BEST BUY 2020 ドライブレコーダー | カロッツェリア VREC-DZ700DLC/VREC-DZ700DSC

後方か室内か目的別に選べる2カメラ・レコーダー 2019.12.02 Gear Up! 2020 Winter
DZ700DLCで撮影した映像。フロントカメラとリアカメラはそれぞれこのように撮れる。対角の方向が広くなるということは死角も少なくなるということで、走行時はもちろん駐車監視時の安心感も高まる。
DZ700DLCで撮影した映像。フロントカメラとリアカメラはそれぞれこのように撮れる。対角の方向が広くなるということは死角も少なくなるということで、走行時はもちろん駐車監視時の安心感も高まる。拡大
DZ700DSCで夜間駐車時に撮影した映像。光量の極めて少ない暗闇でも車内をのぞき込む人を服装まで捉えることができる。DZ700DSCなら最適の位置にフロアカメラを設置できる。
DZ700DSCで夜間駐車時に撮影した映像。光量の極めて少ない暗闇でも車内をのぞき込む人を服装まで捉えることができる。DZ700DSCなら最適の位置にフロアカメラを設置できる。拡大
DZ700DSCは広い対角により広範囲なエリアを撮影対象とする。特にフロアカメラの守備範囲は広く、フロントドア周辺までカバーできる。
DZ700DSCは広い対角により広範囲なエリアを撮影対象とする。特にフロアカメラの守備範囲は広く、フロントドア周辺までカバーできる。拡大

パイオニア カロッツェリアの2カメラタイプ・ドライブレコーダーは3種。大きく分けて500系と700系がある。いずれも前後同時録画はもちろんのこと、駐車時に盗難などからクルマを守る駐車監視機能を持つドライブレコーダーだ。500系は本体をオンダッシュナビのように置き、前後のウィンドウにそれぞれカメラだけを取り付けるタイプ。対して700系はフロントカメラと一体になった本体をフロントガラスに装着するタイプ。700系は夜間の撮影に強い「ナイトサイト」機能などを持つ高性能タイプでもある。その上級ドライブレコーダー700系にも2モデルがある。VREC-DZ700DLCとVREC-DZ700DSCだ。微妙に異なる型番に加え外観もうり二つの両モデルだが、機能と目的は少し異なっている。それはリアカメラの撮影対象で、DZ700DLCはリアカメラをリアガラスに装着し、自車の後方をメインに撮影。後ろを走るクルマの動きに焦点を当てたモデルだ。対してDZ700DSCは後方用カメラもフロントガラスに装着し主に室内を撮影するタイプ。そのためリアカメラではなくフロアカメラとメーカーでは呼んでいる。室内を撮るといっても乗員を撮影するのが目的ではなく、むしろ車両の外、それも両サイドまで広範囲に撮るというのが最大の目的。走行中は無理な追い越しをかけてくる後方車両の動きを捉え、駐車時にはクルマへのいたずらや車上荒らしをしようと近づく人の様子を一部始終録画できる。つまり、駐車監視に軸足を置いたのがDZ700DSCということになる。

ソニー製CMOSセンサーの搭載で格段に性能アップした夜間撮影性能。かすかな光があれば通常は左のように真っ黒につぶれた映像も、右のように人影まではっきりと映し記録することができる。駐車監視を重要項目に挙げる人には欠かせない性能だ。
ソニー製CMOSセンサーの搭載で格段に性能アップした夜間撮影性能。かすかな光があれば通常は左のように真っ黒につぶれた映像も、右のように人影まではっきりと映し記録することができる。駐車監視を重要項目に挙げる人には欠かせない性能だ。拡大
DZ700DLCの装着例。左がフロント、右がリア。どちらも上下幅の少ない薄型設計なので視界を妨げることが少ない。
DZ700DLCの装着例。左がフロント、右がリア。どちらも上下幅の少ない薄型設計なので視界を妨げることが少ない。拡大
DZ700DSCの装着例。左が外から見た図。右は室内側から。フロアカメラは撮影範囲を確かめながら好みの位置に取り付けることができる。
DZ700DSCの装着例。左が外から見た図。右は室内側から。フロアカメラは撮影範囲を確かめながら好みの位置に取り付けることができる。拡大

カメラの性能や画質解像度は両機とも共通。フロントカメラの広い対角も特徴だが、車両の後方を撮るリアカメラ/フロアカメラの対角も137度と広く広範囲な撮影ができる。他のスペックは別表のとおりだが、注目したいのは前述した「ナイトサイト」。すべてのカメラのCMOSセンサーに高感度で定評のあるソニー製STARVIS(スタービス)を搭載、従来機に比べて100分の1以下というわずかな光量でも高画質に録画できる。日中のキレのいい映像はもちろんだが、夜間駐車時に威力を発揮するのが強み。通常ならほとんど真っ暗にしか映らない状況下でも周囲の様子がよくわかる映像が撮影できる。

駐車監視機能で気になるのが電力消費。DZ700DLC/DZ700DSCでは衝撃を検知したときだけ起動するのでバッテリーの負荷は軽く、通常の使い方なら24時間/365日稼働させても大丈夫だ。また750mAhの大容量バッテリーを内蔵しているので、車両バッテリーから電源の供給を受けなくても最大で約40分間、衝撃を検知した前後の映像だけを記録することができる。また、スマホとWi-Fi接続すれば撮影した映像を手元でリアルタイムで確認でき、録った映像をスマホ本体に保存する機能も持っている。

前後の映像をしっかり撮りたいならDZ700DLC、駐車時の特に車内監視に重点を置きたいならDZ700DSCと、目的に合わせて選べる高画質ドライブレコーダーである。

写真はDZ700DLCだが、カメラの性能も外観もDZ700DSCもまったく同じである。スペック上も異なる点は一切ない。違いは使用法。DZ700DLCのフロントカメラもグルッと向きを回転させて駐車時の室内監視に使えるが、DZ700DSCなら降車時と乗車時にいちいちカメラの向きを変える必要がない。
オープン価格(想定価格:VREC-DZ700DLC、VREC-DZ700DSC いずれも3万8500円前後)
写真はDZ700DLCだが、カメラの性能も外観もDZ700DSCもまったく同じである。スペック上も異なる点は一切ない。違いは使用法。DZ700DLCのフロントカメラもグルッと向きを回転させて駐車時の室内監視に使えるが、DZ700DSCなら降車時と乗車時にいちいちカメラの向きを変える必要がない。
	オープン価格(想定価格:VREC-DZ700DLC、VREC-DZ700DSC いずれも3万8500円前後)拡大

【スペック】

  • 記録画素数:1920×1080(フルHD)
  • 有効画素数:約200万画素
  • レンズ画角:前:水平130°/垂直68°/対角160° 後:水平112°/垂直58°/対角137°フレームレート:27.5fps
  • 後方または室内録画:○
  • 駐車監視:○
  • WDR:○
  • モニター:2.0インチ液晶
  • 記録媒体:microSDHCカード(16GB)同梱

アマゾンで最新価格をチェック カロッツェリア「VREC-DZ700DLC」
アマゾンで最新価格をチェック カロッツェリア「VREC-DZ700DSC」