皆さんお察しの通り。実はコルベットのMR化は過去に何度も計画されてきた、ある意味GMの“悲願”だったのですよ。……まさかそれが実現するとは、記者も思ってなかったけどね。拡大
エグゼクティブチーフエンジニアのタッジ・ジェクター氏。“C4”時代から「コルベット」の開発に携わってきた筋金入りのエンジニアで、言ってみれば現代版ゾーラ・アーカス・ダントフである。
エグゼクティブチーフエンジニアのタッジ・ジェクター氏。“C4”時代から「コルベット」の開発に携わってきた筋金入りのエンジニアで、言ってみれば現代版ゾーラ・アーカス・ダントフである。拡大
(写真A)炎天下の武蔵境通りにて、記者が見た恐ろしい光景。
(写真A)炎天下の武蔵境通りにて、記者が見た恐ろしい光景。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ダッジ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。