第164回:ポルシェ全然知らない人間

2020.02.25 カーマニア人間国宝への道

新型「ポルシェ911」にプチ試乗

先日この連載で、996型「911カレラ ティプトロニックS」を“おっさんポルシェ”として取り上げ、大きな反響(?)をいただいたが、そうこうしている間に、ついに私にも新型「911」すなわち992型に試乗する機会が巡ってきた。JAIAの大試乗会で抽選が当たったのです! おかげで「カレラS」と「カレラ4S」に乗ることができました、ワーイ!

私は自動車ライターをなりわいとしているが、911を含めポルシェにはとんと疎い。正確に記述すると、ポルシェ911はカーマニアにとってウルトラスーパー普遍的なアイドルであり、カーマニア中のカーマニアである自動車ライターの皆さまの中にも愛好者(ヲタク)が大層多い。ヲタクの皆さまは愛の対象物である911について猛烈に詳しいので、相対的に私はド無知の部類に入る。

自分はポルシェに関して無知であると自覚しているがゆえに、いっそこのままのほうがユニークでは? と思っている。自動車メディア界において、“ポルシェ全然知らない人間”は希少。すなわちバリューがある! おかげで大変ニュートラルかつシロートっぽい観点から911を俯瞰(ふかん)することができると自負している。それで得したことはないですが……。

さて、おっさんポルシェが300万円台で買えるのに対して、新型の992型は新車価格1359万円(カレラ)から1804万円(カレラ4S)と大変お高い。

万万が一と思って中古車サイトをのぞいて見たが、カレラが1390万円から、カレラ4Sは1850万円からと、新車価格よりむしろお高くなっておりました。オプションがいっぱい付いてるんでしょうから、それでもお買い得かもしれませんが、いずれにせよおっさんポルシェが夢のように安く感じる。

新型「ポルシェ911」(992型)の車両本体価格は1359万7222円~。写真の「カレラ4S」は1804万8148円~。
新型「ポルシェ911」(992型)の車両本体価格は1359万7222円~。写真の「カレラ4S」は1804万8148円~。拡大
“ポルシェ全然知らない人間”として、新型「911」に試乗。
“ポルシェ全然知らない人間”として、新型「911」に試乗。拡大
当連載第161回で紹介した“おっさんポルシェ”こと「911カレラ」(996型)。オーナーのS氏は300万円台でこのクルマを購入。
当連載第161回で紹介した“おっさんポルシェ”こと「911カレラ」(996型)。オーナーのS氏は300万円台でこのクルマを購入。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3 2021.2.16 画像・写真 独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。最高出力510PSの自然吸気フラット6ユニットを搭載し、ニュルブルクリンクの北コースを先代モデルよりも17秒以上速い6分59秒927で走破したというモンスター911の姿を写真で詳しく紹介する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • 新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上 2021.2.16 自動車ニュース 独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。最高出力510PSの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、フロントアクスルには911の市販モデルとしては初となるダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用している。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る