第143回:ねらえ! リッター30km

2019.09.17 カーマニア人間国宝への道

プジョー308が大健闘

先月、『CARトップ』誌にて、「エコランピック」と題したエコカーの燃費テストが行われ、不肖ワタクシも参加した。

私は「プリウス」を担当し、高速巡航、一般道、ワインディング、すべての項目で優勝したが(私のウデではありません)、衝撃だったのは、「プジョー308アリュールBlueHDi」(FF/8AT)の、想像を絶する健闘ぶりだった。

まず高速巡航。常磐道を70km/hくらいで走り、プリウスは貫禄の38.3km/リッターをマークしたが、308がそれに迫る34.4km/リッターで2位に食い込んだのだ! ちなみに3位は「インサイト」、4位は「ノートe-POWER」、5位(ビリ)は「eKクロス」(ターボ)でした。

続く一般道とワインディングでも、308は20km/リッターを上まわる数値をたたき出し、プリウスを除く国産ハイブリッド&軽軍団と互角以上の戦いを展開した。軽油の安さを考えると、国内では燃費王といっても過言ではあるまい。

308を担当したのはマリオ高野。この結果も、言うまでもないがマリオの腕ではない。

マリオ:ECOモードでひたすら丁寧に走っただけですが、自分の出した数字に自分で仰天しました。

ディーゼルの燃費がいいのは確かだが、当然限界はある。個人的には、低燃費をねらったノロノロ高速巡航でも、ディーゼルが30km/リッターを超えたのは見たことがなかった。

308の1.5ディーゼルは、従来の1.6ディーゼルに対して、カタログ燃費で+15%強向上しており、24.3km/リッター(JC08モード)となっているが、リアルワールドでそれを大幅に上まわるなんて超ビックリ!

(注:数値はすべて燃費計のもので、実燃費ではありません)

『CARトップ』誌の燃費テストでは、「プジョー308アリュールBlueHDi」の健闘が目立った。
『CARトップ』誌の燃費テストでは、「プジョー308アリュールBlueHDi」の健闘が目立った。拡大
「プジョー308」の燃費は、燃費計測定値で34.4km/リッターをマーク。
「プジョー308」の燃費は、燃費計測定値で34.4km/リッターをマーク。拡大
「プジョー308」の運転を担当したマリオ高野氏。
「プジョー308」の運転を担当したマリオ高野氏。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る