クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること

2020.03.27 デイリーコラム

いよいよ出てきた最終モデル

2020年3月12日、トヨタ86の台数限定特別仕様車「GT“ブラックリミテッド”」が発表されたことで、「86のモデルチェンジ、近し!?」の声がいよいよ高まっている。

ブラックリミテッドとは往年の“ハチロク”すなわち、1983~87年に販売されたAE86型「カローラ レビン/スプリンター トレノ」に設定された特別仕様車にも使われた商品名である。当時のブラックリミテッドはモデルライフ後半のトレノのみに400台限定で用意されたもので、最上級グレード「GT APEX」をベースにして装備を充実させ、ブラックの車体色にホイールやメーター、専用ステッカーなどの要所をゴールドで引き締めたクルマだった。今回の86特別仕様車の内容も、そんなトレノの特別仕様車をモチーフにしている。

中古車になったいまでこそ、漫画『頭文字(イニシャル)D』の影響(や流通台数の少なさ)によってトレノのほうが人気のようだが、新車当時の販売台数は、強力な販売力を誇るカローラ店があつかうレビンの販売台数のほうが明確に多かった。このブラックリミテッドがトレノ専用だったのも、だからスプリンターを販売していたトヨタオート店(後のネッツ店)へのテコ入れの意味もあった。

当時のブラックリミテッドがAE86で唯一にして、モデル末期に発売された特別仕様車なのだが、トヨタが今回発表した公式プレスリリースでは「AE86型スプリンター トレノの最後となる特別仕様車GT APEX“ブラックリミテッド”を想起させるモデル」と、わざわざ“最後”という文言だけが強調されている。このことからも、世の中では「現行86はこれで打ち止め!?」という声が高まっている。

1986年に発売された“元祖ハチロク”の限定車をイメージしたという「トヨタ86 GT“ブラックリミテッド”」。2020年3月12日~4月16日の期間限定で注文を受け付け、同年5月21日に発売される。
1986年に発売された“元祖ハチロク”の限定車をイメージしたという「トヨタ86 GT“ブラックリミテッド”」。2020年3月12日~4月16日の期間限定で注文を受け付け、同年5月21日に発売される。拡大
こちらが「86 GT“ブラックリミテッド”」の元となった「トヨタ・スプリンター トレノGT APEX“ブラックリミテッド”」(1986年)。AE86型スプリンター トレノに設定された限定車だった。
こちらが「86 GT“ブラックリミテッド”」の元となった「トヨタ・スプリンター トレノGT APEX“ブラックリミテッド”」(1986年)。AE86型スプリンター トレノに設定された限定車だった。拡大
「86 GT“ブラックリミテッド”」のインテリア。エクステリアと同様にブラック基調で、本革×アルカンターラのシート(ヒーター付き)やグランリュクスのメーターバイザーなどがおごられている。
「86 GT“ブラックリミテッド”」のインテリア。エクステリアと同様にブラック基調で、本革×アルカンターラのシート(ヒーター付き)やグランリュクスのメーターバイザーなどがおごられている。拡大
トヨタ 86 の中古車

新型は2021年内にデビュー!?

しかし、思い返してみれば、トヨタとスバルが昨2019年9月27日に合意発表した新たな業務資本提携内容のひとつに「トヨタ86/スバルBRZ 次期モデル共同開発」が明記されたときから、86/BRZのフルモデルチェンジに向けた事前キャンペーンはスタートしていたともいえる。

また、今回のブラックリミテッドに合わせたかのように、86(とBRZ)の開発・生産を担当するスバル側からの情報発信も一気に活気づいた。「BRZファイナルエディション」が欧州(ドイツ)で発表されたかと思えば、企業情報サイトには「SUBARU×TOYOTA いっしょにいいクルマつくろう!」という特設ページが登場したのだ。

今のところ86のGT“ブラックリミテッド”の納車開始は5月21日で、BRZファイナルエディションのドイツでの発売は7月を予定している。これらの発売時期や、いま出回っている情報を総合すると、現行86/BRZの生産は2020年後半もしくは年内いっぱいで終了する可能性が高い。そして、新型コロナウイルスの今後の行方にもよるだろうが、次期86/BRZは2020年末か2021年初頭にベールがはがされて、2021年後半に2022年モデルとして発売……というスケジュール感が現実的か。

