第151回:黒まむしスッポン丸

2019.11.19 カーマニア人間国宝への道

2年半ぶりにフェラーリを購入

いつの間にか当連載も150回超え。開始から3年以上の歳月に耐えることができました。ありがとうございます。

第1回はどんなことを書いてたのかと読み返せば、タイトルは『地球史3大事件』。ずいぶん大きく出てるな……。

当時私はまだ54歳。57歳から見ればケツの青い若輩者でした。当時の愛車は「フェラーリ458イタリア」と、うーん、思い出せない。

その後かなり速いペースでクルマを買い換え、連載開始から約1年後の2年半前に、現在の「フェラーリ328GTS」「BMW 320d」(先代)、「シトロエンDS3」というラインナップが完成。以後、安定した政権を維持して参りました。

つまり私は、クルマを買うことが趣味のカーマニアでありながら、2年半もクルマを買っていなかったのです! 

それに関しては忸怩(じくじ)たる思いを抱いておりましたが、なにせ年のせいかなかなか鼻血が出ない。見た瞬間に「うおおお、欲しい!」と鼻血が出なければクルマは買えない。

ところが、その鼻血が久しぶりに出た! そして買った! 買い換えました! それも、BMWとかシトロエンじゃなく、フェラーリです!

今回買ったのは、フェラーリ328GTSです!

そう、前とおんなじクルマです! ただボディーカラーが違うんです! 今度買ったのはブラックメタなんです!

赤から黒! あとはまるで同じです!

筆者の愛車、赤い「フェラーリ328GTS」、その横には……?(写真=木村博道)
筆者の愛車、赤い「フェラーリ328GTS」、その横には……?(写真=木村博道)拡大
筆者のかつての愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
筆者のかつての愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車、“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車、“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
新たに買い換えた、黒い「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)
新たに買い換えた、黒い「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定 2020.10.8 自動車ニュース スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、STIがチューニングした「STI Sport」を追加設定している。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る