第599回:世界ラリー選手権に新チャンピオン誕生! WRC第13戦ラリーエスパーニャを現地からリポート

2019.11.04 エディターから一言
開幕前日に、市街地が冠水するほどの豪雨に見舞われたスペイン・サロウ。シェイクダウンのコースはご覧の通りヌタヌタで、本番のステージも荒れ気味だった。
開幕前日に、市街地が冠水するほどの豪雨に見舞われたスペイン・サロウ。シェイクダウンのコースはご覧の通りヌタヌタで、本番のステージも荒れ気味だった。拡大

世界ラリー選手権(WRC)でTOYOTA GAZOO Racingのオイット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が年間タイトルを獲得! 劇的な展開となった第13戦ラリーエスパーニャの様子を、現地からリポートする。

前日の豪雨がウソのような天候のもと、スタートするTOYOTA GAZOO Racingのタナック/ヤルヴェオヤ組。
前日の豪雨がウソのような天候のもと、スタートするTOYOTA GAZOO Racingのタナック/ヤルヴェオヤ組。拡大
どこのラリーにも駆けつけるタナック応援団の皆さん。スペインにもこの通り。
どこのラリーにも駆けつけるタナック応援団の皆さん。スペインにもこの通り。拡大
……このでっかいエストニア国旗を持ってくるだけでも大変だと思うんですけどね。
……このでっかいエストニア国旗を持ってくるだけでも大変だと思うんですけどね。拡大
現在のWRCで唯一のミックスサーフェイスラリー(グラベルとターマックの両方のステージが用意されるラリーのこと)となるカタルーニャ。初日の金曜日はグラベルステージで行われる。
現在のWRCで唯一のミックスサーフェイスラリー(グラベルとターマックの両方のステージが用意されるラリーのこと)となるカタルーニャ。初日の金曜日はグラベルステージで行われる。拡大

エストニア人初のWRCチャンピオン誕生

カタルーニャ独立派の指導者が長期の禁錮刑を受けたことに抗議する、大規模なデモが繰り広げられるバルセロナ。そこへ降り立ったボクは、あふれるジャーナリスト魂を抑えきれず、街に繰り出そうと考えた。考えたのだけど、レンタカー屋のオヤジに「人いっぱいだし、やめたほうがよくね?」と言われ、他人の提言を尊重するボクは、市街地とは反対方向へとおとなしくクルマを走らせたのでした。

去年のこの時期はちょうどパリにいて、同じようにデモの様子を撮影しようと地下鉄でシャンゼリゼに向かい、死をも覚悟して地上に出てみたらそこは戦場ではなく普段の観光地。ジャーナリスト魂を発揮できる時は果たしてくるのでしょうか? 

……と、まあそんなことは置いといて、微妙に高くて追い剝ぎのように料金を徴収される高速道路を西へ1時間ほど走り、リゾート地でもあるサロウという街へ。カタルーニャ地方で開催されたラリーエスパーニャに行ってきました。ホントは「スペインはパスして最終戦オーストラリアに行こう」と思ってたのだけど、「ひょっとしたらスペインでチャンピオンが決定するんじゃね?」と思い、急きょやってきた次第。何といってもスペインはゴハンがおいしいし、天気が良ければ仕事する気なんてなくなるほどステキなところだしねえ。

そんなこんなで、あらためまして、やって来ましたラリーエスパーニャ! 皆さんすでにご存じのことと思うので結論から言わせていただくと、トヨタのオイット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合2位でフィニッシュ。今年のドライバーズ&コドライバーズタイトルが決定しました。エストニア人初のWRCチャンピオンが誕生。やったね! タナック、ヤルヴェオヤ。そして勘が当たったオレ。

あなたにおすすめの記事
新着記事