第647回:“封鎖中”のイタリアで考えた「国の強み」と「変わるクルマ観」

2020.03.20 マッキナ あらモーダ!

「無秩序な国」に映る理由

2020年3月18日付『デイリーコラム』で記したとおり、イタリアでは新型コロナウイルス感染拡大対策として、人々の移動制限および小売り活動の休止を定めた首相令が10日と12日に発動された。

今回はこの惨禍にイタリアで直面している筆者が、自動車に対する思いをつづりたい。

その前に、日本ではなかなか伝えられないイタリア地方都市の光景と、一般市民のマインドを記しておこう。

ひと足先に感染が広がった北部ロンバルディア州では、州が封鎖される前日の7日夜、多くの人々が州外に脱出しようとミラノの主要2駅から列車に乗ろうとした。同じ日には24時間営業のスーパーマーケットに買いだめ目的の人が殺到した。

2つの事象が日本の著名なニュースサイトによって伝えられると、筆者のもとには日本の知人から「大丈夫か」とのメッセージが次々と届いた。

イタリアの主要紙『ラ・レップブリカ』で確認すると、ミラノ2駅で特急の最終列車に乗ろうと押しかけた人の数は約500人である。その後、夜行列車の切符を購入したのは400人。そして切符売り場にあふれかえったのは約150人と記録されている。すべて合計しても約1050人である。

当然のことながら、その中にはよそからミラノを訪問していた人も含まれているであろうが、ロンバルディア州の人口(約1000万人)と比較すると、駅に来たのはその約0.01%ということになる。また、夜行列車を希望した客はほとんどが乗車できたと同紙は報じている。イタリア第2の大都市ミラノにとっては、極めてささいな出来事だったのである。

24時間営業のスーパーマーケットに関しても、日本とは事情が違う。人々が殺到する光景が報じられたスーパーはフランス系のカルフールである。同社は、労働時間に関する雇用者と労働組合との折衝が困難なイタリアで、事実上唯一24時間営業が認められた大型チェーン系スーパーだ。24時間営業を実施している店舗は、イタリア全土でわずか176店にとどまる。日本のコンビニとは規模が違うのである。

さらに、その後イタリアで同様の買いだめパニックが起きたという報道はない。

筆者が住む中部トスカーナ州シエナの状況について話そう。移動などをより強力に制限する首相令が発動された12日朝、筆者は生活必需品をそろえるため、営業が許可されているスーパーマーケットに赴いた。

その店はもちろん、沿道にある他店でも買いだめ行動は起きておらず、ほとんどの棚にはいつもどおり商品が潤沢に並べられていた。「物流は制限しない」という首相府の声明が効果を示したことは確かだ。

レジでは政府の指針どおり、他の客との間は1mを保つように指示がなされている。

次に訪れたチェーン系ドラッグストアでレジ係の女性が示したのは、スーパーの1mルール以上に厳格だった。彼女の指示を箇条書きすると「客は買い物カゴをレジに置く」「客がレジから離れる」「店員がレジ入力。そのあとレジから離れる」「客が現金またはクレジットカードを置いて、また離れる」「店員が会計して釣りやカードを台に置く。そして離れる」「客は商品を取って退店」という手順だ。客はそれを守っている。

イタリアの地方行政区画を説明すると、20の州の下に110の県がある。大都市を持つローマとミラノ、ナポリ、トリノ県に住む人口の合計はわずか21%である。あとは人口100万人級か、それ以下の県だ。

26万の人口を擁する県庁所在地であるシエナ県でさえ、市民生活はかくも平静を保っている。行動制限下なので筆者自身にこれ以上の確認はできないが、シエナ以下の規模の県では、生活はより平静が保たれているであろうことがうかがえる。

このように秩序を保った実生活が行われていながら、日本のメディアでは前述のような一部の事象が繰り返し報道される。また多くの場合「イタリアでは」とくくって報じられている。そのため、あたかもすべてが無秩序な国のように捉えられてしまうのは、在住者としては何とも複雑な心境になる。

小売り活動の休止に関する首相令が発動された初日(2020年3月12日)の朝、シエナ市内のスーパーは、政府の指導により、一度に店内に入る客数を制限していた。来店客は冷静に外で待っている。
小売り活動の休止に関する首相令が発動された初日(2020年3月12日)の朝、シエナ市内のスーパーは、政府の指導により、一度に店内に入る客数を制限していた。来店客は冷静に外で待っている。拡大
ドラッグストアのレジの張り紙。他者と1m離れるよう促している。
ドラッグストアのレジの張り紙。他者と1m離れるよう促している。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事