BMW M760Li xDrive(後編)

2020.01.02 谷口信輝の新車試乗 「一度乗ったら降りたくなくなる」と、レーシングドライバー谷口信輝も称賛。BMWのフラッグシップサルーン「M760Li xDrive」の乗り味は、ほかのリムジンとどう違う?

走りに対する思想が見える

後席でのバツグンの快適性に驚きつつも、ハンドリングの話をし始めれば、今回のテーマであるBMW M760Li xDriveと「トヨタ・センチュリー」の違いを指摘し始めた谷口信輝。後編は、まずは両車のハンドリングの違いから語ってもらおう。
「正直、M760Liもコーナリングを積極的に楽しみたいとはあまり思いません。全然ダメなわけじゃないけれど、飛ばしたいという気持ちも湧いてこない。それはロールが大きかったりハンドルをたくさん回さなければいけないことも理由ではありますが、やっぱりステアリングなどを通じて感じられる情報量が少ないんですよね。まあ、よくできたスポーティーモデルの7割減といってもいいかもしれません」

「でも、逆にいえば3割は残っているんです。だから、それを使って自分なりにクルマの動きをコントロールしようと思えばできないこともない。でも、センチュリーにはそれがないんです。タイヤはサイドウオールが柔らかいから、コーナーで頑張ろうとしてもタイヤがたわむだけで、スポーティーな走りは期待できません。ところがM760Liはそこが違って、自分でクルマの動きをコントロールできる余地が残されている。この辺がトヨタとBMWの思想の違いなのかもしれませんね」

それでも、M760Liに乗るなら運転席ではなく後席に限ると谷口は断言する。
「もうね、メチャクチャ楽です。許されるなら、運転はドライバーに任せて、僕は後ろの席に座ったまま仕事に行きたいです。それに、あんまり乗り心地がいいから、なんだか眠くなってきました。もう、いますぐにでも寝られますよ」 

そう言うと、谷口は本当に「ウワァ~」と大あくびをしたのである。しかも、箱根のワインディングロードを走りながら!

 
BMW M760Li xDrive(後編)の画像拡大
 
BMW M760Li xDrive(後編)の画像拡大
 
BMW M760Li xDrive(後編)の画像拡大
 
BMW M760Li xDrive(後編)の画像拡大

【BMW M760Li xDriveのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5265×1900×1485mm/ホイールベース:3210mm/車重:2290kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.6リッターV12 DOHC 48バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:609PS(448kW)/5500rpm/最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/1550-5000rpm/タイヤ:(前)245/40R20 99Y/(後)275/30R20 102Y(ブリヂストン・ポテンザS001)/燃費:6.7km/リッター(WLTCモード)/価格:2570万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 208.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:35.3リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.9km/リッター(満タン法)/7.2km/リッター(車載燃費計計測値)


	【BMW M760Li xDriveのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5265×1900×1485mm/ホイールベース:3210mm/車重:2290kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.6リッターV12 DOHC 48バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:609PS(448kW)/5500rpm/最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/1550-5000rpm/タイヤ:(前)245/40R20 99Y/(後)275/30R20 102Y(ブリヂストン・ポテンザS001)/燃費:6.7km/リッター(WLTCモード)/価格:2570万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 208.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:35.3リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.9km/リッター(満タン法)/7.2km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
7シリーズ, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • BMW X7 xDrive35dデザインピュアエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.1.29 試乗記 大仰な“キドニーグリル”に象徴される華美な装飾に目が行きがちだが、「BMW X7」の本質は単なるおしゃれ系SUVではない。広々としたキャビンとBMWならではの軽快な走りを両立したこの超大型SUVは、人も荷物も詰め込んで使い倒したくなる魅力にあふれていた。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
ホームへ戻る