クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X4 Mコンペティション(4WD/8AT)

乗るべきはジェントルマン 2019.12.07 試乗記 最高出力510PSの3リッター直6ツインターボエンジンを搭載した「BMW X4 Mコンペティション」に試乗。「X4」に初めてラインナップされた、正真正銘の“M”モデルの出来栄えやいかに!?

サーキットでの走行も想定

webCG地下駐車場の扉が開くと、迫力のあるフロントマスクが目に飛び込んできた。思っていたよりもデカい。それがX4 Mコンペティションの第一印象だ。乗用車ベースのスポーティーなミドルサイズSUV(BMWの呼称ではSAC=スポーツアクティビティークーペ)という位置づけから想像していたサイズをはるかに上回る、堂々たる巨体である。

全長×全幅×全高=4760×1925×1620mmというサイズは、現在では驚くような数字ではないのだろう。ライバルの「ポルシェ・マカン」も同じようなディメンションだ。ただ、現物を目のあたりにすると、X4はマカンよりも大きく感じる。顔つきの立派さが影響しているのかもしれない。そのことが、後で試乗中に困った現象を引き起こすことになる。

2018年に2代目となったX4に、新たに加えられたのが2種類のMモデルだ。3リッター直6ツインターボエンジンを搭載し、8段ATを与えられる。ノーマル「X4 M」の最高出力が480PSなのに対し、X4 Mコンペティションはさらに30PSをプラスした510PS。価格差は102万円なので、(パワーだけを)単純計算すれば1PSあたり3万4000円を支払う形だ。実際には、パワーアップすることよりも最高級グレードに乗っているという満足感が得られることのほうが大きいだろう。

モータースポーツに由来する「M」の名はダテではない。取扱説明書には「車両はモータースポーツのレース用として設計されていません」と記されているものの、サーキットで走る場合は専門ショップで点検を受けるようにというただし書きもある。本気で走りを楽しむ人が購入することを想定しているのは確かだ。

今回のテスト車は「X4 M」のさらなるハイパフォーマンスバージョンとなる「コンペティション」。Mモデル専用のダブルバーキドニーグリルはグロスブラック仕立て。
今回のテスト車は「X4 M」のさらなるハイパフォーマンスバージョンとなる「コンペティション」。Mモデル専用のダブルバーキドニーグリルはグロスブラック仕立て。拡大
減衰力が可変調節できる「Mサスペンション」を採用。モードは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の全3種類。
減衰力が可変調節できる「Mサスペンション」を採用。モードは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の全3種類。拡大
4本出しのテールパイプもブラックでコーディネート。可変バルブが内蔵されており、用途に応じてエキゾーストサウンドも変えられる。
4本出しのテールパイプもブラックでコーディネート。可変バルブが内蔵されており、用途に応じてエキゾーストサウンドも変えられる。拡大
テールゲートには控えめなサイズのスポイラーが備わる。
テールゲートには控えめなサイズのスポイラーが備わる。拡大

内外装にM専用パーツをあしらう

正面から見た印象とは異なり、サイドのフォルムは流麗である。SACと規定しているのだから、実用性や合理性よりデザインを優先するのは当然だ。ぜいたくさと過剰さを身にまとい、チマチマとした数字は気にしない。後ろ下がりのルーフラインは室内空間にネガティブな効果を及ぼすが、オーナーのプライドには好影響を与える。欲望を解放することに気後れを感じているようでは、この種のクルマに乗ることはできない。

外装品にはM専用のパーツがふんだんに取り入れられている。リアスポイラーやサイドギルは高性能を強調するアクセントだ。ダブルブリッジ形状になっているサイドミラーは、空力性能を高めているという。キドニーグリルはブラック仕上げのダブルバーで構成されている。リアには「X4 M」の下に小さく「competition」の文字があしらわれたバッジがあり、控えめにこのクルマの素性を主張する。

室内はゴージャスでありながらスポーティーな印象が上を行く。ダッシュボードやセンターコンソール、ドアトリムにはカーボンとアルミが使われており、ストイックな雰囲気。スターターボタンなどのレッドが効果的な差し色になっている。「Mマルチファンクションシート」はホールド性を重視した構造で、ヘッドレストにはMのロゴが光る。

