BEST BUY 2020 ドライブレコーダー | ユピテル marumie Q-03/SN-TW9500d

全方位かオーソドックスか 用途で選ぶ2カメラ 2019.12.02 Gear Up! 2020 Winter
marumie Q-03はこれがすべて。本体下に付くボール状のものがカメラで、ここに見えているのはリアカメラ、反対側にフロントカメラが付く。ボール部分の支点は前後に角度調整ができる。
marumie Q-03はこれがすべて。本体下に付くボール状のものがカメラで、ここに見えているのはリアカメラ、反対側にフロントカメラが付く。ボール部分の支点は前後に角度調整ができる。拡大
超広角レンズゆえに周辺は実際と異なる映像になるが、正面はごく自然な映像。
超広角レンズゆえに周辺は実際と異なる映像になるが、正面はごく自然な映像。拡大

ユピテルも2019年は2種の性格の異なる製品をリリースした。ひとつ目がmarumie Q-03。フロントガラスに取り付けた本体の下に球形のカメラがぶら下がるユニークな形態も特徴的だが、何よりの特徴はその機能。球形部分には360度の視野角を持つカメラが前と後ろに1個ずつ付いており、これで720度全方位映像を撮影/録画するのである。全方位型ドライブレコーダーの優れた点は、後方から前方まで車内も含めて切れ目のない映像が記録できるということで、特に後方から無理な追い越しをかけて前方に回るといった昨今社会問題にもなっている、危険きわまりないあおり運転の動きすべてに対応でき、事故になった際には検証に大いに役立つ。またケーブルの配線がコンパクトに済むため取り付けが楽という点もメリットだ。今回発売されたQ-03は2016年に発売されたQ-01の上級モデル。これまでの実績をもとにCMOSセンサーにソニーのSTARVISを搭載、高感度・高画質という特性を生かして夜間など暗いシーンでも鮮明な映像を残せるように改善された。駐車時の記録もオプションの電源ケーブルを加えることで可能であり、暗い駐車場に止めた時の車上荒らしなどに対して状況が判別しやすい映像が記録できる。

 
リアカメラが撮る映像はまるで車外から撮ったかのようなアングル。車両直後は見えづらいが、車両側方の状況はよくわかる。
リアカメラが撮る映像はまるで車外から撮ったかのようなアングル。車両直後は見えづらいが、車両側方の状況はよくわかる。拡大
カメラの取り付け角度を変えると、想像のつかない画角で撮影することも可能。
カメラの取り付け角度を変えると、想像のつかない画角で撮影することも可能。拡大
コンパクトでシンプルなデザインのSN-TW9500d。重さはわずか約76g。
コンパクトでシンプルなデザインのSN-TW9500d。重さはわずか約76g。拡大

ふたつ目のSN-TW9500dはリアカメラをリアウィンドウに取り付ける一般的なスタイルの2カメラ型。フロントカメラと一体の本体は幅65mm×高さ54mmとコンパクト、かつスクエアなシンプルデザインが好感を呼ぶ。そして軽い。フロント約76gは最軽量の部類だ。リアカメラも同様にスタイリッシュでスマートに取り付けられる。性能も第一級。特にフロントは最大163度、リアも最大143度という広い対角が自慢。前後カメラともにSTARVIS CMOSセンサーを搭載して夜間の映像記録も万全だ。200万画素のフルHD録画が生きる。駐車録画にはオプションで対応するが、このオプションがまた凝ったもの。車両バッテリーにつなげる電源ユニットにはオフタイマーが設定できるバッテリー電圧監視機能が付く。もうひとつがマルチバッテリー。これを組み入れてエンジンOFFすれば、走行中に充電されたマルチバッテリーに自動的に電源が切り替わるという仕組み。フル充電ならイベント録画で最大12時間対応できる。価格は電源ユニット6000円に対して2万3000円と張るが、バッテリー上がりの不安から完全に解放されることを考慮すれば決して高い投資とはいえないだろう。

SN-TW9500dの筒状の形状のリアカメラ。カメラ部分は回転することで角度の調整が利く。
SN-TW9500dの筒状の形状のリアカメラ。カメラ部分は回転することで角度の調整が利く。拡大
フロントカメラの室内側から見る。2インチ液晶に映る映像は広角レンズでありながら周辺がゆがまず自然なのがいい。
フロントカメラの室内側から見る。2インチ液晶に映る映像は広角レンズでありながら周辺がゆがまず自然なのがいい。拡大
左が500万画素/ピクセルサイズが2.0μm角の映像、右が200万画素/2.9μm角の大きなピクセルサイズを持つSTARVISの映像。STARVISが光量が少なくても明るい映像が可能なのはピクセルサイズが大きいことが理由なのだ。
左が500万画素/ピクセルサイズが2.0μm角の映像、右が200万画素/2.9μm角の大きなピクセルサイズを持つSTARVISの映像。STARVISが光量が少なくても明るい映像が可能なのはピクセルサイズが大きいことが理由なのだ。拡大
marumie Q-03を実際に取り付けたイメージ。
オープン価格(実勢価格:marumie Q-03=4万6000円 SN-TW9500d=3万2800円前後)
marumie Q-03を実際に取り付けたイメージ。
	オープン価格(実勢価格:marumie Q-03=4万6000円 SN-TW9500d=3万2800円前後)拡大

【スペック】marumie Q-03

  • 録画解像度:2560×1080
  • 撮影素子:CMOS(約200万画素・STARVIS技術搭載)
  • 視野角:水平360°×垂直360°(2カメラ映像を合成)
  • フレームレート:30、15、10、5、1コマ/秒
  • 後方録画:○
  • 駐車監視:○(電源ケーブル別売)
  • HDR:○
  • モニター:なし
  • 記録媒体:専用SDカード8GB~128GB対応(16GB同梱) 

【スペック】SN-TW9500d

  • 録画解像度:1920×1080
  • 撮影素子:CMOS(約200万画素・STARVIS技術搭載)
  • レンズ画角:対角163°/水平約136°/垂直約73°(フロント) 対角143°/水平約122°/垂直約65°(リア)
  • フレームレート:28/14fps
  • 後方録画:○
  • 駐車監視:○(電源ケーブル別売)
  • HDR:○
  • モニター:2.0型TFT液晶
  • 記録媒体:microSDHCカード Class10以上推奨(8GB~32GB対応・16GB付属)