トヨタ・スープラRZ(後編)

2019.10.10 谷口信輝の新車試乗 17年ぶりに復活した「トヨタ・スープラ」は、レーシングドライバー谷口信輝にとって“買い”なのか? その走りについて、いいところと気になるところを語ってもらった。

コーナーではクセがある

箱根のワインディングロードで「トヨタ・スープラRZ」の試乗を終えた谷口信輝にその印象を聞きたいと思っているのだが、先ほどからボンネットの中をしきりにのぞき込んでいてなかなか話が聞けない。そんなこちらの思いをヨソに、谷口はスープラのつくり込みのすごさを私たちに訴えかけていたのである。
「本当に、これはかっこいいですよね」

先ほどから谷口が見とれているのはストラットタワーの取り付け部である。
「ここにフィンみたいに見える補強が入っているでしょ? これ、実は目に見える上側だけじゃなくて、下側にも入っているそうですよ。あとはギアボックスまわりとかリアの足まわりとかにも、これでもかっていうくらい補強とかあて板とかが入っている。まるで、ロールバーが入っていないだけの競技車みたいです。ボディー剛性、『86』の何倍って言ってましたっけ?」

86との比較では2倍ないし2.5倍で、カーボンモノコックの「LFA」さえ上回っているというのだから、恐るべきボディー剛性だ。その効果は、走りにも表れているのだろうか?
「走りはもちろんスポーティーでいいんですが、ちょっとだけクセがありますね」

その話をぜひ詳しく聞かせてほしいと頼むと、谷口は次のように語り始めたのである。
「ターンインでのノーズの入り方はいいんですが、最初の操舵――僕はこれを“1の舵”と呼んでいますが――を入れたときに、ちょっと速いスピードでローリングやピッチングが起きちゃうんです。別にアンダーステアが出たりオーバーステアが出たりするわけじゃないので、そのまま待っていればそれでいいんですが、人によってはその動きにあわせて一瞬ステアリングを戻したくなっちゃうかもしれませんね」

つまり、コーナリング初期の動きに対してもう少しダンピングを効かせてほしいということなのか?
「そうですね、バンプ側もリバウンド側もうちょっと減衰力を上げて、伸びたり縮んだりが、もう少しじわっといくといいと思います。コーナリングの限界自体はすごく高いんですけどね」

 
トヨタ・スープラRZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(後編)の画像拡大

【トヨタ・スープラRZのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4380×1865×1290mm/ホイールベース:2470mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:690万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 226.3km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:26.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.9km/リッター(車載燃費計計測値) 


	【トヨタ・スープラRZのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4380×1865×1290mm/ホイールベース:2470mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:690万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 226.3km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:26.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.9km/リッター(車載燃費計計測値) 
	拡大

関連キーワード:
スープラ, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
ホームへ戻る