第618回:すしにおにぎりに園芸肥料!
今もなお街にあふれる名車「ランボルギーニ・ミウラ」のネーミング

2019.08.23 マッキナ あらモーダ!

「MIURA」連発のSUSHI店メニュー

わが街シエナのアジア系SUSHI店が、少し前に新装オープンした。第577回で記した「チョコ&ホイップクリームSUSHI」を供していた店である。

営業時間前だったので、外に置いてあったメニューで確認してみた。平日の食べ放題ランチは11.9ユーロ(約1400円)から12.9ユーロ(約1530円)に値上げされていたものの、とりあえずそのままだ。いっぽう店内をのぞくと、回転ずしのコンベヤーが取り払われている。店員を呼んでオーダーするかたちに変わったらしい。

改装前はいつもにぎわっていたことからして、大食の顧客が想定以上に多く来店してたくさんの皿を取られ、採算割れになってしまったのに違いない。先に改装した別のSUSHIレストランも回転式からオーダー式に改めた。

アラカルトのメニューをもう少し詳しく見せてもらう。巻きずしはご飯を外側に、のりを内側に巻いた「URAMAKI(裏巻き)」が圧倒的に多い。黒いのりに対して視覚的抵抗があるイタリア人への配慮であることは明らかだ。

それはともかく、URAMAKIカテゴリーの中に「MIURA(ミウラ)」の文字を発見した。「ONIGIRI(おにぎり)」の欄にも、同様にMIURAがあるではないか。

イタリアのとあるチェーン系SUSHIレストランのメニュー。「URAMAKI MIURA」の文字が。
イタリアのとあるチェーン系SUSHIレストランのメニュー。「URAMAKI MIURA」の文字が。拡大
「おにぎり」にも「MIURA」が!
「おにぎり」にも「MIURA」が!拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事