ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること

2020.03.27 デイリーコラム

いよいよ出てきた最終モデル

2020年3月12日、トヨタ86の台数限定特別仕様車「GT“ブラックリミテッド”」が発表されたことで、「86のモデルチェンジ、近し!?」の声がいよいよ高まっている。

ブラックリミテッドとは往年の“ハチロク”すなわち、1983~87年に販売されたAE86型「カローラ レビン/スプリンター トレノ」に設定された特別仕様車にも使われた商品名である。当時のブラックリミテッドはモデルライフ後半のトレノのみに400台限定で用意されたもので、最上級グレード「GT APEX」をベースにして装備を充実させ、ブラックの車体色にホイールやメーター、専用ステッカーなどの要所をゴールドで引き締めたクルマだった。今回の86特別仕様車の内容も、そんなトレノの特別仕様車をモチーフにしている。

中古車になったいまでこそ、漫画『頭文字(イニシャル)D』の影響(や流通台数の少なさ)によってトレノのほうが人気のようだが、新車当時の販売台数は、強力な販売力を誇るカローラ店があつかうレビンの販売台数のほうが明確に多かった。このブラックリミテッドがトレノ専用だったのも、だからスプリンターを販売していたトヨタオート店(後のネッツ店)へのテコ入れの意味もあった。

当時のブラックリミテッドがAE86で唯一にして、モデル末期に発売された特別仕様車なのだが、トヨタが今回発表した公式プレスリリースでは「AE86型スプリンター トレノの最後となる特別仕様車GT APEX“ブラックリミテッド”を想起させるモデル」と、わざわざ“最後”という文言だけが強調されている。このことからも、世の中では「現行86はこれで打ち止め!?」という声が高まっている。

1986年に発売された“元祖ハチロク”の限定車をイメージしたという「トヨタ86 GT“ブラックリミテッド”」。2020年3月12日~4月16日の期間限定で注文を受け付け、同年5月21日に発売される。
1986年に発売された“元祖ハチロク”の限定車をイメージしたという「トヨタ86 GT“ブラックリミテッド”」。2020年3月12日~4月16日の期間限定で注文を受け付け、同年5月21日に発売される。拡大
こちらが「86 GT“ブラックリミテッド”」の元となった「トヨタ・スプリンター トレノGT APEX“ブラックリミテッド”」(1986年)。AE86型スプリンター トレノに設定された限定車だった。
こちらが「86 GT“ブラックリミテッド”」の元となった「トヨタ・スプリンター トレノGT APEX“ブラックリミテッド”」(1986年)。AE86型スプリンター トレノに設定された限定車だった。拡大
「86 GT“ブラックリミテッド”」のインテリア。エクステリアと同様にブラック基調で、本革×アルカンターラのシート(ヒーター付き)やグランリュクスのメーターバイザーなどがおごられている。
「86 GT“ブラックリミテッド”」のインテリア。エクステリアと同様にブラック基調で、本革×アルカンターラのシート(ヒーター付き)やグランリュクスのメーターバイザーなどがおごられている。拡大
トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る