第596回:新型「B3セダン」を東京モーターショー2019で世界初公開 アルピナ社の今と未来を、ボーフェンジーペン社長に聞く

2019.10.31 エディターから一言
東京モーターショー2019のアルピナのプレスカンファレンスで発表された新型「B3セダン」とアンドレアス・ボーフェンジーペン社長(右)、アルピナ社の日本総代理店ニコル・オートモビルズのC.H.ニコ・ローレケ社長(左)。
東京モーターショー2019のアルピナのプレスカンファレンスで発表された新型「B3セダン」とアンドレアス・ボーフェンジーペン社長(右)、アルピナ社の日本総代理店ニコル・オートモビルズのC.H.ニコ・ローレケ社長(左)。拡大

海外ブランドがほとんど姿を消した今回の第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)にも独アルピナはこれまで通りブースを構え、世界初公開となる新型「B3セダン」をお披露目した。1987年以降、欠かすことのない17回連続の出展からは、日本市場重視の姿勢が見てとれる。来日したアルピナ社のアンドレアス・ボーフェンジーペン社長にその理由と同社の今、そして展望を聞いた。

アルピナ社を設立したブルクハルト・ボーフェンジーペン氏を父に持つ、2代目社長のアンドレアス・ボーフェンジーペン氏。東京モーターショーの会場でインタビューの機会を得た。
アルピナ社を設立したブルクハルト・ボーフェンジーペン氏を父に持つ、2代目社長のアンドレアス・ボーフェンジーペン氏。東京モーターショーの会場でインタビューの機会を得た。拡大
東京モーターショー2019のプレスカンファレンスに登壇したアルピナ社のアンドレアス・ボーフェンジーペン社長。会場では「B3セダン」が世界初公開、「XD4」が日本初公開された。
東京モーターショー2019のプレスカンファレンスに登壇したアルピナ社のアンドレアス・ボーフェンジーペン社長。会場では「B3セダン」が世界初公開、「XD4」が日本初公開された。拡大

今も昔も独立独歩

あいさつ程度に言葉を交わしたことはあるが、きちんと時間を割いてもらってお話を伺うのは初めてである。せっかくの貴重な機会ゆえに、気になっていた細かなうわさもあらためて確認させてもらった。たとえば、アルピナはワインビジネスがもうかっているから、台数が少なくてもやっていけるのだ、といううわさがある。それは本当だろうか?

「いえいえ、それはおっしゃる通り都市伝説のようなものでしょう」とボーフェンジーペン社長。「実際のところ、ワイン部門は全体の売り上げの1割程度です。自動車部門270人に対して、ワインビジネスに関わるのは15人しかいません」

それにしても、世界中の自動車メーカーがグループ化していく中でアルピナは依然として独立独歩である。自動車そのものが大きく変化していく今後もアルピナはそのユニークなポジションを守っていくのだろうか。

「正直に言えば、15年先、20年先のことは私にもわかりません。しかし、私たちには54年にわたるBMWとの協力関係があり、幸いなことに製品も高い評価を受けています。今もアルピナはファミリービジネスとして独立したマニュファクチャラーです。大切なのは、独立しているからこそ、私たちには自分たちの製品をどう考えるかの自由があるということです」

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る