メーターパネルもM専用だ。ダッシュボードのセンターには横長のタッチディスプレイが備えられている。センターコンソールにはマルチメディアシステム「iDrive」や、機能切り替えスイッチなどが並ぶ。いろいろな装置が詰め込まれているせいかセンタートンネルが思いのほか太く、左足をまっすぐに伸ばせないのには困った。わずかにではあるが、体全体が右を向く姿勢を強いられてしまう。

新開発をうたうS58B型3リッター直6ターボエンジンを搭載。コンペティションでは標準の「X4 M」よりも30PS強力な最高出力510PSと最大トルク600N・mを発生する。
新開発をうたうS58B型3リッター直6ターボエンジンを搭載。コンペティションでは標準の「X4 M」よりも30PS強力な最高出力510PSと最大トルク600N・mを発生する。拡大
「X4 M」ロゴが刻まれたサイドギルもグロスブラックで仕立てられる。
「X4 M」ロゴが刻まれたサイドギルもグロスブラックで仕立てられる。拡大
空力性能を高めるという、ダブルブリッジ形状のドアミラー。
空力性能を高めるという、ダブルブリッジ形状のドアミラー。拡大
タイヤサイズはフロントが255/40ZR21で、リアが265/40ZR21。テスト車はミシュランのハイパフォーマンスタイヤ「パイロットスポーツ4 S」を履いていた。
タイヤサイズはフロントが255/40ZR21で、リアが265/40ZR21。テスト車はミシュランのハイパフォーマンスタイヤ「パイロットスポーツ4 S」を履いていた。拡大

低速では静粛かつ穏健

セレクターレバーは、右に倒すとDレンジに入るタイプだ。ハイチューンの3リッター直6エンジンは、低速でも扱いづらいところはない。極めて穏健で規律だった振る舞いを見せる。静粛性も高いレベルだ。このサイズでは街なかでの走行には苦労する場面もありそうだが、大きさには比較的短時間で慣れてしまった。ダッシュボード上面は低くフラットで、見晴らしは上々だ。

約2tの車重ではあるが、発進加速では一瞬のためらいを見せるものの、その後は爆発的だ。アクセルを緩めても、想定以上にスピードが上がっていく。スムーズだから、よくも悪くもスピード感がない。これだけの巨体なので、路面の悪いところでは車体全体が揺さぶられる感覚がある。それを乗り心地が悪いとするか、豪快さの表れとするかは人によるかもしれない。

切り替えスイッチでエンジンとサスペンション、ステアリングの特性を調整することができる。サスペンションとステアリングは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3段階で設定できるが、通常はコンフォートにしておけばいい。特にサスペンションはそれ以外を選ぶ理由を考えつかなかった。よほどのスポーツ走行をするのでなければ走行安定性を失うことなどあり得ず、わざわざ乗り心地を固くするメリットはないのだ。

エンジンも3段階で、最も穏やかなのが「エフィシエント」モード。「効率的。快適。低燃費」と説明されている。街なかや高速道路で不満を感じることなどないから、常にこのモードを選んでおいて間違いはない。ただ、ワインディングロードに持ち込むと、スポーツ+モードに設定したくなる。山道も実は(クルマの)得意科目なのだ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1925×1620mm。基本設計の同じ「X3 Mコンペティション」よりも60mm長く、30mm幅広く、55mm低いスタイリングとなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1925×1620mm。基本設計の同じ「X3 Mコンペティション」よりも60mm長く、30mm幅広く、55mm低いスタイリングとなっている。拡大
ダッシュボードにはアルミとカーボンの装飾が加えられる。赤のスタートボタンはMモデル専用だ。
ダッシュボードにはアルミとカーボンの装飾が加えられる。赤のスタートボタンはMモデル専用だ。拡大
有機的な形状のサイドサポートが特徴のMスポーツシート。ヘッドレストの「M」エンブレムにはイルミネーションが仕込まれている。
有機的な形状のサイドサポートが特徴のMスポーツシート。ヘッドレストの「M」エンブレムにはイルミネーションが仕込まれている。拡大
クーペスタイルのためリアシートのヘッドルームはそれなりだが、大人が過ごすにも十分な広さがある。
クーペスタイルのためリアシートのヘッドルームはそれなりだが、大人が過ごすにも十分な広さがある。拡大

