クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキ・ハスラー 開発者インタビュー

“アウトドア”を街なかで 2020.02.07 試乗記 スズキ株式会社
四輪商品第一部
チーフエンジニア
竹中秀昭(たけなか ひであき)さん

スズキ株式会社
四輪商品・原価企画本部
四輪デザイン部
エクステリア課
高羽則明(たかば のりあき)さん

2014年に登場して、またたく間に人気モデルとなった軽クロスオーバー「ハスラー」が2代目に。ライバルも登場する中で、先駆者のアドバンテージをどう生かすのかが問われる。チーフエンジニアの竹中秀昭氏とデザイナーの高羽則明氏に話を聞いた。

デザインは一度大幅にやり直した

――初代があれだけ人気になると、モデルチェンジは難しいプロジェクトになりますね。何を継承し、どこを変えようとしたのですか?

高羽則明氏(以下、高羽):初代でお客さまに一番人気だったのは、エクステリアデザインとカラーです。それをどう変えるのかは、確かに困難な挑戦になりました。実は、デザインを一度大幅にやり直しているんですよ。1分の1のモックアップをつくった後で、全面的に変えました。

――普通、そこまで進むと大きな変更は難しいですよね?

竹中:試作が始まるところでしたからね。設計要件も室内のレイアウトも変わってしまいます。でも、やらなければいけなかったし、やってよかったと思います。

――何が問題だったのでしょう?

高羽:ハスラーらしさはあったんですが、進化感が足りなかった。どこが変わったのかを説明するのが難しかったんです。それで、もう一回ハスラーらしさとは何か、どこを進化させるべきかを考え直すことに。デザイナーと商品開発担当者が東京の最新スポットに行き、時代の空気を感じてきました。すると、2014年当時と今とではアウトドアのあり方が変わっていることがわかったんです。

――アウトドアを楽しむのは普通のことになりましたね。

高羽:街なかでもカナダグースのジャケットを着ていたりして、本格的でオーバースペックなものが増えてきた。市場が拡大して、アウトドアと街の境界がなくなってきているんです。ワークマンを日常で着こなすのがカッコいいという価値観が広がっています。クルマも同じで、ハスラーに求められるものも、当然変わってきたはずです。

<竹中秀昭さんプロフィール>
1994年入社。実験解析部および実験部にて、さまざまな車両のNVH開発に従事する。2011年には四輪車全般のトランスミッションに関するNVH性能開発に携わり、2012年より四輪車全般のNVH性能開発業務の取りまとめを担当。2016年からチーフエンジニアとして新型「ハスラー」「ワゴンR」「ラパン」の開発を取りまとめている。
 
<竹中秀昭さんプロフィール>
	1994年入社。実験解析部および実験部にて、さまざまな車両のNVH開発に従事する。2011年には四輪車全般のトランスミッションに関するNVH性能開発に携わり、2012年より四輪車全般のNVH性能開発業務の取りまとめを担当。2016年からチーフエンジニアとして新型「ハスラー」「ワゴンR」「ラパン」の開発を取りまとめている。
	 拡大
<高羽則明さんプロフィール>
2006年入社。4代目「エスクード」や「イグニス」、4代目「ジムニー」などの内外装CMF(カラー・マテリアル&フィニッシュ)を担当。今回の新型「ハスラー」ではエクステリアCMFのまとめ役を務めた。
<高羽則明さんプロフィール>
	2006年入社。4代目「エスクード」や「イグニス」、4代目「ジムニー」などの内外装CMF(カラー・マテリアル&フィニッシュ)を担当。今回の新型「ハスラー」ではエクステリアCMFのまとめ役を務めた。拡大
モックアップの段階でデザインが一からやり直されたという新型「ハスラー」。アウトドア系のグッズやデザインが広く受け入れられている世相を受け、よりタフさやワイルドさを強調した意匠に改められた。
モックアップの段階でデザインが一からやり直されたという新型「ハスラー」。アウトドア系のグッズやデザインが広く受け入れられている世相を受け、よりタフさやワイルドさを強調した意匠に改められた。拡大

“遊べる”を進化させる

――ファニーでポップだった初代とはずいぶん雰囲気が違いますが、遊べる軽、道具感というところは変わっていませんね。

高羽:そこはキープですね。基本的な商品コンセプトは変わっていません。アイコンとなった丸目も変えるつもりはありませんでした。知恵を絞ったのは、“遊べる”というところをどう進化させるか。本格志向になっているので、先代よりもタフさや力強さは増していると思います。

竹中秀昭氏(以下、竹中):このクルマがあれば自分の生活が変わるかも、と思わせたのがハスラーでした。それが何なのかは人によって違いますが、あいまいだったところをしっかり議論して、今SUVが、アウトドアがどんな受け止め方をされているかを、機能とデザインで表現しました。

