第607回:2021年モデル以降の全車を180km/h制限に ボルボの安全宣言が未来のクルマ社会を変える!?

2019.11.23 エディターから一言
スウェーデン本国からセーフティーセンターのディレクターおよびシニアセーフティーテクニカルアドバイザーを務めるヤン・イヴァーソン氏が来日、氏によるプレゼンテーションが約1時間にわたって行われた。
スウェーデン本国からセーフティーセンターのディレクターおよびシニアセーフティーテクニカルアドバイザーを務めるヤン・イヴァーソン氏が来日、氏によるプレゼンテーションが約1時間にわたって行われた。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2019年11月13日、東京・港区のボルボ スタジオ 青山において、安全に関するセミナーを開催した。“セーフティーリーダー”を自認する同メーカーが、未来に向けて発信する新たな取り組みとは?

2019年3月20日にスウェーデンのイエテボリで開催されたセーフティーイベント「ボルボ・カーズ・モーメント」では「VISION 2020」に触れ、安全への取り組みが発表された。写真はボルボ・カーズ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン氏。
2019年3月20日にスウェーデンのイエテボリで開催されたセーフティーイベント「ボルボ・カーズ・モーメント」では「VISION 2020」に触れ、安全への取り組みが発表された。写真はボルボ・カーズ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン氏。拡大
「ボルボ・カーズ・モーメント」で「ケア・キー」について説明する、ヤン・イヴァーソン氏。
「ボルボ・カーズ・モーメント」で「ケア・キー」について説明する、ヤン・イヴァーソン氏。拡大
ボルボは、飲酒や薬物使用による酩酊(めいてい)および注意散漫に対処するため、2020年代初頭の次世代プラットフォームの導入と同時期に、すべてのボルボ車に車内カメラを導入することを決定した。
ボルボは、飲酒や薬物使用による酩酊(めいてい)および注意散漫に対処するため、2020年代初頭の次世代プラットフォームの導入と同時期に、すべてのボルボ車に車内カメラを導入することを決定した。拡大

すべてのボルボ車の最高速を180km/hに制限

ボルボでは2007年に安全な未来への指針として、「2020年までに新しいボルボ車に搭乗中の事故における死亡者または重傷者をゼロにする」ことを目指した「VISION 2020」を発表している。しかしながら、技術面だけでは難しいことを認識し、今後はドライバーの行動面にも焦点を当てていく予定だ。

そこで今回は、「VISION 2020」の提唱者でもあるヤン・イヴァーソン氏が来日し、今後の対策についてのより詳しい説明が行われた。

その中心に据えられるのが、2021年モデル以降のすべてのボルボ車の最高速度を180km/hに制限する、という思い切った対策だ。ハイパフォーマンス仕様となる、ポールスターのエンジニアードモデルもその例外ではない。

同時に、任意で速度を制限できる「ケア・キー」を発表、こちらも2021年モデル以降のすべてのボルボ車に標準で装備される。

スピード超過以外の酒酔いや酩酊(めいてい)、注意散漫に対処するために、車内カメラの導入も行う。具体的には、ドライバーの目の動きや姿勢、ステアリング操作やブレーキ操作を始めるまでにかかる反応時間といった操作パターンを解析し、ドライバーが警告に反応しないなどの危険状態にある場合には、ドライバーの意思に反してでも減速、完全にクルマが停止するまで介入する。

あなたにおすすめの記事
新着記事