山道で快音を響かせる

特に中高速コーナーを駆け回るのは気分がいい。ストレートシックスのポテンシャルを解放して加速する快楽には逆らえないのだ。スポーツ+モードでは排気音の音色を変えるサウンドコントロールが自動的にオンになり、快音が響きわたる。ステアリングアシストも強化されているので、タイトなコーナーでもストレスは感じない。

ステアリングホイールには「M1」「M2」と刻印された2つの赤いボタンが備えられている。あらかじめセットアップしておくと、自分好みの組み合わせを即座に設定することができるのだ。便利だが、注意も必要だ。前に乗っていた人の設定が残っていたため、M1ボタンを押したらスタビリティーコントロールが解除されてしまった。しかし、これは借り物のクルマだから起きたことで、オーナーであれば問題はないだろう。

セレクターレバーの先端には、シフト特性を変更する「ドライブロジック」の操作ボタンがある。3段階になっていて、1は日常走行用の快適なギアシフト、2ではスポーティーな走行向きにギアチェンジが素早くなる。3を選ぶと、ローンチコントロールが作動する。サーキット以外では、使う場面はなさそうだ。Dレンジでも4000rpmを超えないとシフトアップしないので、使いづらいことこの上ない。

さまざまな設定を試したのだが、困ったのは前を行くクルマに道を譲られてしまうことだった。どうやら、ルームミラーに映る姿が迫力満点だったらしい。リコピンたっぷりのトマトのようなボディーカラーも威圧感を強めた可能性がある。ブラックアウトされた巨大なキドニーグリルがコワモテ度を高めたのだ。高速道路ではACCを使って一定速度で走り、車間距離を4段階の中で最も長い設定にしたのだが、それでも譲られてしまった。

心外ではあったが、すごみのある見た目で走りもダイナミックなのは事実である。だから、このX4 Mコンペティションは乗る人を選ぶのだ。ジェントルマンであるかどうかが試される。下品なパワハラ野郎は決して乗ってはいけないクルマである。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

テスト車の車両重量は2030kg(車検証記載値)。フロント1020kg、リア1010kgとバランスよく配分されている。
テスト車の車両重量は2030kg(車検証記載値)。フロント1020kg、リア1010kgとバランスよく配分されている。拡大
シフトパドルの手前には「M1」「M2」と刻まれたボタンが備わっており、足まわりやステアリングなど好みの組み合わせを登録しておけば、いつでも呼び出して設定できる。
シフトパドルの手前には「M1」「M2」と刻まれたボタンが備わっており、足まわりやステアリングなど好みの組み合わせを登録しておけば、いつでも呼び出して設定できる。拡大
足まわりやステアリングのセッティングはセンターコンソールのスイッチで操作する。
足まわりやステアリングのセッティングはセンターコンソールのスイッチで操作する。拡大
セレクターレバーの先端にはシフトスケジュールの特性を変えられる「ドライブロジック」の操作ボタンがレイアウトされる。最もハードなモードにすると、街乗りでも4000rpm以上まで引っ張るようになる。
セレクターレバーの先端にはシフトスケジュールの特性を変えられる「ドライブロジック」の操作ボタンがレイアウトされる。最もハードなモードにすると、街乗りでも4000rpm以上まで引っ張るようになる。拡大
メーターパネルには「X4 M」ロゴがレイアウトされる。エンジン回転計のレッドゾーンは7200rpmから。
メーターパネルには「X4 M」ロゴがレイアウトされる。エンジン回転計のレッドゾーンは7200rpmから。拡大

テスト車のデータ

BMW X4 Mコンペティション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1925×1620mm
ホイールベース:2865mm
車重:2030kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:510PS(375kW)/6250rpm
最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/2600-5950rpm
タイヤ:(前)255/40ZR21 102Y/(後)265/40ZR21 105Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)
燃費:9.1km/リッター(WLTCモード)
価格:1425万円/テスト車=1458万6000円
オプション装備:ボディーカラー<トロントレッド>(0円)/エクステンドレザーメリノ<アデレードグレー/サキールオレンジアクセント>(0円)/Mドライバーズパッケージ(33万6000円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:4003km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:343.7km
使用燃料:49.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:7.0km/リッター(満タン法)/6.9km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW X4 Mコンペティション
BMW X4 Mコンペティション拡大
 
BMW X4 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。