第32回:出費は続くよ どこまでも

2019.10.12 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
東北自動車道 蓮田サービスエリア(下り)にて休憩中の「ダッジ・バイパー」。
東北自動車道 蓮田サービスエリア(下り)にて休憩中の「ダッジ・バイパー」。拡大

webCG編集部員ほったの日常に、過剰な刺激と余計な彩りを与えてくれる排気量8リッターの怪獣「ダッジ・バイパー」。タイヤ交換を間近に控えたこの問題児に、またしてもトラブル発生! ぺーぺー編集部員の懐を、大量出費の危機が襲う。

フロントカウルを開けるための、エンジンルーム内のリリースレバー。どうでもいいけど、郷ひろみの『GOLDFINGER '99』って、20年も前の曲だったのね。時の流れの速さに動揺を隠せない……。
フロントカウルを開けるための、エンジンルーム内のリリースレバー。どうでもいいけど、郷ひろみの『GOLDFINGER '99』って、20年も前の曲だったのね。時の流れの速さに動揺を隠せない……。拡大
「バイパー」の場合、水温がおおむね華氏210度になるとサーモスタットが開いて冷却ファンが回るので、異常がなければ、水温計はいつも写真のような位置を示している。
「バイパー」の場合、水温がおおむね華氏210度になるとサーモスタットが開いて冷却ファンが回るので、異常がなければ、水温計はいつも写真のような位置を示している。拡大
エンジンルームの右前方に備わる、冷却水のリザーブタンク。冷却水が噴いてしまった様子はないが……。
エンジンルームの右前方に備わる、冷却水のリザーブタンク。冷却水が噴いてしまった様子はないが……。拡大
ローダーに積み込まれる「バイパー」の図。本当に、こうしたシチュエーションが絵になるクルマだな。
ローダーに積み込まれる「バイパー」の図。本当に、こうしたシチュエーションが絵になるクルマだな。拡大

オーバーヒートはマニアのたしなみ?

前回の続き
クルマの流れを見計らって路肩にバイパーを寄せ、エンジンをかけたままフロントカウルを開ける。金属製のリリースレバーがチリッチリになっていたが、気にしている場合ではない。郷ひろみよろしく「あちちあち」といいながらエンジンルームに風を通す。後は水温が下がるよう祈るばかりだが……。うーむ。Mini乗りだったころを思い出させる、懐かしいこの感覚。こりゃあ、まごうかたなきオーバーヒートだ。

意外かもしれないが、一般的な“アメ車”のイメージに反して、記者のバイパーは熱に非常に強かった。このクルマの水温計は華氏表示なのだが、これまで公道はもちろんAUTO-Xの走行会でさえ、針が250度(≒摂氏120度)の目盛りに迫ることはなかったのだ。唯一の例外は、テンションプーリーが吹っ飛んで補機類が回らなくなったときだけだ。

そのバイパーが、オーバーヒートである。ドライバーを熱中症にすることはあっても、おのれが熱中症になることがあるのか。貴様も人の子(?)よのう。

エンジンをかけたまま、そんな人の子をしばらく放置してクールダウン。ところが一向に針が落ち着く気配がない。いつまでも路傍で排ガスばらまいてるわけにもいかないので、カウルを戻し、そろりそろりとわが家に戻ることにした。で、帰ったら速攻で“相模原のDr.コトー”ことコレクションズ本多氏に救援要請。事態を察してか、いつになく早々にお返事をいただく。いわく「お盆またぎになっちゃいますけど、24、25の週末なら引き取りにいけますよ」とのこと。近所(というほど近所ではないけど)に頼れるお店があるというのは、誠にありがたいことである。

あなたにおすすめの記事
新着記事