第593回:楽しめるのは今のうち!?
怪物級のジャガー&ランドローバーを試す

2019.10.10 エディターから一言
 
第593回:楽しめるのは今のうち!?怪物級のジャガー&ランドローバーを試すの画像拡大

英国伝統のブランドであるジャガーとランドローバーには、500PSオーバーのハイパフォーマンスモデルが存在する。本気で“踏んで”“切った”なら、どんな走りが味わえるのか? 代表的な4モデルの走りをサーキットで試した。

今回、4台のハイパフォーマンスモデルの走りを確かめたのは、コース延長2350mのHSR九州サーキット。
今回、4台のハイパフォーマンスモデルの走りを確かめたのは、コース延長2350mのHSR九州サーキット。拡大
「レンジローバー スポーツSVR」の5リッターV8スーパーチャージドエンジン。今回の4モデルには同じエンジンが搭載されており、最高出力は「Fペース」のみ550PS、残る3モデルは575PSというハイパワーを誇る。
「レンジローバー スポーツSVR」の5リッターV8スーパーチャージドエンジン。今回の4モデルには同じエンジンが搭載されており、最高出力は「Fペース」のみ550PS、残る3モデルは575PSというハイパワーを誇る。拡大
SVR専用色「ウルトラブルー」のボディーカラーをまとう「ジャガーFペースSVR」。
SVR専用色「ウルトラブルー」のボディーカラーをまとう「ジャガーFペースSVR」。拡大

500PSオーバーの猛者がそろい踏み

ジャガー・ランドローバーがSVRモデルを中心としたメディア向け試乗会を熊本県のHSR九州で開催した。同社にはビスポーク、すなわち上顧客によるわがままな注文に応えるSVO(スペシャルヴィークルオペレーションズ)という部門があるが、その部門が提案する特別なスポーティーモデルをSVRと呼ぶ。

この日用意されていたのは、「ジャガーFペースSVR」「ジャガーFタイプSVRクーペ」「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」、それからSVRではないものの、SVR各モデルと同じエンジンを搭載した「ジャガーXJR575」の4モデル。これらが搭載するのは総排気量4999ccのオールアルミのV8直噴スーパーチャージドエンジンで、最高出力はFペースのみ550PS、残る3モデルは575PSだ。

自動車メディアの人間が、500PSを優に超える怪物級のハイパフォーマンスカーたちを入れ代わり立ち代わり走らせる試乗会に参加している間、「これは何かに似ているな」と考えていたのだが、それが何かに気づいたのはイベントの終了間際だった。

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300(後編) 2021.5.23 池沢早人師の恋するニューモデル 前回、「とにかく足の収まりがいいので安心して飛ばせる」と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」のシャシーを評価した漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。過去、何台ものオープンカーを愛車にしてきたベテランの最終ジャッジは?
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
ホームへ戻る