第31回:タイヤ探し地獄篇

2019.08.18 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
静岡県・山中湖パノラマ台にて。普段は富士山目当てに人が詰め掛けている場所だが、平日&あいにくの天気ということもあり、この日はゆったりとできた。
静岡県・山中湖パノラマ台にて。普段は富士山目当てに人が詰め掛けている場所だが、平日&あいにくの天気ということもあり、この日はゆったりとできた。拡大

テンションプーリーの破損による立ち往生を乗り越え、再びフツーに走るようになったwebCGほったの「ダッジ・バイパー」。エアコンも直り、いよいよ本調子かと思われた矢先に浮上した次なる出費のタネとは? 東京・武蔵野在住の貧乏編集部員を、自業自得の苦悩が襲う。

7月は肺炎にかかり、本当に「薬漬け」の日々を送るはめに。その後体調は戻ったものの、ノドには咳(せき)ぐせが残ってしまった。うーん。やっかいなことに……。
7月は肺炎にかかり、本当に「薬漬け」の日々を送るはめに。その後体調は戻ったものの、ノドには咳(せき)ぐせが残ってしまった。うーん。やっかいなことに……。拡大
記者を熱中症にしかけた、“二輪界の「911 GT3 RS」”こと「BMW S1000RR」。ちなみに、ゼブラゾーンにバイクを止めているのは、警備員さんにここに誘導されたから(駐車場が封鎖されていたのだ)。マナー無視の行為ではないので、あしからず。
記者を熱中症にしかけた、“二輪界の「911 GT3 RS」”こと「BMW S1000RR」。ちなみに、ゼブラゾーンにバイクを止めているのは、警備員さんにここに誘導されたから(駐車場が封鎖されていたのだ)。マナー無視の行為ではないので、あしからず。拡大
記者の相方をピカピカにしてくれた“さるバイパー乗りの御仁”。……モーニングクルーズでヘッドランプを磨いてくれたS氏といい、記者のバイパーは、記者以上に同志たちに大事にされている気がする。反省である。
記者の相方をピカピカにしてくれた“さるバイパー乗りの御仁”。……モーニングクルーズでヘッドランプを磨いてくれたS氏といい、記者のバイパーは、記者以上に同志たちに大事にされている気がする。反省である。拡大
どうしてもラージリークが直らなかったエアコンについては、最後の手段であるシール剤を注入。ひとまずガス漏れは解消した。このまま、何事もなければいいんだけど……。
どうしてもラージリークが直らなかったエアコンについては、最後の手段であるシール剤を注入。ひとまずガス漏れは解消した。このまま、何事もなければいいんだけど……。拡大

健康になっても惰眠をむさぼるわがバイパー

いつの間にやら元号が変わり、令和最初の(この言い回し、便利すぎる)お盆も過ぎた今日この頃、読者諸兄姉の皆さまはいかがお過ごしだろうか。当方は梅雨→夏にかけての天気のひょう変、気温の乱高下にすっかりグロッキー。熱帯化が進む日本列島は、ワタクシの勤労意欲をそぐのに余念がない。

それだけなら毎年のことだが、今年はそれだけじゃ済まなかった。7月には肺炎にかかって地獄を見、8月には炎天下のもとバイクロケを敢行し、灼熱(しゃくねつ)の東名高速で天に召されかけた。いやぁ、やるねぇBMWのスーパーバイクも。記者を熱中症にさせるのは、ウチのバイパーだけだと思っていたよ。

さてさて、今春ついに公衆の面前で立ち往生するという失態をさらしたわがバイパーだが、その後どうなったかというと、ナニゴトもなかったかのように平常運航に戻った。謎のインジケーターが光るようなこともなく(センサー類が壊れている可能性については目をつむる)、オルタネーターの発電量は安定し、エンジンオイルが乳化している様子もない。それどころか、夏場における頭痛の……というか熱中症の種だった、冷房の不調もついに解消。今、きやつは過去最高に絶好調と評していい状態にある。

さるバイパー乗りの御仁が厚意で磨いてくれたこともあり、ボディーのくすみもすっかりピカピカ。クルマから降りて眺めてるだけでもキモチイイ。ならばさぞ頻繁にドライブに出掛け、オドの数字が伸びてしょうがないことだろうと思われるやもしれぬが、実際にはそんなことはなかった。せっかく完調に近い状態にまで復帰したバイパーだが、ここしばらくは、駐車場でブレーキローターをサビるに任せる日々を送っていた。

あなたにおすすめの記事
新着記事