第593回:楽しめるのは今のうち!?
怪物級のジャガー&ランドローバーを試す

2019.10.10 エディターから一言
 
第593回:楽しめるのは今のうち!?怪物級のジャガー&ランドローバーを試すの画像拡大

英国伝統のブランドであるジャガーとランドローバーには、500PSオーバーのハイパフォーマンスモデルが存在する。本気で“踏んで”“切った”なら、どんな走りが味わえるのか? 代表的な4モデルの走りをサーキットで試した。

今回、4台のハイパフォーマンスモデルの走りを確かめたのは、コース延長2350mのHSR九州サーキット。
今回、4台のハイパフォーマンスモデルの走りを確かめたのは、コース延長2350mのHSR九州サーキット。拡大
「レンジローバー スポーツSVR」の5リッターV8スーパーチャージドエンジン。今回の4モデルには同じエンジンが搭載されており、最高出力は「Fペース」のみ550PS、残る3モデルは575PSというハイパワーを誇る。
「レンジローバー スポーツSVR」の5リッターV8スーパーチャージドエンジン。今回の4モデルには同じエンジンが搭載されており、最高出力は「Fペース」のみ550PS、残る3モデルは575PSというハイパワーを誇る。拡大
SVR専用色「ウルトラブルー」のボディーカラーをまとう「ジャガーFペースSVR」。
SVR専用色「ウルトラブルー」のボディーカラーをまとう「ジャガーFペースSVR」。拡大

500PSオーバーの猛者がそろい踏み

ジャガー・ランドローバーがSVRモデルを中心としたメディア向け試乗会を熊本県のHSR九州で開催した。同社にはビスポーク、すなわち上顧客によるわがままな注文に応えるSVO(スペシャルヴィークルオペレーションズ)という部門があるが、その部門が提案する特別なスポーティーモデルをSVRと呼ぶ。

この日用意されていたのは、「ジャガーFペースSVR」「ジャガーFタイプSVRクーペ」「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」、それからSVRではないものの、SVR各モデルと同じエンジンを搭載した「ジャガーXJR575」の4モデル。これらが搭載するのは総排気量4999ccのオールアルミのV8直噴スーパーチャージドエンジンで、最高出力はFペースのみ550PS、残る3モデルは575PSだ。

自動車メディアの人間が、500PSを優に超える怪物級のハイパフォーマンスカーたちを入れ代わり立ち代わり走らせる試乗会に参加している間、「これは何かに似ているな」と考えていたのだが、それが何かに気づいたのはイベントの終了間際だった。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 第159回:ビバ! ポンコツ147 2020.1.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第159回は「ビバ! ポンコツ147」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるアルファ・ロメオ車とは? 30万円以下で購入した中古モデルで、シアワセなカーライフを送っている、あるクルマ好きの生態に迫る。
  • 「ジャガーFタイプ」マイナーチェンジ デビュー記念の限定車も登場 2020.1.9 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年1月9日、マイナーチェンジした2シータースポーツカー「ジャガーFタイプ」の日本導入を発表し、同日、受注を開始した。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る