第70回:より自由に より正確に
ステアリングホイール機構革新史

2020.03.12 自動車ヒストリー 自動車の運転に欠かせない装備である、丸いステアリングホイール。私たちドライバーにとっておなじみのこの操舵機構は、どのようにして誕生し、いかなる進化を遂げてきたのか? 新たな操舵システムの創出へ向けた最新の取り組みも交えつつ、その歴史を振り返る。

ティラーで操った初期の自動車

2005年に公開された映画『ALWAYS三丁目の夕日』には、「ダイハツ・ミゼット」が登場する。都電や建設中の東京タワーなどとともに、当時の町の情景を象徴するアイテムとして使われているのだ。ただ、時代考証的には少し疑問が残る。映画は1958年の東京が舞台になっているが、ミゼットが1959年型なのだ。1957年に発売された初代モデルのDK型は、オートバイのようなバーハンドルを採用していた。映画に使われているのは1959年にフルモデルチェンジされたMP型で、丸いハンドルが装着されている。

戦後の日本で物資の輸送に活躍した軽三輪商用車は、バーハンドルを持つものが多かった。ダイハツが戦前から製造していた三輪トラックは、エンジンの上にあるサドルにまたがり、バーハンドルを握って運転する方式だった。後輪をふたつにして荷台を付けたオートバイといってもいいような仕立てである。軽三輪商用車はオートバイや自転車から上級移行してきたユーザーが多く、乗り換えても違和感のないバーハンドルが採用されたのだ。

二輪車の場合、操舵機構は非常にシンプルで、前輪とサスペンション、ハンドルが一体となっている単純な構造がほとんどだ。前が1輪の三輪車なら、同様に複雑な構造を必要としない。それもあって、ガソリン自動車が誕生した直後には3輪のモデルも存在した。ただ、こうした三輪車は安定性の面で不安があり、早々に四輪自動車が主流になっていった。

当初、こうした自動車にはステアリングホイールがなかった。ティラーと呼ばれるレバー状の器具で操舵していたのである。シャフトに付けられた取っ手をつかんで回す仕組みで、片手で操作できる。軽量で大したスピードが出なかった時代には、これで十分に対応することができたのだ。しかし、エンジンの開発が進んで出力が高まり、装備が豪華になって車両の重量が増してくると、この方法では無理が生じてくる。両手でしっかりと保持して微妙な角度調整を行うには、ホイール形状のほうが適していた。

1894年に行われたパリ-ルーアン・トライアルにおいて、参加したエミール・エ・ルヴァソールの1台にステアリングホイールが装着されていたという。これがステアリングホイールの最も早い採用例のひとつとされる。20世紀に入る頃には、次第に多くのモデルにこの機構が取り入れられるようになっていった。

映画『ALWAYS三丁目の夕日』に登場する、MP型「ダイハツ・ミゼット」。先代モデルのDK型とは異なり、丸いステアリングホイールが備わっていた。
映画『ALWAYS三丁目の夕日』に登場する、MP型「ダイハツ・ミゼット」。先代モデルのDK型とは異なり、丸いステアリングホイールが備わっていた。拡大
エンジンの製造から出発したダイハツ(当初は発動機製造という社名だった)は、戦前から三輪トラックの製造販売で成功を収めていた。写真は1931年製「HD型 三輪自動車」。
エンジンの製造から出発したダイハツ(当初は発動機製造という社名だった)は、戦前から三輪トラックの製造販売で成功を収めていた。写真は1931年製「HD型 三輪自動車」。拡大
カール・ベンツが製作した“世界初のガソリン自動車”こと「パテント・モートルヴァーゲン」も、操舵機構が簡易な三輪車だった。
カール・ベンツが製作した“世界初のガソリン自動車”こと「パテント・モートルヴァーゲン」も、操舵機構が簡易な三輪車だった。拡大
1894年から1902年にかけて量産された「ベンツ・ヴェロ」の操舵装置。床から伸びているのが前軸につながるシャフトで、ドライバーはその頭頂部に備わる取っ手を右に左にと動かすことでシャフトを回し、操舵を行っていた。
1894年から1902年にかけて量産された「ベンツ・ヴェロ」の操舵装置。床から伸びているのが前軸につながるシャフトで、ドライバーはその頭頂部に備わる取っ手を右に左にと動かすことでシャフトを回し、操舵を行っていた。拡大
1901年に登場したダイムラーの「メルセデス35HP」。円形のステアリングホイールは、20世紀に入ると次第に普及していった。
1901年に登場したダイムラーの「メルセデス35HP」。円形のステアリングホイールは、20世紀に入ると次第に普及していった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事