――2014年の段階ではまだSUVは特別な存在でしたが、今は当たり前になった中で違いを出さなければなりません。

高羽:ただ軽でSUVの表現をすればいい、ということではなくなりました。タフと言っていますが、デザイナーとしては「アーバンアウトドア」という言葉を使っています。街の中で楽しむアウトドアにしっくりくる言葉です。内装は3つのリングでタフさ、ガードされている感覚を表現しました。「Gショック」の“プロテクション感”と共通するものがあります。

――先日の東京オートサロンでは、ダイハツが「タフト コンセプト」を出展していました。ライバルになるわけですが、見た目はあまり似ていませんでしたね。

高羽:このジャンルについて、それぞれの考え方があります。三菱さんも独自の路線で開発していますよね。デザイナーとしても、同じものが並んでいるよりいろいろあったほうがいいんです。違いを生むには色も重要です。外装色にはオレンジとブルーの新色を用意しました。テンションアゲアゲ系の「バーミリオンオレンジ」と、ナチュラル系の「デニムブルーメタリック」です。アウトドアが二極化していますから、派手なのとナチュラル系と、両方用意しました。

初代から受け継がれた丸いヘッドランプ。サイドビューなどは全く異なるものとしつつ、全体では一目で「ハスラー」とわかるデザインにまとめられている。
初代から受け継がれた丸いヘッドランプ。サイドビューなどは全く異なるものとしつつ、全体では一目で「ハスラー」とわかるデザインにまとめられている。拡大
インストゥルメントパネルまわりは3連のカラーリムが特徴。カシオの「Gショック」などに通じる“プロテクション感”が表現されている。
インストゥルメントパネルまわりは3連のカラーリムが特徴。カシオの「Gショック」などに通じる“プロテクション感”が表現されている。拡大
「ハイブリッドX」「ハイブリッドXターボ」に装備されるインパネアッパーボックスは、開いたフタがテーブルになる仕組み。初代より容量、テーブルの大きさともに拡大している。
「ハイブリッドX」「ハイブリッドXターボ」に装備されるインパネアッパーボックスは、開いたフタがテーブルになる仕組み。初代より容量、テーブルの大きさともに拡大している。拡大
新色の「バーミリオンオレンジ」(右)と「デニムブルーメタリック」(左)。
新色の「バーミリオンオレンジ」(右)と「デニムブルーメタリック」(左)。拡大
フォロワーの登場を好意的に受け止めている高羽氏。デザイナー的には、「同じ形のものが並んでいるより、いろいろなものがあったほうがいい」とのこと。
フォロワーの登場を好意的に受け止めている高羽氏。デザイナー的には、「同じ形のものが並んでいるより、いろいろなものがあったほうがいい」とのこと。拡大

日常での乗りやすさを優先

――竹中さんはもともとNVH(騒音・振動・ハーシュネス)が専門ということですが、試乗して室内の静粛性の高さに感心しました。運転しながら後席の人とストレスなく会話ができますね。

竹中:先代ハスラーやベースとなった「ワゴンR」と乗り比べて、ワンランクよくなったというのは実感しています。要因はひとつではなくいろいろなチャレンジの積み重ねですが、構造用接着剤を使ったこととか新しいシーラーを採用したこととかは効いていますね。足まわりの改善も効果があって、入力が減って静かになりました。足まわりからのドラミングをなんとかしたい、ルーフの雨音を低減したいという思いはありました。

――低回転域でもトルクのあるターボはもちろん、自然吸気(NA)エンジンでもうるさくしないで走れました。

竹中:NAはさすがにマックスでは非力なところがあって、ベタ踏みではちょっと音がしますが、日常使いでのソロリ発進ソロリ加速であれば、そこまでしなくても流れに乗って走れます。新しいCVTやISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)のアシストも効いていると思いますよ。

――NAの新型エンジンは超ロングストロークですね。最高出力はちょっと物足りない気がしますが……。

竹中:超ロングストロークは今のトレンドですね。急速燃焼させることで、低燃費で高効率なエンジンになります。スペック的には控えめですが、有効なバンド幅が上から下まであって、広い帯域で使いやすくなっています。あと5PS上げて“ドッカン的なフィール”にするのではなく、日常での乗りやすさを優先しました。

――ボディーのしっかり感は、はっきりわかりました。

竹中:大きい入力があるところとかコツンとくるところとか、かなり進化しています。しっかり足が縮んで、伸びても伸び切らない。上にかっちりした箱がある感覚で、人とクルマが“ズレない”んです。

