第151回:黒まむしスッポン丸

2019.11.19 カーマニア人間国宝への道

2年半ぶりにフェラーリを購入

いつの間にか当連載も150回超え。開始から3年以上の歳月に耐えることができました。ありがとうございます。

第1回はどんなことを書いてたのかと読み返せば、タイトルは『地球史3大事件』。ずいぶん大きく出てるな……。

当時私はまだ54歳。57歳から見ればケツの青い若輩者でした。当時の愛車は「フェラーリ458イタリア」と、うーん、思い出せない。

その後かなり速いペースでクルマを買い換え、連載開始から約1年後の2年半前に、現在の「フェラーリ328GTS」「BMW 320d」(先代)、「シトロエンDS3」というラインナップが完成。以後、安定した政権を維持して参りました。

つまり私は、クルマを買うことが趣味のカーマニアでありながら、2年半もクルマを買っていなかったのです! 

それに関しては忸怩(じくじ)たる思いを抱いておりましたが、なにせ年のせいかなかなか鼻血が出ない。見た瞬間に「うおおお、欲しい!」と鼻血が出なければクルマは買えない。

ところが、その鼻血が久しぶりに出た! そして買った! 買い換えました! それも、BMWとかシトロエンじゃなく、フェラーリです!

今回買ったのは、フェラーリ328GTSです!

そう、前とおんなじクルマです! ただボディーカラーが違うんです! 今度買ったのはブラックメタなんです!

赤から黒! あとはまるで同じです!

筆者の愛車、赤い「フェラーリ328GTS」、その横には……?(写真=木村博道)
筆者の愛車、赤い「フェラーリ328GTS」、その横には……?(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
筆者のかつての愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車、“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車、“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
新たに買い換えた、黒い「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)
新たに買い換えた、黒い「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること 2020.12.4 デイリーコラム フルモデルチェンジですっかり見た目の変わった、日産のコンパクトカー「ノート」。では中身のほうは? 3代目となる新型について、気になることを開発のキーパーソンに聞いてみた。
  • 専用装備でドレスアップした新型「日産ノートAUTECH」登場 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年11月24日、コンパクトカー「日産ノート」のフルモデルチェンジに合わせ、その量販グレード「ノートX」がベースの新型「ノートAUTECH」を同年12月に発売すると発表した。
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る