第659回:欧州で大躍進のレクサス そして立ちはだかるドイツ勢の高い壁

2020.06.12 マッキナ あらモーダ!

4月は「2台」だったものの……

今回はイタリアやフランスにおけるレクサスブランドについて考えてみたい。

第656回で記したように、新型コロナウイルスの影響をもろに受けた2020年4月におけるイタリアの乗用車登録台数は、前年同月比97.55%減という、恐るべき数字となった。

レクサスの前年同月比もまた99.53%減で、記録された台数はわずか2台だった。

5月は337台まで急回復したが、それでも前年同月比で56.4%減である(データ出典:UNRAE)。レクサスをはじめとするプレミアムカーは、しばらくの間向かい風にさらされることだろう。

ただし、2019年のレクサスの欧州販売は順風満帆だった。レクサスが発表した2019年の欧州地域の販売台数は8万7206台で前年比14%増を記録した。世界における伸び率としては中国の25%に次ぐ2位である。

ヨーロッパにおけるレクサスのベストセラーは、2010年までがSUVの「RX」で2011年から2014年はハッチバック車の「CT」、2015年からはミドルサイズSUVの「NX」である(データ出典:carsalesbase)。

しかし、天下を取ったがごとく手放しで喜ぶのは早計だ。

トヨタ販売店に置かれた「レクサスUX」。2020年6月、イタリア・シエナにて。
トヨタ販売店に置かれた「レクサスUX」。2020年6月、イタリア・シエナにて。拡大
「RX400h」は欧州で最初にレクサスの存在を本格的に知らしめたモデルだった。2010年5月にトリノで見つけたスイスのナンバー付き車両。
「RX400h」は欧州で最初にレクサスの存在を本格的に知らしめたモデルだった。2010年5月にトリノで見つけたスイスのナンバー付き車両。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事