第61回:風と共に走れ!
オープンカーの歴史とマツダ・ロードスター

2019.10.31 自動車ヒストリー 長らく続いた“オープンカー冬の時代”に終止符を打ち、風と共に走る喜びを世界に思い出させたのがマツダだった。オープンエアモータリングの心地よさを追求したオープンカーの歴史と、「ユーノス/マツダ・ロードスター」の功績を振り返る。

軽快な走りが身上のオープンモデル

1989年に発売されたユーノス・ロードスターは、マツダにとって大きな賭けとなる製品だった。オープンカー市場は世界中で長い間休眠状態にあり、成功する確率は低いと思われていたのだ。バブル景気まっただ中の日本で主流だったのは高級セダンで、快適な密閉空間を持たないオープンカーは、トレンドから外れた存在だった。どのメーカーも手を出さないジャンルに、マツダはわざわざコンパクトFRのプラットフォームをつくって野心的なモデルを送り込んだのである。

当時の小型スポーツカーは、FF車用のコンポーネントをそのまま使うか、前後を逆にしてミドシップに仕立てるのが常識的な手法だった。しかし、マツダは素直なハンドリングを第一に考え、FRにこだわった。エンジンは自然吸気の1.6リッター直列4気筒で、5段マニュアルトランスミッションが組み合わされていた。5ナンバーサイズのコンパクトなボディーで、車重がおよそ1t。軽量ボディーに小さなエンジンを載せ、なにより軽快なハンドリングを楽しむクルマだった。

このコンセプトにはお手本があった。ブリティッシュ・ライトウェイトスポーツと呼ばれる一連のモデルである。

“日本車のビンテージイヤー”と言われる1989年に登場した「ユーノス・ロードスター」。軽快な走りが魅力のコンパクトなオープンカーである。
“日本車のビンテージイヤー”と言われる1989年に登場した「ユーノス・ロードスター」。軽快な走りが魅力のコンパクトなオープンカーである。拡大
「ユーノス・ロードスター」のベアシャシー。ロードスターは安価なモデルだったが、走りにこだわるマツダは専用のFRプラットフォームを用意した。
「ユーノス・ロードスター」のベアシャシー。ロードスターは安価なモデルだったが、走りにこだわるマツダは専用のFRプラットフォームを用意した。拡大
エンジンは直4 DOHC。当初の排気量は1.6リッターだったが、後に1.8リッターに拡大された。
エンジンは直4 DOHC。当初の排気量は1.6リッターだったが、後に1.8リッターに拡大された。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る