第143回:ねらえ! リッター30km

2019.09.17 カーマニア人間国宝への道

プジョー308が大健闘

先月、『CARトップ』誌にて、「エコランピック」と題したエコカーの燃費テストが行われ、不肖ワタクシも参加した。

私は「プリウス」を担当し、高速巡航、一般道、ワインディング、すべての項目で優勝したが(私のウデではありません)、衝撃だったのは、「プジョー308アリュールBlueHDi」(FF/8AT)の、想像を絶する健闘ぶりだった。

まず高速巡航。常磐道を70km/hくらいで走り、プリウスは貫禄の38.3km/リッターをマークしたが、308がそれに迫る34.4km/リッターで2位に食い込んだのだ! ちなみに3位は「インサイト」、4位は「ノートe-POWER」、5位(ビリ)は「eKクロス」(ターボ)でした。

続く一般道とワインディングでも、308は20km/リッターを上まわる数値をたたき出し、プリウスを除く国産ハイブリッド&軽軍団と互角以上の戦いを展開した。軽油の安さを考えると、国内では燃費王といっても過言ではあるまい。

308を担当したのはマリオ高野。この結果も、言うまでもないがマリオの腕ではない。

マリオ:ECOモードでひたすら丁寧に走っただけですが、自分の出した数字に自分で仰天しました。

ディーゼルの燃費がいいのは確かだが、当然限界はある。個人的には、低燃費をねらったノロノロ高速巡航でも、ディーゼルが30km/リッターを超えたのは見たことがなかった。

308の1.5ディーゼルは、従来の1.6ディーゼルに対して、カタログ燃費で+15%強向上しており、24.3km/リッター(JC08モード)となっているが、リアルワールドでそれを大幅に上まわるなんて超ビックリ!

(注:数値はすべて燃費計のもので、実燃費ではありません)

『CARトップ』誌の燃費テストでは、「プジョー308アリュールBlueHDi」の健闘が目立った。
『CARトップ』誌の燃費テストでは、「プジョー308アリュールBlueHDi」の健闘が目立った。拡大
「プジョー308」の燃費は、燃費計測定値で34.4km/リッターをマーク。
「プジョー308」の燃費は、燃費計測定値で34.4km/リッターをマーク。拡大
「プジョー308」の運転を担当したマリオ高野氏。
「プジョー308」の運転を担当したマリオ高野氏。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • フォルクスワーゲンは新型「ゴルフ」に注目!【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.22 自動車ニュース すでに本国では新型「ゴルフ」や電気自動車「ID.3」などがデビューし、国内導入のタイミングが気になるフォルクスワーゲン。日本のインポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンに2021年の取り組みについて聞いてみた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る