プロフィールからもわかる通り、竹中氏はチーフエンジニアになるまでNVH関連の開発に従事してきた、音と乗り心地のスペシャリストである。
プロフィールからもわかる通り、竹中氏はチーフエンジニアになるまでNVH関連の開発に従事してきた、音と乗り心地のスペシャリストである。拡大
構造用接着剤の使用部位。ボディーの組み立てに構造用接着剤を用いるのは、スズキのクルマとしてはこれが初となる。
構造用接着剤の使用部位。ボディーの組み立てに構造用接着剤を用いるのは、スズキのクルマとしてはこれが初となる。拡大
マイルドハイブリッド機構については、減速時にアイドリングストップが始まる速度を13km/hから10km/hに下げることで、エネルギー回生量を増やすとともに、ISGの出力アップにより、モーターアシストが作動する上限速度を85km/hから100km/hに高めている。
マイルドハイブリッド機構については、減速時にアイドリングストップが始まる速度を13km/hから10km/hに下げることで、エネルギー回生量を増やすとともに、ISGの出力アップにより、モーターアシストが作動する上限速度を85km/hから100km/hに高めている。拡大
新開発のR06D型エンジン。シリンダーのロングストローク化や燃焼室の高圧縮比化、スズキの軽初となるデュアルインジェクションやクールドEGRの採用などにより、燃焼効率の改善を図っている。
新開発のR06D型エンジン。シリンダーのロングストローク化や燃焼室の高圧縮比化、スズキの軽初となるデュアルインジェクションやクールドEGRの採用などにより、燃焼効率の改善を図っている。拡大

道のあるところならどこへでも

――スズキの軽としては初めてアダプティブクルーズコントロールが付きましたね。やはり、今はこれがないと商品力を失ってしまうんでしょうか?

竹中:そういうところはあります。付けるのであれば“0km/h対応”にして渋滞でも使えるようにしたいと考えました。ターボ車だけの装備にしたのは、ターボ車のほうが高速道路での長距離移動が多いからです。NAに関しては、お求めやすい価格にすることを優先しました。状況はこれから変わっていきますから、将来的には選べるようにするかもしれません。

――前車への追従もそれほど遅れがなかったと思います。

竹中:ビジー感を出さずに追従する、運転のうまい人の加減速に近づけるということを意識しました。ブレーキの感覚は人それぞれですが、大多数の人が不安にならないように配慮しています。

――ただ、雨が強くなってくると、前車をうまく認識できなくなることがありました。

竹中:センサーはデュアルカメラなので、雨滴が付くと機能しないこともあるんです。高価なミリ波レーダーは使えないもので……。このシステムは、人間がしっかり運転した上でサポートするということを目指しています。“まかせっきり”を意図したシステムではありません。

――今回の試乗では試せませんでしたが、4WDモデルにはグリップコントロールとスノーモードがありますね。

竹中:ブレーキ制御とトルク制御の組み合わせですね。スキーとかキャンプなら、安心して出掛けていただけます。ワゴンRよりもう少し上、日常プラスアルファの安心感ですね。山や川でもう少し先に行きたいという気持ちに応えます。もちろん「ジムニー」とは違います。ジムニーは世界の奥地まで道なき道を行く。ハスラーは、道のあるところならどこへでも、という感じですね。

――新型にはMTモデルがありませんが……。

竹中:社内でも欲しいという声はあったんですが、割合が一桁の下のほうなのでちょっと商売的には……。ハスラーはボディーカラーの要望が多いですし、先代同様、特別仕様車を出したりして、お客さまの声にはなるべく応えていきたいと思っています。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏、スズキ、webCG/編集=堀田剛資)

新型「ハスラー」のターボ車には、スズキの軽としては初となるアダプティブクルーズコントロールが装備される。
新型「ハスラー」のターボ車には、スズキの軽としては初となるアダプティブクルーズコントロールが装備される。拡大
ステアリングホイールに備わるアダプティブクルーズコントロールのスイッチ類。一時的にマイルドハイブリッド機構のパワーを高める「パワーモード」の追加も、新型「ハスラー」のトピックである(ターボ車のみ)。
ステアリングホイールに備わるアダプティブクルーズコントロールのスイッチ類。一時的にマイルドハイブリッド機構のパワーを高める「パワーモード」の追加も、新型「ハスラー」のトピックである(ターボ車のみ)。拡大
新型「ハスラー」の運転支援/予防安全システムのセンサーには、ステレオカメラが用いられている。(写真:webCG)
新型「ハスラー」の運転支援/予防安全システムのセンサーには、ステレオカメラが用いられている。(写真:webCG)拡大
4WD車に装備される、悪路での走行支援機能のスイッチ。「ヒルディセントコントロール」と、ぬかるみなどからの脱出を支援する「グリップコントロール」に加え、今回新たに雪道や凍結路での走行をアシストする「スノーモード」が追加された。
4WD車に装備される、悪路での走行支援機能のスイッチ。「ヒルディセントコントロール」と、ぬかるみなどからの脱出を支援する「グリップコントロール」に加え、今回新たに雪道や凍結路での走行をアシストする「スノーモード」が追加された。拡大
「お客さまの声にはなるべく応えていきたい」と語る竹中氏。気の早い話だが、先代同様、魅力的な特別仕様車の設定にも期待していいかもしれない。
「お客さまの声にはなるべく応えていきたい」と語る竹中氏。気の早い話だが、先代同様、魅力的な特別仕様車の設定にも期待していいかもしれない。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ ハスラー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。