2020年3月13日には、ドイツのスバルオフィシャルサイトで「BRZファイナルエディション」が発表された。スタート価格は4万0270ユーロ(1ユーロ120円換算でおよそ483万円)。
2020年3月13日には、ドイツのスバルオフィシャルサイトで「BRZファイナルエディション」が発表された。スタート価格は4万0270ユーロ(1ユーロ120円換算でおよそ483万円)。拡大
2012年2月の発売以来、たびたび仕様変更が実施されてきた「スバルBRZ」。2019年4月9日には、ボディーカラーに新色「マグネタイトグレー・メタリック」(写真)が追加設定された。
2012年2月の発売以来、たびたび仕様変更が実施されてきた「スバルBRZ」。2019年4月9日には、ボディーカラーに新色「マグネタイトグレー・メタリック」(写真)が追加設定された。拡大

排気量アップ必至? ターボ過給はあるのか

次期86/BRZの内容に関してはいろいろなウワサが飛び交っているが、水平対向4気筒エンジンを積むFRスポーツカーで「GRスープラ」の弟分という位置づけは変わらないようだ。そのうえで、土台となるプラットフォームについては「現行の改良型」「トヨタ主導の新型TNGA」、あるいは「次期型『ロードスター』を見越したマツダとの共同骨格!?」などの声が上がっている。これらはすべて「スバルの最新グローバルプラットフォームはFR化を想定していない」という情報からきているのだが、なかでも最も多くのメディアが有力としているのが、現行改良型である。

エンジンは、すでに北米向けの新型「レガシィ」などが使っている新設計2.4リッターの自然吸気版という見立てが主流。そもそも現行の2リッター(FA20型)は今後の主流となる新開発ダウンサイジングターボ(1.6リッターと1.8リッター)とバッティングするので、遠からずフェードアウトの可能性が高い。また、小排気量過給エンジンはメイン市場のアメリカではウケが悪い。ただ、いまの北米向けレガシィにはその直噴ターボ版が搭載されているから、86/BRZもターボでは……という予測も一部にある。もちろんターボのほうが高性能だが、たとえばレガシィの2.4リッターターボは最高出力260PS/最大トルク376N・mに達しており、スープラとの関係を考えると「ターボでは高性能すぎ」といわざるをえない。将来的に限定高性能モデルでの2.4リッターターボの可能性はあるにしても、やはり2.4リッター自然吸気と考えるのが自然だろう。

いずれにしても、すべては予測にすぎないが、こういう「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の勝手な物言いも、とくに室内に閉じこもることも多いこのご時世には、クルマの楽しみ方のひとつとしてお許しいただきたい。ただ、次期86/BRZは確実に存在していて、現行型と同じくトヨタとスバルで共同開発中であり、そう遠くない将来に世に出てくる……ということだけは間違いない。

(文=佐野弘宗/写真=トヨタ自動車、スバル、マツダ/編集=関 顕也)

「86」「BRZ」に搭載されているFA20型エンジン。ボア×ストロークはともに86.0mm。現行型では過給機は装着されていない。2代目にはどんなパワーユニットが搭載されるのか?
「86」「BRZ」に搭載されているFA20型エンジン。ボア×ストロークはともに86.0mm。現行型では過給機は装着されていない。2代目にはどんなパワーユニットが搭載されるのか?拡大
新型「86」「BRZ」にどんなプラットフォームが使われるのかも、興味深いところだ。ファンの間では、マツダとの協業により「ロードスター」(写真)の次期型と共用するのではないかという声も。
新型「86」「BRZ」にどんなプラットフォームが使われるのかも、興味深いところだ。ファンの間では、マツダとの協業により「ロードスター」(写真)の次期型と共用するのではないかという声も。拡大
ブラックのボディーカラーにブロンズのアクセントが添えられる「86 GT“ブラックリミテッド”」。MT車とAT車が選べるものの、販売台数はそれぞれ43台ずつ(計86台)に限定されている。
ブラックのボディーカラーにブロンズのアクセントが添えられる「86 GT“ブラックリミテッド”」。MT車とAT車が選べるものの、販売台数はそれぞれ43台ずつ(計86台)に限定されている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ 86 の中古車
関連キーワード
86BRZトヨタスバル
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。