第74回:デザインの革新者バッティスタ・ファリーナ
世界を制したイタリアのカロッツェリア

2020.05.07 自動車ヒストリー 世界に冠たるカロッツェリアのひとつに数えられる、イタリアのピニンファリーナ。自動車の造形に多大な影響を与えたデザインのスペシャリスト集団は、いかにして誕生したのか。創業者であるバッティスタ・“ピニン”ファリーナの生涯とともに振り返る。

馬車工房から始まったカロッツェリア

イタリアの自動車産業は、デザインの面で常に大きな存在感を保ち続けてきた。多くのカロッツェリアが、魅力的なスタイルのモデルを送り出したからである。イタリア語でカロッツァは高級馬車を意味し、それをつくる工房がカロッツェリアだ。もともとは上流階級向けに馬車を製作していたが、自動車が馬車に代わる交通手段として普及すると、クルマのボディーを架装するようになっていった。

他国にも同じような工房はあったが、ほとんどが消滅している。一方イタリアでは、今なおいくつかのカロッツェリアがデザイン会社として生き残っている。現在では自動車に限らず、鉄道車両や航空機、家電や家具などのデザインをすることも多い。インダストリアルデザイン全般を請け負うようになっているのだ。中でもピニンファリーナは最大のカロッツェリアで、イタリアを代表する企業でもある。

ピニンファリーナは、イタリアの自動車メーカーではフィアットやアルファ・ロメオ、マセラティ、ランチアなどのデザインを請け負ってきた。フランスのプジョー、アメリカのゼネラルモーターズやフォードなどとも関係が深い。日本のメーカーでは、日産の410型「ブルーバード」のデザインを手がけたことが有名だ。ホンダや三菱にも、ピニンファリーナがデザインしたモデルがある。

多様なモデルを生み出しているが、ピニンファリーナといえば、誰もが最初に思い浮かべるのがフェラーリだろう。1952年に両社の関係が始まり、現在に至るまで多くの魅力的なモデルがデザインされてきた。

イタリア最大のカロッツェリアであるピニンファリーナは、これまでにあまたの自動車のデザインを手がけてきた。写真は2019年のジュネーブショーで発表されたオリジナルの電動スーパーカー「バッティスタ」。(写真=佐藤靖彦)
イタリア最大のカロッツェリアであるピニンファリーナは、これまでにあまたの自動車のデザインを手がけてきた。写真は2019年のジュネーブショーで発表されたオリジナルの電動スーパーカー「バッティスタ」。(写真=佐藤靖彦)拡大
1963年に登場した410型「日産ブルーバード」。そのデザインは、ピニン・ファリーナの手になるものだ。
1963年に登場した410型「日産ブルーバード」。そのデザインは、ピニン・ファリーナの手になるものだ。拡大
「フェラーリ400スーパーアメリカ エアロディナミカ」と、ジョバンニ・バッティスタ・ファリーナ。
「フェラーリ400スーパーアメリカ エアロディナミカ」と、ジョバンニ・バッティスタ・ファリーナ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事